ケヤキの梢を見上げながら

寂聴さんの言葉が重い 「軍靴の音が聞こえる時代」

がんの手術後、瀬戸内寂聴さんが、この4月、法話を再開したというニュースを読み、
すごいなあと思っていましたが、

その2回目の法話が、今日、開かれたそうです。



以下、京都新聞の記事


 作家で僧侶の瀬戸内寂聴さんが本格再開後2回目の法話を京都市の寂庵で開き、参加者約150人を前に「戦争を知らない政府の人が平気で戦争をしようとしている。恐ろしいことです」と、集団的自衛権行使を可能とする安全保障関連法案を厳しく批判した。

 寂聴さんは「戦時中、国民は『これは良い戦争だ』と頭にたたき込まれ、私もそう信じていたが、全部うそだった」と、23歳で終戦を迎えた自身の体験にも言及。「今の日本は、私が若いころの戦争の時代と同じ状態にある。遠いようで近いところから、軍靴の音が背中の方に聞こえるような時代。それが今です」と語った。




「軍靴の音が聞こえる時代」


ほんとうに、まさに、いま、
近隣諸国の驚異に対して、軍備を整えて対抗しようという態度は、
それこそが、平和ボケだと思う。


でも、そういう時代には、それが必要だと、そう信じる人たちが生まれるんですねえ。


その時代のことを書いている小説の世界が、いままさに、現実になっている。
あの戦争体験をしたこの国でそんなことは起こらないと、漠然と信じていたけど、
そういうことは、起こるんだねえ。
平和ボケすると、戦争が必要だと思う心理が、生まれるんですねえ。


けんか腰の相手に対して、けんかで対抗するんじゃ、だめですよね。
それを交わしてその上を行く。


そういう「けんかしない」外交が、唯一、できる国だったのにねえ、日本は。
ほんとうに、残念です。
[PR]
by ririe_EX | 2015-07-10 23:34 | 時事ネタ系 | Comments(0)
<< 成猫2匹の里親探しは大変そうだ・・・ 2500億円の国立競技場、渡辺... >>



すぐ忘れちゃうから、忘れたくないことを、書きとめておこうかと思って… (^^ゞ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
初めてブログにいらした方へ
♪ただの「ひとりごと集」ですが、ご意見、ご感想等、ぜひコメントを残していってくださいませ。(記事下のcommentという文字をクリックすると、記入欄が表示されます)。※ただし、記事に無関係のコメント等は、管理人の一存で削除させていただきます。ご容赦ください。


MilanoClick for ミラノ, イタリア Forecast


「東北関東大震災」支援クリック募金
ライフログ
ブログパーツ
Powered By イーココロ!
以前の記事
カテゴリ
タグ
検索
最新の記事
勝った!
at 2017-07-03 00:05
今年のとらや
at 2017-01-02 23:31
クリスマスケーキ2016
at 2016-12-25 23:45
トナカイの名前!
at 2016-12-24 23:28
ひび割れ壺の話
at 2016-12-22 18:45
サッカーチームを乗せた飛行機墜落
at 2016-11-29 22:20
54年ぶりですってね 11月..
at 2016-11-24 07:50
RIO五輪 体操GARA な..
at 2016-08-18 21:43
初めての 「ひとり」 ブルー..
at 2016-07-15 23:51
参議院選挙!
at 2016-07-10 10:52
最新のコメント
お気に入りブログ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧