ケヤキの梢を見上げながら

妊婦が赤ん坊連れで満員電車に乗らなくちゃならないとき…

今朝ね、すっごい“満員電車”だったんだあ。
もにょもにょもにょもにょのため、電車、遅れまして、お急ぎの皆様には…」
と、アナウンスはよく聞き取れなかったんだけど、とにかく、なんかあって、超満員。
途中駅では、「恐れ入ります、無理をしないで、次の電車をお待ちください」と。
実際、電車が発車して、ホームに残っている人が、結構、いるような状況。

私が乗る駅から終点までは、通常、ほんの10分ちょっと。
駅駅間が短いので、それでも終点は7駅目なんですけど、
私が乗ったとき、すでに、キュって乗った感じだったんだ。

んで、次の駅で反対側のドアから人がなだれ込んできたとき、私の目の前に、
突如として空間が開けたのね。

へ?
と思ったら、足下にベビーカーが突っ込んできて、斜めになって…。
あまりの状態に、お母さんに、
「だっこしちゃって、奥に入ったほうがいいんじゃない?」
と話しかけちゃった私。

このあたり、自分もやっぱり年相応にすっかりおばさんだなあと思うけど、
「無謀でしょ、この朝のラッシュに、ベビーカー、たたまないで乗ってくるの!ぷんっ
な気分もあったわけ。ほぼ、わたしのスネにベビーカーの端っこが食い込んでるしさ。

そしたら、その若いお母さんが、
「すいません、おなかにも子どもがいて、だっこできなくてこのまま乗ったんですぅ」と。

私、「あっ、そう…。じゃあ、こっちに抱き取ってあげようかあ、危ないよねえ」
お母さん、「いや、でも、ベルトしてますから、落ちないとは思うんですけど…、うっ」
って、思い切り押されて、おなかがベビーカーに食い込み、お母さんのほうが危ない!

…と、斜め横のシルバーシート、2人めに腰掛けていたおじさん(60代くらい)が、
「どこで降りるの?」と。
お答えは4つめの駅。

そしたら、そのおじさま、「私、立つから、ゆっくりこっちに来なさい」と。
お母さん「いや大丈夫です」
おじさま「いや、大丈夫じゃなさそうだから言ってるんだよ」
お母さん「でも、身動き取れませんから…」

そしたら、おじさんの横に座っていた若めの(30代くらいか?)女性が、
「私、次で降りますから、そのときに入れ替わりましょう」と。
そんな会話を皆さんが聞いていたこともあって、その女性が降りるとき、
それなりに道が開け、お母さんは無事シートに座り、その前にベビーカー。
倒れそうになっても大丈夫な状態になって、たった2駅だけどね。

そこでまた、そのぎゅうぎゅう詰め状態から、ベビーカーが降りなくちゃいけないという“イベント”がやってきたんだけど、そしたら、「すいませーん降りますぅ」というお母さんの声をかき消して、おじさま、
「すいませんっ! ベビーカーが降りますっ! ご協力くださいっ!」
って、よく透る声で、叫んでくれたのね。

そしたら、まわりにも伝播して、「すいませーん、開けてくださーい」とか、
ぽろぽろいろんな声が上がって、
「降りたらもう乗れないかも!」って頑として降りようとしなかったお姉ちゃんも降りて、
なんか、気持ちよかったし、「捨てたもんじゃない」気がした。
なんか、涙が出そうになった。
あはは、疲れて情緒不安定かな、わたし。


ま、その後、一瞬の開放感ののち、ぎゅうぎゅう、なんてもんじゃない、
んぎゅ、っていう3駅を経て、電車は15分も遅れ、私は遅刻したんですけど(^^ゞ



なんで、こんな夜中にこんなことを書いておこうと思ったかというと、
つまり、「どうするのがいちばんよかったんだろう?」って、ギモンなの。



すぐそばに、押しつぶされそうなベビーカーとお母さんのおなかを見ていない人からすれば、
私も、第一印象で思ってしまったように、
「なんで、このラッシュアワーにベビーカーをたたまずに乗ってくる馬鹿がいるかなあ」
っていう思いもあると思うんだ。

実際、すっごい嫌悪感な表情の人もいたし、
ベビーカーをたたまずに乗ってくる風潮は、賛否両論、いろいろ聞くし、わたしもいろいろ思う。



でもさ、あの時間に、わざわざ、おなかの大きい妊婦が、
ベビーカーに上の子を乗せて電車に乗るっていうのには、
それなりに、その時間に乗る“事情”があったんだろうと思ってね。
普通だったら、混んだ電車を避けることのほうが多いじゃない。

んで、だとしたら、彼女=お母さんは、どうするのがよかったのかなあって、
なんとなく、今日、一日中、頭のなかにあったんだ。

たとえば、始発駅で、一度、降りて、空いた始発電車にに乗って、連結器近くの端っこに寄るとかね。
でもそしたら、あの途中駅で降りるときに、もっと大変だったかなあ…とかね。


どうすればよかったんだろうって、いまも、妙案は浮かんでいないんだけど、
ちょっと書き留めておきたくなったのでした。


はあ、間もなく、イタリアvsアイルランド戦。
28日のモンテネグロ戦、よかったらしきnanaさんの記事を見たりして、
ああ、見たい!と思うけど、ちょっと、手が(目が)まわらない感じかなあ。

シェヴァのことも書きたいし、ロナウドのことも書きたいし。

はああ、のんびりしたいなあ。
[PR]
by ririe_ex | 2009-04-02 03:00 | 身の回りの出来事 | Comments(4)
Commented by キャラメルママ at 2009-04-04 09:14 x
とても興味深く読ませて頂きました。考えさせられますね。何が良い方法だったかはわかりませんが、以前の私だったら「んたっく!常識のない奴め!」位しか思わなかったと思います。でも今は、「いろいろあるんだろうな…」位で何とかその場を凌いでいます。
一人一人に事情があっての事だろうと思うからで、事ながれ主義ではないつもりですが。
小説とか、映画なら登場人物の背景が説明されて、その場に居合わせた人のそれぞれの事情がわかるのでしょうが、現実の世界ではそうはいきませんものね。だから、化粧をしている人も楽しく拝見させていただいております(笑)
Commented by ririe_ex at 2009-04-07 03:49
キャラメルママさん、コメントありがとう。
ね、なんかさ、考えさせられますよね。
私も、ホントに、もっと若かったら、「常識のないヤツめ」的なところで、
イカってたのかもしれないなあ。
そう考えると、歳をとるって、いいですね。
今の自分が好きです。
“化粧してる人”については、ちょっと、一緒には語れないんだな。
なんか、人前でおしっこするようなもんだと思うんだよねえ。
おしっこはトイレで、化粧は楽屋でするもんだよ!って私は思う。
ま、それはまたそのうち!

Commented at 2009-04-07 09:39
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ririe_ex at 2009-04-08 01:38
鍵コメさん、コメントありがとうございます。
“電車にベビーカー”の問題だけじゃなく、要は、“想像力”の問題だと、最近、思うんです。相手の立場になってみるという空想、夢想、その立場を演じてみるっていうか、そういう想像力が乏しいと、どちらの立場からも、自分本位の物言いになっちゃいますよね。
幻想でも妄想でも仮想でも、いろいろ思ってみることは、相手を思いやることにつながる気がする今日このごろです。
<< 2009年のBBCエイプリルフ... サクラ、サク! ケヤキ、メブク... >>



すぐ忘れちゃうから、忘れたくないことを、書きとめておこうかと思って… (^^ゞ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
初めてブログにいらした方へ
♪ただの「ひとりごと集」ですが、ご意見、ご感想等、ぜひコメントを残していってくださいませ。(記事下のcommentという文字をクリックすると、記入欄が表示されます)。※ただし、記事に無関係のコメント等は、管理人の一存で削除させていただきます。ご容赦ください。


MilanoClick for ミラノ, イタリア Forecast


「東北関東大震災」支援クリック募金
ライフログ
ブログパーツ
Powered By イーココロ!
以前の記事
カテゴリ
タグ
検索
最新の記事
勝った!
at 2017-07-03 00:05
今年のとらや
at 2017-01-02 23:31
クリスマスケーキ2016
at 2016-12-25 23:45
トナカイの名前!
at 2016-12-24 23:28
ひび割れ壺の話
at 2016-12-22 18:45
サッカーチームを乗せた飛行機墜落
at 2016-11-29 22:20
54年ぶりですってね 11月..
at 2016-11-24 07:50
RIO五輪 体操GARA な..
at 2016-08-18 21:43
初めての 「ひとり」 ブルー..
at 2016-07-15 23:51
参議院選挙!
at 2016-07-10 10:52
最新のコメント
お気に入りブログ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧