ケヤキの梢を見上げながら

帰巣本能のなせるガリガリ・・・ってか?

預かったニャン×2は、びっくりするほどおとなしい野生児で
来てすぐ爪切りはしたけど、
それにしても、あんまりガリガリしないコたちなんだけどね、


でも、
玄関に向かうドアだけは、あんまりにもガリガリするので、
置いておいても全然ガリガリしない「爪研ぎ」をドアに貼り付けました。


まあ、やるのはほぼミーちゃんなんだけど、
日々、ガリガリガリガリ、ひっかいてかみちぎって、
爪研ぎがどんどん短くなっちゃうの。


c0145920_1514155.jpg
ガリガリ

c0145920_1515027.jpg
ガリガリ

c0145920_152080.jpg
ガリガリガリガリ

c0145920_1521038.jpg
怖いよ、みーちゃん

c0145920_1522236.jpg
あ~あ、こんなんなっちゃいましたよ





ほんとにそうか、わからないけど、
オットはこのドアが北側だから、帰巣本能で、北へ向かってるんじゃないかと言うの。


南側の庭に面した窓は足下まで大きな網戸で、もっとバリバリガリガリしそうなものなのに
こっちにはなにもしないんだよね。

お洗濯ものを干しに庭に出ても、そんなにむきになって出ようとはしない。

でも、出かけるときとか、この北側のドアを開けると、ぴゅっと飛んでくる。


ま、ほかにもね、
北側の台所の窓辺にはすぐ上がりたがるし、
お風呂場でも、北東の窓に向かって、な~おな~おって鳴く。


で、
これは帰巣本能のなせるわざなんじゃないかって言うのね。


帰巣本能。


昔から、遠くではぐれた犬が何週間もかけて帰ってくるとかいう話はよく聞くけど
あらためて、ちょっと、帰巣本能を調べてみた。


帰巣本能には諸説があるらしいけど、
動物は、身体の中に、自然のナビシステムを持っているっていうことらしいのね。


こちらのページによれば

感覚地図説
 視覚・聴覚などの感覚器官から得られる情報を元に、
 頭の中に一種の地図のようなものを作り上げているという説

磁気感知説
 コンパスと同じ機能をもつ物質が体内にあり、方角を認知することができるという説

方向細胞説
 方向細胞という脳細胞の働きにより、
 暗闇など視覚情報がない状況でも目標の方向に頭が向いた時だけ活性化し、
 目的地を察知するという説

という説があるんだそうだ。


体内時計説
 猫は1日の太陽の動く位置を正確に認識して、
 同じ場所で生活している猫の体には、体内時計と呼ばれる時間感覚が生まれ
 知らない場所に移動したとしても、
 いつも生活している場所の太陽の位置と、体内時計で記憶している太陽の位置との違いを感知し、
 そのズレをなくすように移動して、元の場所の方向へもどることができる

なんてのもあった。



猫が「家に付く」とかいうのは、そういう能力が言わせたものなんですかね。



ま、
帰巣本能かどうかわからないけど
ふふふ、この爪研ぎ、預かってる間、もちますかね ε=ε=ε=ε=ε=ヘ(*゚∇゚)ノ
[PR]
by ririe_ex | 2012-07-24 01:53 | 身の回りの出来事 | Comments(0)
<< 関塚ジャパン、スペインに1-0! ミーちゃんとケイちゃんの見分け方! >>



すぐ忘れちゃうから、忘れたくないことを、書きとめておこうかと思って… (^^ゞ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
初めてブログにいらした方へ
♪ただの「ひとりごと集」ですが、ご意見、ご感想等、ぜひコメントを残していってくださいませ。(記事下のcommentという文字をクリックすると、記入欄が表示されます)。※ただし、記事に無関係のコメント等は、管理人の一存で削除させていただきます。ご容赦ください。


MilanoClick for ミラノ, イタリア Forecast


「東北関東大震災」支援クリック募金
ライフログ
ブログパーツ
Powered By イーココロ!
以前の記事
カテゴリ
タグ
検索
最新の記事
最新のコメント
お気に入りブログ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧