ケヤキの梢を見上げながら

子供の泣き声から…思い出

今、外で子供が泣いている声が聞こえて、
びゅびゅびゅびゅ~って、走馬燈のように、思い出がよみがえった。


*****
その昔、まだ幼稚園生だったんだろうか、小学校には上がってたんだろうか。
母は、ウチから一軒おいた隣の、叔父の会社に勤めていて、
なんで泣いていたんだろう、私、自宅の塀に寄りかかって、ワンワン泣いていて、

そのとき、道を挟んだお隣の上田さんのおばあちゃまが、私の泣き声を聞いて出てきて、
「それじゃあ、ウチに来ていなさいよ」ってなお誘いを受けて、上田さんのお宅に上がって、
暗くなるまで、おばあちゃまと遊んだんだあ。

夕方、5時、会社が終わって、母がうちに帰ると、私がいない。
母はどうしたんだろうと、ご近所に、「伺ってますか?」と訪ねて歩いて、
同じ幼稚園に通っていた男の子、二人兄弟のいる小坂田さん宅で、
こうやクンだったかな、お兄ちゃんのほうが、「だれかおばあちゃんとどっか行ったよ」
と“証言”して、母は、「誘拐?」と青くなり…、

それからどうしたんだろう、上田さんが、なんかしてくれたんだろうな、
母が迎えにきて、無事、私はおうちに帰ったんだけど。

なんか、いい時代だったね。

上田さんのお宅は大豪邸で、入ってみたかったけど、入ったことのないお宅で、
そこにおばあちゃまはひとり暮らしだったのか、当時はまだご主人様もいらしたのか、
全然、記憶にないけど、とにかくすべてが美しく整った、正統派日本建築っていう感じの、素敵なお宅で、お庭の木々も、みんな純日本風で、今思えば、京都のお寺みたいでね。

そんなおばあさまが、子供の泣き声に、出てきてくれて、慰めてくれて、遊んでくれて。
なんか、そういう風景、今はなくなっちゃいましたよね。

おばあちゃまが亡くなって、息子さん達が土地を売っちゃって、今は何軒かの家が建ってるんだけど、おばあちゃまが亡くなられたときのこと、なんにも覚えてない。
お葬式には行ったんだろうか。
こんな、“恩”っていうか、なんか、大切にしていただいたのに、その後はなんのおつきあいもなくて(母はそのときはお礼に行ったと思うけど)、私はなんの恩返しもしなかったな。

こういう、忘れて過ごしていることが、ほんとにたくさん、あるんでしょうね。
自分ひとりでここまで成長してきたわけではないと、痛感します。
あらためて、おばあちゃま、ありがとう。
*****


で、今、子供の泣き声に、外に出てみたんですけど、
ただ、きっとなにかわがままでも言ったんでしょうか、お母さんに手を握られて、
わんわん泣きながら、引きずられるように、遠のいていきました。

ははは。おしまい。
[PR]
by ririe_ex | 2008-03-05 18:32 | 身の回りの出来事 | Comments(0)
<< 「二羽の鳩」は撮れなかったけど… ミラン、アーセナル戦、完敗 >>



すぐ忘れちゃうから、忘れたくないことを、書きとめておこうかと思って… (^^ゞ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
初めてブログにいらした方へ
♪ただの「ひとりごと集」ですが、ご意見、ご感想等、ぜひコメントを残していってくださいませ。(記事下のcommentという文字をクリックすると、記入欄が表示されます)。※ただし、記事に無関係のコメント等は、管理人の一存で削除させていただきます。ご容赦ください。


MilanoClick for ミラノ, イタリア Forecast


「東北関東大震災」支援クリック募金
ライフログ
ブログパーツ
Powered By イーココロ!
以前の記事
カテゴリ
タグ
検索
最新の記事
勝った!
at 2017-07-03 00:05
今年のとらや
at 2017-01-02 23:31
クリスマスケーキ2016
at 2016-12-25 23:45
トナカイの名前!
at 2016-12-24 23:28
ひび割れ壺の話
at 2016-12-22 18:45
サッカーチームを乗せた飛行機墜落
at 2016-11-29 22:20
54年ぶりですってね 11月..
at 2016-11-24 07:50
RIO五輪 体操GARA な..
at 2016-08-18 21:43
初めての 「ひとり」 ブルー..
at 2016-07-15 23:51
参議院選挙!
at 2016-07-10 10:52
最新のコメント
お気に入りブログ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧