ケヤキの梢を見上げながら

<   2008年 02月 ( 39 )   > この月の画像一覧

ミラン、カターニャに引き分け&カカ!契約延長

27日、水曜日、お休みで、春っぽいこととか、なんかいろいろ書こうと思ってたのに、
午後からまた急に胃痛がひどくなって、一日中、寝て過ごしてしまった。
昨日も夜の教えだけ、スタジオに行って、今日、ようやく、落ち着いた。
はふ~です。

とりあえず、引き分けに終わったカターニャ戦。

先発は、
 GK:カラッチ
 DF:カフー、マルディーニ、ファヴァッリ、ボネーラ
 MF:エメルソン、セードルフ、アンブロジーニ、ブロッキ
 FW:パト、インザーギ

  後半22分、カフー → オッド
  後半32分、インザーギ → ジラルディーノ
  後半34分、ブロッキ → ガットゥーゾ

前半はミランペースで進むも、得点ならず。
それでも後半10分、パトのゴールで先制!
が、これを守れず、後半18分、スピネージにゴールを決められ、
その後は、かなり押され気味で、なんとか引き分けに終えられたっていう感じだったらしい。

フィオレンティーナは勝っちゃったから、ようやくたどり着いた4位は三日天下だったけど、
まあ、全部勝てるワケじゃないし、この際、負けなかったことをよかったと思うべきですかね。勝ちたかったですけどねえ。

で、今日、カカがミランとの契約延長のニュースが、スポーツナビゴールコムをはじめ、そこら中に載ってますね。
カカは、これまでも「自分は生涯ミランにいるつもり」とか、嬉しいことを言ってくれていましたけど、2013年までの契約延長とのことで、ホントに嬉しいです。
マルディーニの後を継ぐのはカカになるんですかね。

ひざの痛みは引いている様子との記事もあり、
ホントに、怪我につながる危ないタックルについては、今後もちゃんとジャッジしてくれるようにしてほしいですけど、カカについてはアーセナル戦には間に合いそうでよかった。

取り急ぎ、覚え書き!
[PR]
by ririe_ex | 2008-02-29 14:49 | スポーツ観戦系 | Comments(0)

バレエ協会の「くるみ割り人形~全幕~」

c0145920_1345636.jpg21日(木)、日本バレエ協会主催(2008都民芸術フェスティバル参加公演)「くるみ割り人形~全幕~」を観てきました。

私の所属するスタジオからも何人か出演していて、ほかにも知った方が何人かいらして、初めて五反田ゆうぽうとの2階席で観てみました。

バレエの公演を観るとき、いちばん好きな席は、左右の真ん中あたりの、すごく前のほうではない席。たいていの場合、招待席にはこういう席をご用意するわけですが、やっぱ、こういう席がいちばん観やすいと思ってます。
すっごく前の席で、ダンサーの息づかいまで感じるっていうのも、別のおもしろさはありますけれどね。

で、2番目に好きなのは、2階の最前列、できれば左右は真ん中近く。
会場によって、違いはありますけれど、1階の前のほうの端っこよりは、3階席や4階席でも、最前列だったら、真ん中じゃなくても、そっちのほうが好きです。

で、ゆうぽうとは、初めて2階席にしてみたんですが、なかなかよかった。
観やすかったです。

さて、長い前置きののち、内容ですが、
観に行ってから、こんなに時間が経っているのも、なんて書こうか悩んだためでして、
まだ実は、なんて書こうか、言葉を選び切れていません。
自分のなかですごく賛否両論があって、まだ咀嚼の途中ですが、とりあえず、忘れないうちにいくつか…。

21日の金平糖の精=西田佑子さん、金平糖の精の小姓=青木崇さんのパ・ド・ドゥは、
お二人とも技量に裏打ちされた安定感というか、「ブラボー」の声も上がってましたが、私も「ぶらあぼ!」と思いながら、高らかに拍手しました。

スペインの山田歌子さんも、ますます成長されて、かわいくてイキで、すごくよかった。

ロシアの近藤徹志さん、ゲネ前に練習していて首を痛めたとご自身のブログで書いておられますが(私は観る前に知人から聞いたのですが)、「そんな状態で、こんなに爆発して大丈夫なのお」っていうくらい勢いがよくて、客席まで飛んでいくんじゃないかと思いましたけど(笑)、観ているほうも楽しくなるような踊りで、ご立派!

ほかにもいろいろいろいろ、あるんですけど、
とにかく、なんていうか、“斬新”な「くるみ」でした。

再改訂振付/構成/演出の児玉克洋先生は、
「さほど大きな変化をもたらさない演出、振付におさめるようにしましたが、子供の目から見て、楽しい、面白いと声があがれば作者としてこれほどうれしいことはありません」
とプログラムに書いておられ、

なるほど、いたるところに“楽しい”“面白い”“かわいい”演出があふれていて、
ひとつひとつは「いいねえ、楽しいねえ」と思うのですが、それが舞台上でいっぺんに繰り広げられているので、どこを観ていいやらわからない感じでした。

以前、自分も出演していた舞台で、舞台監督の先生が、
「観る人は1回しか観ないんだから、どこを観せるか、しぼったほうがいい」
とおっしゃったことがあって、踊っている側としては、そんなにとっちらかっているようには思わなかったんですけど、そのとき、「絞り込む」前は、こういう感じだったのかなあって、思いました。

好みの問題もあるでしょうけど。
うん、あのとき、舞監の先生やうちの先生が絞り込んだのは“正解”だったように、
この舞台を観て、実感を覚えてしまいました。

というわけで、自分のなかで、賛否両論。

さて、末筆ながら、“楽しい”“面白い”“かわいい”の、私が選ぶベスト3は、

第3位
 → 開演前に幕の前でなにやらいろいろやっていたねずみくん

    あとから聞いたら、何人かが代わる代わる出ていたとか。
    ずーっと観ていたワケではないので、なんて芸達者なんだと思いましたが、
    もしかしたら、そんなん関係ねえ!って小島よしおしてた方と、
    マイケル・ジャクソンのスリラーしてた方は、別の方だったのかもしれませんね。
    パントマイムをしていた方もパラパラと拍手が出るほどお上手でした。

第2位
 → プロローグの“道行き”のシーンで、最後に、にょきっと足が出て立ち上がり、
   自力で撤収した雪だるまくん

    なんか、動きそうな予感はしたんですけど、ホントに動いたので、わははでした。

第1位
 → 真夜中のねずみと兵隊の戦いのシーンに登場した
   着ぐるみの「ウサギの兵隊」と「クマの兵隊」

    ピャピャッと登場しただけで、そのまわりでもいろいろな“こと”が起こっていたので、
    「ああ、なんかいたねえ」と言う知人もいましたけど、かわいかったです。

o(^^)o
[PR]
by ririe_ex | 2008-02-26 13:49 | 踊り関連 | Comments(2)

よし! ミラン、パレルモに2-1

今朝、日本時間、4時半のキックオフで、
ちょっと別の仕事をしていたら、その時間まで起きていてしまって、
速報をちらちら見てしまいました。

この24節、フィオレンティーナが負けているので、ミランが勝てば4位に浮上だから、
なんとか勝ってほしいと祈っていたのですが、

前半9分にブレッシァーノのゴールで先制されるも、25分にアンブロジーニが同点弾。
さすがに少し寝ないと…と思って、ベッドに入り、起きてみたら、
後半46分にピッポが決めて、逆転で勝利をおさめていました。

ピッポは、グルクフのクロスに頭で合わせたらしい。

 GK:カラッチ
 DF:カラーゼ、ヤンクロフスキ、ボネーラ、オッド
 MF:ガットゥーゾ、ピルロ、カカ、アンブロジーニ
 FW:パト、ジラルディーノ

 後半開始から、カカ → グルクフ、
 後半28分、ジラルディーノ → インザーギ、
 後半41分、ヤンクロフスキ → ファヴァッリ

これで、得失点差で、4位です。
さらに上、ユーベの背中もはっきりと見えてきたけど、
次節、カターニャ戦は、チャンピオンズリーグのアーセナル戦を控えて、
「ローテーションが絶対に必要となる」と、アンチェロッティ監督のコメントもあり、
ますますキビシイゲームになるかもね。

まあ、とにかく、ここまできた“すごいすごい”ミラン!
あせらずゆっくりと、見守ります!
さ、今日も、がんばろっ!(自分がね)
[PR]
by ririe_ex | 2008-02-25 12:38 | スポーツ観戦系 | Comments(0)

眼窩底(がんかてい)骨折を調べてみた!

Exciteスポーツニュースによれば、プロ野球、広島の赤松真人外野手が、西武との練習試合で、セーフティーバントをしたボールが左目を直撃し、「眼窩底骨折(がんかていこっせつ)」と診断されたとのこと。

 眼窩底骨折ぅ?
 それって目の下の骨ってこと?
 ってことは頭蓋骨?
 それってドクロの目の穴の中にも骨があるってこと?


…と急激に興味が湧いて、調べてみました。


眼窩〈がんか〉とは、眼球が収まっている頭蓋骨の凹みの部分を言うそうで、
前方から鈍的外傷を受けた場合、まわりの骨より薄い眼窩底に骨折が起こることがあり、
それを眼窩底骨折というらしい。

参考としたのは、家庭の健康・医療 豆々小事典糖尿病ネットワーク“目と健康シリーズ”gooヘルスケア、そして眼窩の病気というページ(ほかにもいくつか見たけど、多くがgooヘルスケアと同じ文章だった)

こういう骨の骨折って、小枝を折るようにポキッと折れるわけでもないだろうし、
どういうふうに「骨折」するんだろうと思ったら、

眼窩の病気のページには、「眼を強く打ったりして、眼窩底に骨折が起こり、その骨の裂け目に眼筋やその他の組織などが落ち込んだものをいいます」という文章が載っていて、「骨が裂けるんだぁ!」と、ちょっと想像できた。

その「裂け方」と「裂け目になにが落ち込んでしまったか」によって、
かなりの程度の差があるらしく、

 ○眼球を動かす筋肉が落ち込んでしまった場合には、
  →眼球を動かすことができなくなり、眼筋を引っ張り出すような手術が必要で、

 ○もっとひどい場合、眼球後部のいろいろな組織ごと落ち込んでしまうと、
  →眼が陥没してしまい、視神経の損傷を伴う場合もあって、手術も大変みたい。

 ○対して、軽度の場合には、
  →経過観察をすることもありで、自然に治ることもあるのだそうだ。

記事からは、程度についてはまったくわかりませんが、
赤松選手も、軽度だといいですね。
[PR]
by ririe_ex | 2008-02-25 03:48 | 時事ネタ系 | Comments(2)

まるで春一番のような強風、そして、梅が満開(追記!)

1月の半ば、最初に一輪を咲かせてくれた梅の木は、
もう、かなり満開!
c0145920_383640.jpg


そして今日の東京は、まるで春一番かというような、強風でした。
以前の記事と同様に、Yahoo!天気で見たら、今日の午後は、北北西の風12mの表示、
これははっきり、強風ですね。
オットは、「鳥が風に押し返されて後退してるのを見た」と言ってます。
(ほんとかにゃあ)

でも、“春一番”にはならないんだって、知ってます?
上記の、“以前の記事”のときに知ったんだけど、春先の強風が“春一番”と“認定”されるには4つの条件があるそうで、今日のはそのうちの1つが、当てはまらない。
  1:時期=立春から春分までの間
  2:気象概況=日本海に低気圧があること
  3:風の向きと強さ=南風、8m以上
  4:気温の変化=気温が上昇する
今日は、1、2、4の条件は満たしてたんじゃないかな。
でも北北西の風だった。

ふむ、夕方からは、急に寒くなってきたし、春まだ遠いですかね。

 ↓

と書いてから、ニュースを見に行ったら、“春一番”って書いてあった。
Excite エキサイト : 社会ニュース/気象庁が強風警戒呼び掛け 関東では「春一番」 というニュース
えええ、南風だったのお?
北風ピープーだと思ったのに…。
[PR]
by ririe_ex | 2008-02-24 03:28 | 身の回りの出来事 | Comments(0)

ミラン、アーセナルに0-0

スタメンは、
GK:カラッチ
DF:マルディーニ、カラーゼ、ネスタ、オッド
MF:ガットゥーゾ、セードルフ、ピルロ、カカ、アンブロジーニ
FW:パト

昨日、MILANISTATIONでスタメン予想してましたけど、FW以外はアタリでしたね。私も、ジラルディーノが先発するかと思ってましたが、パトを使ってきました。

なにより、カラッチ、間に合ったんですね。
ミランHPに、
「24時間態勢でリハビリにつとめた」「ウォーミングアップの最中にやれるとわかって、それで出場が決まった」
とコメントしてます。

後半5分にネスタ→ヤンクロフスキ、後半32分、セードルフ→エメルソン、後半41分、パト→ジラルディーノ。

ベンチ観戦となった、GKのフィオーリは、
「出られなかったのは残念だったけど、昨日、僕がゴールに入るかもしれないと知ったチームメートたちの歓迎と信頼を感じられてうれしかった」
と。また、
「あのマルディーニのヘッドでの一発、強さと速さがあって…」
とも。

いいゲームだったみたいですね。
動画が楽しみです。

ちなみに今回、カラッチが怪我をして、GKがフィオーリ1人になっちゃったぞというとき、MILANISTATIONさんがこんなおもしろいもの載せてました。
超ウケたんで、今さらだけど、覚え書きで、ここにも載せちゃいます。

c0145920_14261950.gif


さて、今日のアーセナル戦は、「軽作業」だったのかなあ(笑)。
[PR]
by ririe_ex | 2008-02-21 14:31 | スポーツ観戦系 | Comments(0)

ロシアのバレリーナ、ベススメルトノワさんが亡くなった!

今朝、naomiさんのブログで知って、驚きました。

1941年生まれ、66歳、病気を患っていらしたそうで、まだ若いのに、と思いましたが、
さっき、yuraさんのブログを見に行ったら、ロシアの平均寿命は50歳くらいだとか…。
いやあ、日本はほんとに長寿国なんですね。

どちらにしても、私にとっては、ついこの間まで現役で踊っていたという印象が強く、
(実際には95年までだったそうで、もう、13年も経っているのですが)
今朝は、ホントに驚きました。

私は子供のころに足かけ10年、バレエを習っていて、
その後、十数年のブランクを経て、またバレエを習うようになり、
それからまた、気づけば十数年の年月が流れているワケなんですが(うわあ(^^ゞ)

その、バレエを再開するきっかけになったのが、今のスタジオの主宰の先生が、初めてフィットネスクラブで教え始めたクラスに出てみたことで、その後、先生が今のスタジオを立ち上げるときに事務的なお手伝いなどをして、いつのまにか大人からバレエを始める人のためのクラスを教えるようになり、そして結局はスタジオで働くことにもなり、…今に至る…なのです。

で、このスタジオの最初の発表会のときに、「白鳥の湖Act.1のパ・ド・トロワ」を踊らせていただいて、そのとき、参考のためにと、先生がいろいろな「白鳥のパ・ド・トロワ」のビデオを集めて、1本のビデオにして見せてくださったなかに、ベスメルトノワさんの「パ・ド・トロワ」も入っていたので、まずは、この映像のベスメルトノワさんが、すぐ頭に浮かびます。
(ベススメルトノワという表記もあって、ロシア情報の宝庫として信頼しているyuraさんのブログではベススメルトノワにしていらしたので、標題はこちらにしたんですけど、今までずっとベスメルトノワと呼んできたので、本文中はベスメルトノワにします)。

ベスメルトノワさんは、旧ソ連時代のボリショイバレエで、一時代を築いた偉大なバレリーナで、これはもう、ホントに、絶対的にすごいバレリーナなんですけどね。

でも、私の先生はベスメルトノワさんの腕や手首の使い方が好きじゃなくて、
よく、「ベスメルトノワみたいな手をしないでちょうだい」なんて言われて(今でも言われる)
(先生が注意したい内容はわかったけど)私と一緒にしちゃあ、ベスメルトノワさんに申し訳ないよ」
と思いながら、実はひそかに、ベスメルトノワさんに親近感を覚えたりしてたんです…。

ははは、とにかく私にとっては印象深いバレリーナなのです。

興味のある方は、YOU TUBEで見られます。
パ・ド・トロワはなさそうでしたけど、「ジゼル」や「白鳥の湖」(主役のオデット・オディール)、「スパルタクス」、「レ・シルフィード」の「プレリュード」なんかもありました。

私も、また時間のあるときに、ゆっくり見ようと思います。


黙祷!
[PR]
by ririe_ex | 2008-02-21 05:11 | 踊り関連 | Comments(0)

石蕗のたんぽぽ

去年までも、当然、こうなってたんだろうけど、全然、気づいてなかった。

石蕗(つわぶき)はこんなふうにたんぽぽになるんだ。

c0145920_11491551.jpg


かわいい。

 
[PR]
by ririe_ex | 2008-02-20 11:53 | 身の回りの出来事 | Comments(0)

“盾”であることを忘れてるから…

海上自衛隊のイージス艦「あたご」と漁船「清徳丸」の衝突事故について、渡辺喜美行政改革担当相が、「(漁船がレーダーに)映らない場合もあるそうだが、万が一これが自爆テロの船ならどうするのか」と述べたという話、
mahounofuefukiさんのブログで見て、元記事も見にいきましたが、ホントに、なんていうか、傲慢ですね。

たしかに自爆テロの船がレーダーに映らなかったら大変でしょうが、情報の確認もあいまいなまま、外に対して言うコメントでしょうか。
一般の企業がなにか事故を起こして、事故の原因もわからないまま、その会社の人が、テレビカメラに向かってそんなコメントするでしょうか。
自分は一般人じゃないから特別だって思っているから好き勝手言えるんですかね。

今日(火曜日)はお休みで、テレビのニュースなどでも、石破茂防衛相が、「とりあえずの一報はもっと早く入るべきだ。危機管理上もっと時間は短縮できるはずだ」って、不服そうに言ってるのを見ましたけど、これも一般社会に置き換えたら、おかしい。
不祥事を起こした会社の社長が、自分の社内の問題について、外部の人に話をして、怒ってるっていうことでしょ。
これまたありえない。

exciteのニュースには、「事案が起きたらすぐに責任を負う政治家に一報を入れるのは可能だ。本日から改める」という言葉も載ってましたけど、なんか結局、「そんなことして、責任とるのはこっちなんだから、かんべんしてよ」って言ってる感じですね。

捜索には、新勝浦市漁協の方々や、ほかの漁協の船も含めて、約80隻が参加しておられるとのこと。事故の一報からすぐ、皆さん、とにかくまず救出を最優先のこととしているわけで、今も、嫌な夜を過ごしておられるでしょうね。
渡辺、石破をはじめとする多くの政治家は、そういう人たちの気持ちには、きっとまったく思いが行ったりはしないんでしょうね。

最初に考えるべきは、誰が責任をとるかとかいう問題じゃないと、心の底から思ってくれるような政治家を育てるには、どうしたらいいんでしょう。

イージスは“盾”であるはずなのに、それが凶器=“矛”と化して、“防衛省”と言いながら、“防衛”より“戦闘”に意識があることの現れなんじゃないんですかねえ。“省”なんかにしたことも、私としては、きな臭い感じがして、いまだにヤですけど、なんとか、この組織の存在自体の根本から、見直してほしいものです。

事故から、間もなく、24時間が過ぎてしまいます。
まだ、今、テレビもつけながらパソコンに向かってますけど、
行方不明の吉清さん親子がみつかったというニュース速報は入りません。
心配です。
[PR]
by ririe_ex | 2008-02-20 04:05 | 時事ネタ系 | Comments(6)

ケヤキの梢にお月様が…

寒い!

ケヤキの梢にお月様があんまりきれいで、今、外に出て、何枚も写真を撮ってしまった。
写真には、感動したほどには残せなかったけど、でもまあ、記念に!

c0145920_1185081.jpg

[PR]
by ririe_ex | 2008-02-20 01:15 | 身の回りの出来事 | Comments(0)



すぐ忘れちゃうから、忘れたくないことを、書きとめておこうかと思って… (^^ゞ
初めてブログにいらした方へ
♪ただの「ひとりごと集」ですが、ご意見、ご感想等、ぜひコメントを残していってくださいませ。(記事下のcommentという文字をクリックすると、記入欄が表示されます)。※ただし、記事に無関係のコメント等は、管理人の一存で削除させていただきます。ご容赦ください。


MilanoClick for ミラノ, イタリア Forecast


「東北関東大震災」支援クリック募金
ライフログ
ブログパーツ
Powered By イーココロ!
以前の記事
カテゴリ
タグ
検索
最新の記事
勝った!
at 2017-07-03 00:05
今年のとらや
at 2017-01-02 23:31
クリスマスケーキ2016
at 2016-12-25 23:45
トナカイの名前!
at 2016-12-24 23:28
ひび割れ壺の話
at 2016-12-22 18:45
サッカーチームを乗せた飛行機墜落
at 2016-11-29 22:20
54年ぶりですってね 11月..
at 2016-11-24 07:50
RIO五輪 体操GARA な..
at 2016-08-18 21:43
初めての 「ひとり」 ブルー..
at 2016-07-15 23:51
参議院選挙!
at 2016-07-10 10:52
最新のコメント
お気に入りブログ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧