ケヤキの梢を見上げながら

「地震センサーを解除して原発を運転」なんて、現実には絶対しないでね!

おとといの地震のときにもちらっと書きましたが、
ウチは、「緊急地震速報」なる装置を設置しています。

今朝、5時7分の地震のときには、「震度3、29秒後」という大音量のアナウンスで、
起き出して、居間の窓を開けました。

この装置、こういう仕組みで機能するので、(もっと詳しくはこちら
c0145920_274038.jpg


もしウチの直下が震源だったら、何秒後もなにもなく、
「ドカン」と来るかもしれないわけですが、
逆に震源から遠ければ遠いほど、何秒後という秒数が大きいのです。
以前、仙台で大きな地震があったときには、「震度2、60秒後」みたいな(50秒だったかも)アナウンスで、それ以来、この秒数が長いときにはどこかで大きな地震があったんだと理解し、すぐにテレビをつけたりするようになったんです。

今朝の場合、震度3で29秒ってことは、
わりと近くて、「なかなかヤバイかも!」と思って起き出したのでした。
(震度2で秒数も短かったりすると、もう何もしないでアナウンスを聞くようになっちゃいました…)


で、10秒前からはカウントダウンなんですけど、
ちょうどゼロのときから、かなり揺れました。
古家の窓はガタガタ、はっきりと、かなり大きな音をたてていた。

おととい同様の気象庁の地震情報で見てみても、
うちのあたりは震度3だと思われますが、それであれだけ揺れるんだねえ。
震度4がきたら、ホントに、この家、危ないかもしれない…。
 震度4で倒壊って、マズイですよねえ。でもそんな不安を感じさせるガタガタ度でした。

c0145920_210469.jpg


この気象庁の地震情報で見ると、結構「群発」してますね。
そろそろ本気で、東海大地震でしょうか。心配です。


御前崎の浜岡原発では、運転していた4号機と5号機が自動停止したとのこと。


c0145920_334677.jpgおとといの記事のコメント欄でも触れましたが、
東海大地震というと、高嶋哲夫さんのTSUNAMI という小説を思い出します。

あの小説のなかでは、
本当の東海大地震の前に、震度5強の地震があって、
それくらいの地震のたびに原発が止まってしまうのを嫌って、
地震センサーを解除して運転していたために、
大変な悲劇が起きました。

あの小説も夏の出来事でした。
電力の需要が多くて、いちいち原発を止めていられないだろう!というのが
「上」からの要請、いや「圧力」だったんだじゃなかったかと思います。


どうか本当の原発では、そんなことがありませんように!
お願いしますよ、管理されているすべての方々!



今、ニュースを見たら、「耐震対策で被害に差」があったという記事がありました。
「自宅の改築に合わせて筋交いなどの補強を施した」とか
「東海地震に備え、自宅の基礎を補強したほか、テレビが落ちないようストッパーをかませるなどの対策を講じていた」という方のお宅では、
怖かったけど、「揺れも少なく、物もあまり落ちなかった」とか。


…オット、ウチも、まだしばらくこのまま住むなら、なんかしますかねえ。
042.gif
[PR]
by ririe_ex | 2009-08-12 02:21 | 身の回りの出来事 | Comments(0)
<< シューマッハ、復帰を断念。残念... ブログってのも、ムズカシイ存在... >>



すぐ忘れちゃうから、忘れたくないことを、書きとめておこうかと思って… (^^ゞ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
初めてブログにいらした方へ
♪ただの「ひとりごと集」ですが、ご意見、ご感想等、ぜひコメントを残していってくださいませ。(記事下のcommentという文字をクリックすると、記入欄が表示されます)。※ただし、記事に無関係のコメント等は、管理人の一存で削除させていただきます。ご容赦ください。


MilanoClick for ミラノ, イタリア Forecast


「東北関東大震災」支援クリック募金
ライフログ
ブログパーツ
Powered By イーココロ!
以前の記事
カテゴリ
タグ
検索
最新の記事
最新のコメント
お気に入りブログ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧