ケヤキの梢を見上げながら

<   2008年 01月 ( 36 )   > この月の画像一覧

庭の片隅に、こんなものが残ってた

オットが庭の片付けをしているときに見つけたそうで、
あはは、こんなものが残っていたのかと、驚きました。
c0145920_1842034.jpg

昔の井戸の上の部分!

そう、いつ頃まで井戸を使ってたっけか。
たぶん、建て増しをするときに井戸をなくしたんだと思うので、
1975年くらいまでかな。
少なくとも60年代は、普通に、井戸を使ってたな。

当時は、柿だけじゃなく、梨の木もあって、“もいだ”柿や梨を井戸水で洗ったり、
どろんこ遊びも井戸水だったね。

井戸の跡には、空気穴が残っていて、今もそのまま。
c0145920_1810422.jpg

オットに話をしたら、ネットで調べてくれて、
「神様が息苦しくないように、空気穴を開けておくらしいぞ」と言うので、私も調べてみた。


使わなくなった井戸を埋めるときには、
 ・お祓いをして、
 ・まず、浄めた石と砂で埋めて、その上に土を重ねて、
 ・地域によっては梅と葦を植え(ウメてヨシ、という縁起かつぎだそうだ)
 ・そして、神様の息抜きのために、節を抜いた竹を差し込むんだとか。

私、基本的に、「なんでも神頼み」的なことって嫌いで、
厄払いしなかったからこんなことが起きたとか、
占いでこう言われたからこうするとかって、そういうことに左右される人って理解できないんだけど(私だって占いは見るけどさ、だからってそれで一喜一憂するのは、高校生くらいで卒業してほしいよっていう…)

まあ、クリスチャンだった母や教会の方々もずっと見てきて、
“神様”というものを信じて何かを祈る“心”はいいと思うんだけど、
ただ、こうしなくちゃいけないみたいな“儀式”を重んじるばかりの人には、
どうも同意できないんですよ。

でも、たとえばこの井戸の、神様の空気穴なんかは、
 「井戸の底に溜まった水が腐りガスが発生することもあるから」だとか、
浄めた石などを入れるのは、
 「イキナリ土を入れてしまうと、水が濁ったり、流れが止まったりして、
  もし近隣で井戸を利用している家があったら迷惑になるから」などなど、
風習とか言い伝えのなかには、ちゃんと理に適った、昔の人の知恵が生きていることが多くて、そういうのはやっぱり、見習わなくちゃいけないなあと、
生活の知恵ってすごいなあと、あらためて思いました。

ちなみに、ウチのはまさに空気穴としての、こんなパイプだけど、
ちゃんと節を抜いた竹を差し込んだ場合、その竹が朽ちるころには「神様もほかの井戸に移って行ってるからもう大丈夫」ということだそうで、つまりガス抜きも完了ということなんでしょうね。

うちの、この朽ちないパイプの場合、いつかは意図的に抜くモノなんですかね。
まあ、さすがに30年も経ってるから、もうガス抜きは済んでるでしょうけど、
ははは、とりあえず、このままにしておきます!

ところで、この一文を書くのにいろんなページを参考にしましたが、
なかでもフジクリーン工業株式会社(浄化槽とか水回り製品の会社)さんのページにあった「水の話」という「水にまつわる話題」を取り上げている読み物は、かなりおもしろいです。

井戸のことについては、「井戸」という回を見たんですが、ほかにも、
「地ビール」とか「蕎麦」とか「とうふ」とか、
あるいは「里山の湿地」「サケの遡上」「淡水にすむ魚」、
はたまた「汽水域」「水源地と窒素・リン」「資源水」などなどなど、

日常的なことから専門的なことまで、
「編集者だった頃なら単行本化をおすすめするのにな」とか思いながら見ていたら、
はは、すでに「水物語」として、1冊2,800円で単行本化されてました。 (^^ゞ
[PR]
by ririe_ex | 2008-01-31 18:45 | 身の回りの出来事 | Comments(0)

オシムさん、すごい!

さっき、日本代表、ボスニア・ヘルツェゴビナに3-0で勝ちました。
勝ったことは、とにかくよかったけど、試合内容的には、どうなんだろうか。
チリ戦に比べて、やっぱ、相手からのプレッシャーが弱かったし、
だから、中盤、フリーになったなかでパスも回ったけど、んんん、
まあ、とにかく、よかったのかな。

それより、オシム監督が観戦に来られた姿を見られたことが、嬉しかった。
【下の写真は時事通信社、ハーフタイムに観衆に手を振るオシムさん】
c0145920_2412880.jpg


日刊スポーツの記事によれば、オシムさんは、観戦に備えて、そのためのリハーサルを重ねたとか。

スーツに袖を通し、ネクタイを締める。ゆっくりとした歩みで、病室を出る。外の空気を大きく吸い込み、迎えのワンボックスカーのステップを踏みしめる―。関係者によれば、オシム前監督はあたかも検算を繰り返すように、一連の作業を確かめたという。待ちに待ったスタジアムでの観戦だ。心が躍る分だけ、リハーサルは繰り返された。
(中略)
「野うさぎがライオンから逃げる時、肉離れしますか? 準備が足りないのです」とは代表的なオシム語録。完ぺき主義者は自分の言葉通りに、久々の観戦へ向けて準備を整えた。


ふむ、やっぱ、舞台前に体調を崩したり、怪我をしたりするのも、
いろいろな事情はあれ、大きい意味で、準備不足は否めないかも。
ライオンの前で肉離れ、しないように、この言葉も心に刻んでおこ!

ハーフタイムには日本サッカー協会名誉総裁の高円宮妃久子さまの訪問を受け「妃殿下の前なら10時間でも立っていられる」と冗談めかし、立ち上がって対応。
(共同通信社 2008年1月30日 23:31)
なんていう情報もあって、

ほんとうに、見事な回復、よかったです。
[PR]
by ririe_ex | 2008-01-31 02:53 | スポーツ観戦系 | Comments(0)

サッカー関連ニュース、あと2つ

○小野伸二、ドイツ、ブンデスリーガのボーフムに移籍
○オスカー・デル・カルチョでカカが最優秀選手


なんか、サッカーに、気になる話題が多くて、ついつい。
このブログの主旨からはずれまくってますかね、ははは。

小野くんのドイツ行きは、1月初めに左足首の状態がよくなくって帰国したときも、「残念だったね」って思いながら、ここには書き残さなかったので、なんかちょっと書いておこうかなと。明日(っつうか今日、30日)、入団会見とのこと。
小野くんと稲本くんが同じピッチに立ったりするかな。
楽しみが増える!

カカのオスカー・デル・カルチョ受賞は、おお、そうだった、去年は、バロンドールもFIFAワールドプレーヤーも、カンナバーロだったなあと、んでもって、あのとき、ジダンの頭突きを誘ったマテラッツィが最優秀DFに選ばれてたりもしたもので、なんか、ワールドカップのことも思い出したりして、ちょっと書きとめておこうかなと。

そうそう、もともと、「すぐ忘れちゃうから」書きとめておくブログだからね、
うんうん、正しい方向だ!
[PR]
by ririe_ex | 2008-01-30 05:08 | スポーツ観戦系 | Comments(0)

タイ戦、中村俊輔、招集断念……残念!

日本サッカー協会は、2月6日のワールドカップ・アジア3次予選の日本対タイ戦に、中村俊輔を招集しないことを明らかにした。

岡田武史監督は「2月2日のセルティックのカップ戦に中村俊輔が出場せず、余裕を持った帰国が可能ならば招集する」という意向を示し、セルティック側と交渉を続けてきたが、セルティック側が起用を示唆。

けがから復帰して間もないこともあり、中村俊輔のコンディションを第一に考え、今回は召集せず、そのままスコットランドでコンディションを上げてもらうことで、日本サッカー協会とセルティックの双方が合意した。


……とのこと。(以上、スポーツナビ[19:55]、共同通信社[20:42]、時事通信[23:04]の要約)


んんん、たしかに、そのほうが“いい”のかもしれないけれど…、
逆から見れば、セルティックだって、2月2日の試合には“はずせない”と考えるだけの活躍をしているわけで、

ああ、タイ戦に、いてほしかったなあ。

俊輔がいれば、中盤でのパス回しが変わるだろうと、ほぼ“招集”を前提に期待してたのになあ。大丈夫かなあ…。……まあ、しょうがないことなんだけど、残念。
[PR]
by ririe_ex | 2008-01-30 04:06 | スポーツ観戦系 | Comments(0)

お見事な結末!

Excite エキサイト : スポーツニュース/ 大相撲の横綱審議委員会は、朝青龍は「横綱として使命を果たした」との意見でまとまった というニュース

「朝青龍、大っ嫌い」という友だちもいますが、
私は、基本的には、別に嫌ってはおらず、
問題の「モンゴルでにこにこサッカー事件」にしても、
国から要請されて、まあ、余興で参加することは「あり」だろうし、
参加したら、にこにこも「あり」だろうと思ってますが、

でもまあ、今回は、白鵬が優勝したほうが、八方、マルくおさまるだろうし、
なんとなく自分的、気分的にも、白鵬が勝ったらいいなと思ってましたが、

いや、まさに、そのとおりの結果で、
おまけに、朝青龍も評価されて、
なにより、横綱が千秋楽で優勝争いとなれば、(両横綱がモンゴル出身力士とはいえ)久しぶりに、国技・相撲が盛り上がって、

なんか、気持ち悪いほどの仕上がりですねえ。
そうなると、なんか、ヤですねえ。
「天の邪鬼」ですかねえ。
[PR]
by ririe_ex | 2008-01-29 03:04 | スポーツ観戦系 | Comments(0)

「外国人監督ならではの配慮」なんだ…

Excite エキサイト : スポーツニュース/ プロ野球、ロッテマリーンズの清水投手、夫人の急逝で、その心労を慮って、二軍キャンプでスタート というニュース

プロ野球は、その昔は田淵幸一さん、その後は秋山幸二さんのファンで、
森監督時代の西武ライオンズなんかは、所沢まで観に行ったりまでしましたけど、
最近、「一応知ってる」程度にしか追っていませんが、

この17日に、まだ32歳で奥様が急逝された清水直行投手について、
26日、バレンタイン監督が、清水投手本人と話し合って、

このような事態では、まだ、体の調整などもできていないし、
「本土から離れて沖縄に行くよりも、家族のそばにいたほうが良い」(日刊スポーツ)と、
鴨川での二軍キャンプでのスタートを決め、
「清水本人の心と体の準備が整い次第、1軍に合流させる考えだ」(日刊スポーツ)という。

んん、そりゃそうだよねえ、32歳で急逝じゃあねえ、
時間が必要だよねえ、

と普通に思うけど、

「外国人監督ならではの配慮だ。メジャーでは出産や不幸などに直面した選手に対し、最大限に選手の意志を尊重する」(上記のエキサイト:スポーツニュース) と書いてあって、逆にちょっと驚いた。

ほかの例は知らないけど、日本人監督だったら「しない配慮」なのかなあ。
だとしたら、見習ったほうがいい習慣のように思えるなあ。

「本人の意志」って、「意志」でも「意思」でも、
言われるがママで、それを持たない人も、たしかにいるだろうけど、
これが「外国人監督ならではの配慮」だったら、ちょっと寂しいなあ。

私は、これまで、
父が倒れたときも、母の具合が悪くなったときも、自分の体調が悪くなったときも、
勤めてきた会社でも、今のスタジオでも、
そういう意味では、常に、「意思」を尊重してもらってきたなあと…、
これはもしかしたら、思いっきり、恵まれた環境だったのかなあと…、
なんか、しみじみ、ありがたく、あらためて思いました!

ふむ。黙考…。
[PR]
by ririe_ex | 2008-01-29 02:49 | スポーツ観戦系 | Comments(0)

ミラン、ジェノアに2-0!

今日は、久しぶりにフジテレビでの放映で、元気に走り回るマルディーニにも一安心。
アタランタ戦は、ガットゥーゾのゴールなんていう、見たかったシーンもありながら、
1-2で負けちゃって、あちゃちゃぁ、と思いましたが、今日はよかった!

1点目は、ピルロ→マルディーニ→セードルフ→パトで、
ピルロからいったん下げたマルディーニのクロス、よかったっす!

2点目は、パトの猛烈な突破!
ひきつけたキーパーがはじいたボールを押し込んで、
すごい18歳だねえ。

そのパトの頭を抱え込んで、“なでなで”する、
ついこの間“すごい18歳”だった気がするカカが、すっごいお兄さんに見えて、
なんかほほえましかったよ。

それに比べてジラちゃん、焦る気持ちはわからないではないけど、
イライラ顔が大人げなかったよ。落ち着いて、がんばってほしいなあ。

さて、これでミラン、(まだリボルノ-ユベントス戦が終わってないから)暫定8位かな?
いけるいける! 後半戦は、がんばるぞぉ!
(って、私はせいぜいがんばって応援するだけですけど… (^^ゞ )
[PR]
by ririe_ex | 2008-01-28 03:04 | スポーツ観戦系 | Comments(0)

久しぶりにニャンと遭遇!

c0145920_11194863.jpgお庭ににゃんこが、
久しぶりにやってきました。

オットが
 「ふてぶてし~いデカイやつが、
  ときどき歩いてるぞ」
と言ってたんだけど、私は初遭遇!

今、まさに立ち去ろうという図です。

影に体がとけこんじゃって、
チュシャ猫(不思議の国のアリスの…)みたいだ!
[PR]
by ririe_ex | 2008-01-27 11:23 | 身の回りの出来事 | Comments(0)

驚いた、ナダルに続き、フェデラーも敗れる!

Excite エキサイト : スポーツニュース/フェデラーが敗れる波乱 20歳ジョコビッチが決勝へという記事

火曜の夜から「急性胃炎」とやらで、寝続けまして、
今日はようやくちょっと食事もして、とにかく起きていようと思いつつ、
何度もパソコンにも向かいつつ、何かする気力が出なくて…。

が、ナダルに続いてフェデラーが破れたのを知って、
いやはや驚きました。

y-aneさんが書いておられるように、全豪オープン、WOWOW独占放送で、
ほんと、もっとたくさんの人が見られるようにしてほしいものですが、
んで、私もゲームは見てないんですが、

いやはや、驚きました!
[PR]
by ririe_ex | 2008-01-26 01:06 | スポーツ観戦系 | Comments(0)

なんでも悪いことを、平気でする、協会 = NHK

Excite エキサイト : 社会ニュース/ NHKは20日、広報番組「三つのたまご」(午前11時半から)の中で、記者ら3人によるインサイダー取引疑惑について謝罪し、再発防止策として原稿システム端末にアクセスできる職員やスタッフの株取引を規制する方針を明らかにした という記事

NHKに関する不満を書き始めたらキリがない気がするので、
このあきれたニュースにも、つぶやくだけにしていたのですが、

以前にもこのブログに登場した「キョトンC」先生のブログに、

 何でも悪いことを平気でする協会はどこ?
  何でも悪いことを・・・・・N
  平気でする・・・・・・・・H
  協会・・・・・・・・・・・K
 そう! 答えは、・・・・ NHK!


というのがあって、あまりの見事さに、思わず書き始めました!

キョトンC先生は、同じ記事のなかで、

 お宝情報満載のデータベースには、NHK職員5000人が閲覧可能だとのこと。
 5000人のうち、たった3人だけ? 氷山の一角どころか、一角砂糖ぐらいではないか。
 今後の調査で数100人には膨れ上がるだろう。
 あのNHKでは、倫理とかモラルという言葉が、死語になっているのだろうか。
 まさに社会学でいうアノミー社会。無規制組織、NHKと言わざるを得ない。


と書いておられます。
パチパチパチ、同感!

これを機に、NHKが変わるとは、到底、思えませんが、
ふだんNHKを批判しないような人たちのなかにも、
これを機に、批判の気持ちが生まれてくる人がいるだろうと、期待します!

多くの人の目で、監視しつづけましょうね!
[PR]
by ririe_ex | 2008-01-21 03:14 | 時事ネタ系 | Comments(0)



すぐ忘れちゃうから、忘れたくないことを、書きとめておこうかと思って… (^^ゞ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
初めてブログにいらした方へ
♪ただの「ひとりごと集」ですが、ご意見、ご感想等、ぜひコメントを残していってくださいませ。(記事下のcommentという文字をクリックすると、記入欄が表示されます)。※ただし、記事に無関係のコメント等は、管理人の一存で削除させていただきます。ご容赦ください。


MilanoClick for ミラノ, イタリア Forecast


「東北関東大震災」支援クリック募金
ライフログ
ブログパーツ
Powered By イーココロ!
以前の記事
カテゴリ
タグ
検索
最新の記事
勝った!
at 2017-07-03 00:05
今年のとらや
at 2017-01-02 23:31
クリスマスケーキ2016
at 2016-12-25 23:45
トナカイの名前!
at 2016-12-24 23:28
ひび割れ壺の話
at 2016-12-22 18:45
サッカーチームを乗せた飛行機墜落
at 2016-11-29 22:20
54年ぶりですってね 11月..
at 2016-11-24 07:50
RIO五輪 体操GARA な..
at 2016-08-18 21:43
初めての 「ひとり」 ブルー..
at 2016-07-15 23:51
参議院選挙!
at 2016-07-10 10:52
最新のコメント
お気に入りブログ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧