ケヤキの梢を見上げながら

東日本大震災、そのとき、情報を得る方法を持っておくべきだなと思いました!

昨日、っていうか大地震のあった11日、14時46分、
横浜の練習場「オトモン」で、レッスン中でした。

レッスンを始めたのが14時40分ごろだったので、ほんとに踊り始めたばかりでした。
オトモンは9階、すごい揺れで、先生と、そばにいた知らない女性の方と^^
腕を握りしめあって、かなり焦りました。

窓から外を見ると、隣のビルが大きく揺れていて、
ビルの外の階段を、大勢、列をなして降りている。
そばの大きな公園が避難場所になっているようで、大勢の方がぞろぞろ、そちらに向かってます。

最初の揺れがおさまった時点では、「もう大丈夫かな?」とまた踊り始めたんですが、
二度めの揺れで、先生が、「避難しましょう!」と。
着替えをしているその間にも、余震が続いていました。

携帯電話はまったくつながらず、ネットで地震情報を見ましたけど、まだ詳細はわからず、
横浜、震度5強だったんですってね。
あの時点で震度5強と知っていたら、とにかく帰る!と思ったかな・・・
とにかく、初動を、誤りましたね。


オトモンを出て、まず避難場所に行ってみました。
学生たちも避難してきていたので、すごい人数。
「広域避難場所」と言ってもただの「広い場所」=公園で、なんの情報もありません。
避難してきた学生たちが、「戻りますよ~」という先生の号令で帰り始めたので、
「じゃあ駅に行ってみますか」と、横浜駅へ。

途中、公衆電話に長蛇の列。
「公衆電話」自体、今や数が少ないですからね。
でも、この時点でも、並んででも電話してみればよかったかな。

駅のまわりもすごい人垣でした。
電車はすべて止まっていて、バスは増発を始めるという話。
タクシー乗り場にも長蛇の列、タクシーは一台も見あたりません。

携帯電話はつながらないけど、「メールは送れるのかな?」と「ためしに」隣にいる先生にメールを送ってみたけど届きませんでした。

北風ぴーぷー寒いし、ちょっとぽつっと雨も降ってきた。
「きっとまだ2、3時間は電車も動かないでしょうね!」
「ここにいてもしょうがないから、どこかで腹ごしらえして、オトモンに戻りましょうか?」と、
途中のファミレスをのぞくも、満席で、空いていた「ココイチ」でカレーを食べました。

ココイチ=CoCo壱番屋って、知ってましたけど、初めて入った。初めて食べた。
ハーフサイズのきのこカレーにしました。
まあ、・・・まあまあですかね。^^;


そしてオトモン、エレベーターは止まっていて、9階まで歩いて昇ったよ!
最後の1階がきつかったな。
カレー食べた分、まあ、いい運動でした。


「とりあえず、レッスンの続きをしましょうか?」って、それからまた踊り始め、
ときどきメールを確認したり、電話をしてみたり、ツイッターに入ってみたりしながら、
2時間くらい踊って、ふふふ、レッスン的には超ラッキー、先生、やっぱ若いな~、
全然、やめる気配がない。
いくらでも踊ってくださる感じ。


でも、そこで、「電車は今日はもう動かないらしい」という情報が入ってきて、
それなら、「タクシーで帰る」「レンタカーを借りる」「バスで行けるところまでいってみる」
という可能性を考えながら、再度、横浜駅へ。


いやあ、すごいことになってました、横浜駅。
タクシーは一台もいないのに、タクシー乗り場にはロータリーをぐるっと取り囲んで人の列。
レンタカー屋さんは、どこも「本日、車はありません」と張り紙。
駅の通路には「帰宅困難者」が大勢、壁際という壁際に座り込んでいて、
ダンボールを持って歩いているきれいな格好したお姉さんとか、
新聞紙を膝掛けにして座り込んでるミニスカートの女の子たちとかがいっぱい!

「コンビニにでも行って、食料を買って、どこかに「場所」を見つけますか?」
と、コンビニに向かって歩きながら、
「あ、ネットカフェとかないですかね~」
なんてここで気づいて探してみたけど、「満室」または「棚が倒れて本日休業」!!!

探しているとき、西口のダイエーの横、道が盛り上がって、ぼこぼこになってました。
震度5強とは知らず、「え~~~!!!」って驚きました。
さっき初めてニュースで、あのダイエー横の路面が揺れている映像を見ました。
ひゃ~、そんなことになっていたなんて、あのときはつゆしらなかったです。

そんな折り、Uちゃんからの電話が入って、バイクで迎えに来てくれる!と。
Uちゃんのところから横浜、超遠い!

U:道も混んでるし、きっと11時ごろになると思うけどね。
R:でも、来てくれても、また電話がつながるとは限らないし、連絡手段がないよね・・・。
U:う~ん、でもどうするの?
R:今、先生と、駅で朝まで過ごそうかと話していたところ・・・。
U:だったら行くよ! 11時頃、西口に来てみてよ! 電話もしてみるし!
先生:だったら、どっかで一杯やりましょう!
 Uさんがいらしたら、俺は適当に、夜明かししますよ!
U:じゃあ先生と飲んでなよ。べろべろになるなよ!

・・・ってなわけで、
結局、お二人のお言葉に甘え、先生と一杯やりながら、ダンス談義をして
迎えに来てくれたUちゃんのバイクに乗って、無事、夜中に帰宅できたのでした。


R:ず~っと飲んでるわけにも行かないし、一応、ラブホ街とか、見てみます?
 一緒に入って、私だけ帰りますよ。
って、先生とラブホ街も歩いてみましたけど^^どこも満室でした。
み~んな考えることは一緒なのね。


帰ってきてテレビを見てびっくりしました。
こんなひどいことになってるなんて、全然、知らなかった。


九段会館の天井が落ちて亡くなった方がいらしたり、
東京でもかなりの被害があったんですね。
ぞくぞくと入ってくる津波の映像、壊滅した町、原発の事故・・・。
ひどいことです。


ほんとに、連絡がつかないって、すごく不安になるなと、実感しました。
途中、オットやUちゃんをはじめ何人かの友達から「大丈夫なのか~?」とメールが入ってきたんだけど、
それに応える手段がなかったです。

あとから思えば、もっとネットを活用するべきでしたね。
ツイッターもSNSも、つながっていたし、ちゃんと見れば、いろいろな情報がありました。
でも、携帯の電池が減っていくのも怖かった。
電池式の充電器も「携帯」していたら安心だったと思いました。

駅やお店も、もっと情報を流してくれるといいなと思いました。
大型スクリーンでテレビが見られるとかね。
被災した方々も、「情報」が得られたら、少しは安心なんじゃないかなと思いました。


そういう情報を得られて、早くから、こんな大災害だったとわかっていれば、
最初の時点で、なんとか帰ろう!と、違う行動をしたかもな~って思いました。

私は、結局「特別レッスン」もしていただいて、Uちゃんに迎えに来てもらって、
超幸せ者でしたけど、

先生は結局カラオケ屋さんで一夜を過ごし、朝になってもJRが動かないので、私鉄を乗り継いで帰宅されたとのこと。
Uちゃんも、自宅に帰り着いたのは深夜で、今日はお仕事、眠かっただろうし・・・


・・・ねえ・・・、早くからなんとか帰宅しよう!っていう方向で動いていれば、
お二人にもそんな思いをさせなくて済んだのにな~って、ちょっと反省。

連絡が取れないのが不安で何度も電話をしてみたりもしちゃったけど、
それも、ネット上に書き込むからね!って、あらかじめ相談しておけばよかったよね。
今後の教訓です!


まだまだ余震が続いていてコワイですね。
明日も、油断せずに、過ごしましょう!
[PR]
by ririe_ex | 2011-03-13 01:57 | 身の回りの出来事 | Comments(0)
<< 全員喪章のブレーシア-インテル... ひどい地震! 出来ることから協... >>



すぐ忘れちゃうから、忘れたくないことを、書きとめておこうかと思って… (^^ゞ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
初めてブログにいらした方へ
♪ただの「ひとりごと集」ですが、ご意見、ご感想等、ぜひコメントを残していってくださいませ。(記事下のcommentという文字をクリックすると、記入欄が表示されます)。※ただし、記事に無関係のコメント等は、管理人の一存で削除させていただきます。ご容赦ください。


MilanoClick for ミラノ, イタリア Forecast


「東北関東大震災」支援クリック募金
ライフログ
ブログパーツ
Powered By イーココロ!
以前の記事
カテゴリ
タグ
検索
最新の記事
最新のコメント
お気に入りブログ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧