ケヤキの梢を見上げながら

<   2008年 09月 ( 42 )   > この月の画像一覧

清原感激 古巣で胴上げ! 私も感激した!

昨日、なんか、偶然、このシーン、見ちゃったんだ。
c0145920_15593318.jpg


テレビつけたら、オリックスベンチの清原くんが写ってて、
そっか、清原くんも引退なんだあとか思って、なんとなく見ていて、
そっか、久信くんは監督なんだよなあ、なんて、
秋山、清原のAK砲、工藤がやんちゃな顔して、伊藤がベースを守って、
いやあ、なんか、古き良き西武を思い出したりして。

んで、ゲームが終わって、球場全体から、清原コールが湧いて、
ふと見ると、西武、ベンチ前にずらりとライオンズの選手たち。
そこに歩み寄っていく清原くん。
久信監督が花束を渡して、清原くんが泣いてて、
んで、白×水色の選手に囲まれて、わらわらと一塁ベースに向かう大きな輪。
おお、古巣、西武の選手たちが胴上げしてくれるんだあ、
とそれだけでもちょっと、うるっと来たのに、
画面手前から、わらわらわらわらと、オリックス紺のユニフォームの選手たちが駆け寄って、両チーム入り乱れての胴上げ。見たことない、いい光景でした。
c0145920_160570.jpg


最後は、清原の3番を継いだ中島とユニフォーム交換。
あはは、野球選手のユニフォーム交換は、見慣れないねえ。
c0145920_1602859.jpg


この日、ゲーム前、「KIYOHARA」と名前が入った背番号3のTシャツが、
西武球団からプレゼントされたそうで、よかったねえ、清原くん。
(ちょいとおでぶすぎやしませんか)
c0145920_161540.jpg

c0145920_1612412.jpg

あのとき、西武を捨てて巨人なんかに行っちゃったのに、ライオンズは、温かいねえ。


10月1日が本当のラストゲームだそうですね。
スタメン4番で出場の予定らしいですけど、
こちらは仰木監督の愛を、バファローズ一筋の大ちゃん監督が汲み取ってるんだね、
きっと。

幸せ者だよ、清原くん。
[PR]
by ririe_ex | 2008-09-30 16:02 | スポーツ観戦系 | Comments(0)

ミラン、インテルに 1-0  o(^^)o

そのまま起きてるつもりだったのに、ちょろっとうとうとして、
やばっ!と跳ね起きたとたん、ロナウジーニョのゴールで、ミラン、先制です!

c0145920_710524.jpg

c0145920_7122926.jpg

c0145920_6472016.jpg

c0145920_6475267.jpg


いい感じですね!


とりあえず、先発、
アッビアーティ
ヤンクロフスキー、マルディーニ、カラーゼ、ザンブロッタ
ガットゥーゾ、セードルフ、アンブロジーニ、
カカ、ロナウジーニョ
パト

インテルは、
ジュリオ・セザル
マイコン、ブルディッソ、マテラッツィ、キヴ
サネッティ、ヴィエラ、カンビアッソ
イブラヒモヴィッチ、マンシーニ、クアレズマ

ロナウジーニョ、ここのところベンチを暖めたかいがありましたかね。
だいぶ、いい感じになってきました。

ゴールシーンは、カカからロナウジーニョの頭に、ドンピシャのふわっとパス。
なんか、カカは、ロナウジーニョがいると、ロナウジーニョへ、ロナウジーニョへって、
「譲ってる」みたいな、なんかそれが、以前は悪いほうへ働いてた感じがしたんだけど、
まあ、今日も、ちょっとやり過ぎな感じはしましたけど、
でも、まあ、いいや。点も入ったことだし、まだ今後、改善してくるでしょう。

c0145920_6495561.jpg

このアンブロさんのガッツポーズもいいですね。
闘志みなぎってみんなで闘うミランの雰囲気が出てきた感じですね。


後半、選手交代なしで、始まりましたが、
14分に、マテラッツィ → フリオ・クルス、マンシーニ → アドリアーノ
ははは、すごいね、インテル。
4トップ? イブラヒモヴィッチ、クアレズマ、クルス、アドリアーノ、
豪華だあ。怖いけど、いやあ、楽しいねえ、こんなメンバーがみんなピッチにいて。

関係ないけど、アドリアーノ、前から思ってるんだけど、
武蔵丸(お相撲さんの)に似てるよね、あらためて思っちゃった。
c0145920_1822865.jpg

                   もっと関係ないけど、
                   武蔵丸親方さん、
                   今年、結婚したんだね。
                   おめでとう!



c0145920_714954.jpg

このシーン、アドリアーノのハンドを取られたんだけど、ハンドでもなさそうに見えたけど。
でも、左手、ハンドと言われた左腕に、マルは見事にはじき返されてる感じだから、
ははは、ハンドを取っていただいて、ありがたかったですけどね。
このあと、思い切り、いい笑顔で二人でしゃべってましたね。
ああいうの、好き!

インテルが攻めまくる危ないシーンもあったけど、アッビアーティもいい働きしてる。

んで、後半29分、パト → フラミニ。
ほう。

やん、毎度のことながら、マルディーニ、危ないなあ。
31分くらいかな、危なかったですよね、その前、いいヘディングでクリアしてるのに、
ドリブルになると足がついていかないマル様。
その後の、アンブロさんのクリアに助けられたけど、
ここでゴールされてたら、また、みんなに責められちゃうよ、パオロさん。
よかった、気をつけてくださいよね!

そして、後半32分、ブルディッソが、今日、2枚目のイエローで退場。
せっかくいい感じなのに、退場者が出るのは残念ねえ。

なんて思ってたら、ベンチに下がったマテラッツィにレッド!
ありゃりゃ、なんなんだ!
マテラッツィも相変わらずのマテラッツィだけど、
なんか、やだなあ。カード出し過ぎな感じ。せっかくのデルビーを主審が荒らしてない?
主審、モルガンティ氏、副審はとしてニコライとパーピ。4人目は デ・マルコ。
覚えとこ。

39分、ロナウジーニョ → シェフチェンコ。
シェヴァ、がんばれえ!

43分、ガットゥーゾ → ボネーラ
ロスタイム、5分もあって、ぎゃあぎゃあ、危ないところもありましたけど、
イブラヒモヴィッチがいまひとつだったかな。
それに助けられましたねえ。
c0145920_7463715.jpg


それに、久しぶりに、まあ、ちょっと危ういところもありながら、よくパスも回って、
“あのころ”以降、温泉、大宴会しましたかね。
だんだん、攻撃に人が集まってきたっていうか、そんなミランが嬉しい。


はあ、そして無事、タイムアップの笛!
よかった。めでたい!
シェヴァもゴールこそなかったけど、ワクに向かっていく感じは出てきたよね。
c0145920_65158.jpg


ロナウジーニョ、最後に裸も見せてましたけど、だいぶ身体もしぼれてきましたかね。
c0145920_7152596.jpg


パトも前半終了間際のシーンなんか、惜しかったよねえ。
ガッちゃん、腕はまだ痛いのかなあ。闘志むき出しの、いい顔してたけど。
あ、ガッちゃん、もうギプスじゃないんだね。最後、素手になってる。
c0145920_6514123.jpg

でも、まだ大事にしてね。

マルは、…危ないところもあるけどさ、でも、やっぱ、そこにいてくれるだけで、いい!
c0145920_712543.jpg


いいようにいいように、いいところ、いっぱいあったんだから、
このいいところを、いいようにいいように、次につなげてほしいです!
[PR]
by ririe_ex | 2008-09-29 06:52 | スポーツ観戦系 | Comments(6)

ポール・ニューマンさんが亡くなった…

26日、ポール・ニューマンさんが、がんのため、
東部コネティカット州ウェストポート近くの自宅で死去とのこと。
83歳。

8月の初め、「余命数週間」、「自宅で死にたいと退院」というニュースがありました。
お望みのとおり、ご自宅で亡くなられたんですね。


以下、シネマトゥデイの、今日の記事を転載。


『明日に向って撃て!』『スティング』の俳優としてだけでなく、熱心なチャリティ活動家でも知られる名優ポール・ニューマンが26日、ガンのため亡くなった。83歳だった。パブリシストによると、家族に見守られながら自宅で息を引き取ったという。

アカデミー賞に10回もノミネートされたニューマンは、トム・クルーズと共演した『ハスラー2』で主演男優賞を獲得し、2つの名誉賞オスカーを受賞している。50本以上の映画で主演を務めたニューマンは、『スティング』『明日に向って撃て! 』『タワーリング・インフェルノ』『評決』などの名作を遺しただけでなく、ハリウッドでは珍しく50年以上も結婚生活が続いていることでも有名だった。ニューマンは1958年にオスカー女優のジョアン・ウッドワードと再婚。「浮気したいとは思いませんか?」と聞かれたインタビューでは、「家にステーキがあるのに、わざわざ外でハンバーガーを食べたいとは思わないだろう」と答えたという。

ニューマンは友人と一緒にオリジナルブランド“ニューマンズ・オーン”でポップコーンやドレッシングなどを販売する会社を設立。会社の利益はすべてチャリティに寄付され、2007年までに寄付された総額は1億7500万ドル(約175億円)と発表されている。ニューマンには妻ジョアンとの間に3人の娘がいるほか、前妻ジャクリーヌ・ウイットとの間に娘が二人と息子スコットがいる。1978年にスコットが薬物の過剰摂取で死んだことをきっかけに、スコット・ニューマン基金を立ち上げ、学校などで上映するための、子供向けドラッグ防止の映画の制作などを行っていた。



また一つの時代が終わった感じがしますね。


歳をとって、「自分の時代の人が、どんどん亡くなっていく」と、
よく、父も母も、嘆いていたことがありましたけど、
ほんとに、私もだんだんそういうところに近づいてきてるな。


ポール・ニューマンさん、素晴らしいたくさんの映画を、思い出を、ありがとう!
ご冥福をお祈りします!
[PR]
by ririe_ex | 2008-09-28 18:53 | 時事ネタ系 | Comments(0)

「問題発言辞任」、“ずる賢さ”さえないのは情けない!

中山成彬(なりあき)国土交通相(65)が、就任からたった5日で、
成田空港の拡張が進まなかった原因を「(地元住民の)ごね得」と言ったとかいう
「問題発言」の責任を取って、辞任だそうです。


えっと、いま、ちゃんと調べる気もないんですけど、
この手の「問題発言辞任」、しょっちゅう、ニュースになってる気がします。

これまで何人くらい、「問題発言辞任」したんでしょうね。


なんかさ、「ばっかじゃないの」っていつも思ってしまうんですけど。
「なんで、問題発言、しちゃうんだろ」って考えると、
本人にとって、「問題」じゃないからなんですよね、きっと。

まあ、「問題発言だあ」って騒ぐ側に問題があることもあるかもしれませんけど、
“大臣になった”という意識をもって、そのあたりもう少し、お利口に考えていただきたいです。

「上手くやる」って、「がたがた言われないように気をつける」っていう、
それだけを取ったら、ずる賢いだけのヤツかもしれませんけど、
「ずる賢い」ということは、やっぱり、ある意味、ちゃんと「賢い」んですから、

「ずる賢くもない」っていうことは、「賢くない」んだと、私は思います。
そんな方は、さっさと大臣なんていう職を降りていただいて、全然、いいんですが、
できれば大臣になったときに、もっと、自分の立場を認識していただきたいと思います!

甘いよ、甘い!!!!!
[PR]
by ririe_ex | 2008-09-27 23:42 | 時事ネタ系 | Comments(0)

「来た来た来たあ!」と言っていただいた(嬉)

始めたばかりのソシアルダンスですが、今、いちばんの楽しみは、
男性のタイミングを「聴けた」瞬間です。

バレエでは、組んで踊っていても、“個”と“個”の踊りである部分が大きくて、
もちろん、“サポート”が上手な男性と踊れば、ちゃんとサポートしてもらえるんだけど、
それってあくまでサポートで、

いや、呼吸を合わせたり、「今から次の行動に出ますよ」みたいなタイミングを合わせて、
もちろん、“一緒に”踊るんですけど、

でも、やっぱ、その際も、言葉の通り、あくまで、
“女性が踊る”のを男性が“サポート”してくれてるっていう感じなんですよね。

対して、ソシアルでは男性がリーダーで女性がパートナー。
あくまで、男性の呼吸、リズム、足を出す大きさ、方向などなどを、
女性が感じ取って、同じようにできると、「いい感じ」になるんです。

ここのところ、初級のグループレッスンにも、よく出てくださる、かなりお上手なおじさまがいらして(といっても、おそらく、年齢的に、そんなに上でもないのかもしれないんですが、ははは)
その方は、奥様をパートナーにしていらして、お二人でも、よく参加されてるんですが、

最初、ホントに、右も左もわからない状態の時に、一緒に踊っていただいて、
それから2か月くらいかな、
最近、ときどき、「おお、来た来た、いいですよ、来ましたよ」とか言ってくださるんです。

「行きましたか」
「うんうん、来ましたよ」

なんて、変な会話ですけど、それを聞けると、嬉しいんだな。


このあいだ、バレエでは、よく一緒に踊っていた男性(例のパロディモノで私を“愛人”にしていたHさんです)が、私が通っているスタジオのグループレッスンに来てくれて、一緒に、踊ったんですけど、
そのとき、何回か踊るなかで、Hさんも、「お、来ましたねえ」と発声!


女性は男性を「聴き」、男性は女性が聴けた状態を「来る」って言うのは一般的なんですかね。
なんか、まあ、わかる気がする気もするようになってきましたけど、
この「来た来た」が、今、一番の、楽しみです!
「やったあ!」感があるんだよね。

ふふふ、変な文章だなあ。
なんか、伝わるでしょうか。ははは。
[PR]
by ririe_ex | 2008-09-27 23:38 | 踊り関連 | Comments(0)

レッジーナ戦、2-1、勝ってて、よかったです!

今日(25日)は寝坊しちゃって、やばやばで、とりあえず、結果だけチェックして、
よかったあと、出かけました!

第4節、レッジーナ戦、2-1で勝ってました。
なにはともあれ、まずは、よかったです!

先発は、
GK:アッビアーティ
DF:ザンブロッタ、ボネーラ、カラーゼ、ファヴァッリ
MF:フラミニ、ガットゥーゾ、セードルフ、カカ
FW:ボリエッロ、パト

マルディーニがベンチで、カピタノはリーノ・ガットゥーゾ。
c0145920_147238.jpg


前半24分、カカへのファールからフリーキック。
セードルフ→ボリエッロの頭にぴったしで、綺麗で勢いのあるヘディング!
c0145920_1472610.jpg


後半に入って、14分、ボリエッロ→シェフチェンコ。
ボリは太ももを痛めたらしく、心配です! インテル戦、どうかなあ。

その後、レッジーナ、FKからシュート。で、同点!

後半16分、フラミニ→アンブロジーニ。
フラミニは、前半早々、イエローをもらって、その後もファウルが多かったそうで、
さすがに疲れたのかな。交代は賢明ですね。

後半29分、シェフチェンコ→カカ→パトが落ち着いてゴーーール!
c0145920_147562.jpg


後半38分には、パト→エメルソン。
で、なんとか守りきって、2連勝!


ハイライトでしか観てませんけど、
そうそう楽勝ムードではなかったですね。
レッジーナが攻め込むシーンもいっぱいあったみたい。

とはいえ、勝ったことは大事です!

ガッちゃんはすごいねえ。
ラツィオ戦のあとはだいぶ腫れていたという記事もありましたけど、
だって、あの、ギプスみたいなので固めた腕からスライディングしてたりしてたもん。
なのに、中3日で、キャプテンマーク付けて、フル出場!
インテル戦にはどうしてもいてほしいんだけど、大丈夫かなあ。

ボリも心配です!
重傷じゃありませんように!

開幕以来、ロナウジーニョが出なかったのは、初めてだね。
インテル戦には先発させたりするのかなあ。
ロナウジーニョには、調子を取り戻してもらって、ミランに来てよかった!って、
ロナウジーニョ自身にも、そして、今、「いらなかったんじゃん?」って批判している人たちにも思ってほしいけどね。

ま、とにもかくにも、週末にはデルビー(インテルとのミラノダービー)。
どうしても、デルビー男、シェフチェンコの完全復活を期待してしまいますねえ。
心の声としては、急に期待をかけずに、ゆっくり見守ってあげたい気もすんだけど…。


ま、いいや、とにかく勝ってよかったっす。
[PR]
by ririe_ex | 2008-09-26 02:01 | スポーツ観戦系 | Comments(0)

ミランvsレッジーナ、ボリエッロがゴール!

放送ないから寝るつもりだったのに、なんやかやしてたら、こんな時間になっちゃって、ちょろっと速報見たら、

前半23分、ボリエッロがゴーーーーール!


幸先、いいから、寝ます!
明日の朝、いい結果が見られますように!

p(^^)q
[PR]
by ririe_ex | 2008-09-25 04:09 | スポーツ観戦系 | Comments(0)

麻生内閣の顔ぶれ (just覚え書き)

なんの波瀾もなく、第92代の首相は麻生太郎さん。
誰が大臣なのか、覚える間もない短命内閣になりそうだから、(^^ゞ
麻生内閣の顔ぶれ、ちょいと覚え書き!

 総理     麻生 太郎(衆)
 総務     鳩山 邦夫(衆)
 法務     森  英介(衆)
 外務     中曽根弘文(参)
 財務・金融  中川 昭一(衆)
 文部科学   塩谷  立(衆)
 厚生労働   舛添 要一(参)
 農水     石破  茂(衆)
 経済産業   二階 俊博(衆)
 国土交通   中山 成彬(衆)
 環境     斉藤 鉄夫(衆)
 防衛     浜田 靖一(衆)
 内閣官房   河村 建夫(衆)
 国家公安   佐藤  勉(衆)
 行政改革   甘利  明(衆)
 経済財政   与謝野 馨(衆)
 消費者行政  野田 聖子(衆)
 少子化    小渕 優子(衆)

んんん、なんか書こうかと思ったけど…、ノーコメントにしよ!
おしまい。
[PR]
by ririe_ex | 2008-09-25 03:48 | 時事ネタ系 | Comments(0)

グルジア人力士

大相撲、
その昔、父や母が元気だった頃は、二人が見てるので、なんとなく私もよく観てました。
思い起こせば、その昔、琴錦が結構好きだったなあ。
あはは、大昔だ!

父が、「琴ってついてるのはみんな佐渡ヶ嶽部屋なんだぞ」と教えてくれて、
そうそう、急に思い出したけど、琴ノ若を何度か、以前住んでいた代々木上原の駅で見かけたことがあって、
琴だから、琴錦と同じ佐渡ヶ嶽部屋だ!とか思って、小さく、応援してたな。

でも、最近は、なんだかんだ、不祥事のニュースを見るくらいだったんだけど、

久しぶりに、ちょろりとテレビ観戦してみたら、
グルジア人力士がいるんだね。
(すいません、まったく門外漢で…)

ACミランのカハ・カラーゼがグルジア出身で、
この間、ロシアとの軍事衝突の際に、カラーゼが窮状を訴える会見をしたという記事を書きましたけど、

グルジア人力士に目がとまったのは、カラーゼがグルジア出身だというだけのきっかけなんだけど、ちょっと応援してみようかなと思っちゃった。

この9月場所では、幕内だと、
東の前頭十枚目に栃ノ心、十六枚目に黒海、この二人がグルジア人力士。

偶然、観たのは、黒海の相撲だったんだけど、調べてみたら、
二人とも11日目を終わって7勝4敗。
勝ち越しまでもう一番ですね。

幕下には、西の四十三枚目に臥牙丸(ががまる)なんていうのがいたぞ。
ガガマル、いい四股名ですねえ。

小さく、こんなところから、応援してるよお!
[PR]
by ririe_ex | 2008-09-25 03:26 | スポーツ観戦系 | Comments(0)

筋肉は語る! ソシアルダンスは太極拳だった!?

今日、どれくらいぶりだろう、少なくとも4か月ぶり、
それまでは、ほぼ毎週、身体をみていただいていたトレーナーの先生、
藤原先生のところに行ったの。

昨日(22日)から、母指屈筋腱炎らしき状態がひどくて、
つまり外反母趾になりそうな感じのような、(^^ゞ、右足の親指の付け根が痛くて、
昨日(22日)のスタジオからの帰りは、とぼとぼしか歩けないほどで、
今朝はだいぶ改善してたけど、でもやっぱり、この状態は、全身に影響を与えていそうだなと思って、放らないほうがいい気がして、
急遽、マッサージの予約を入れていただいたのでした。


ここが痛い!と話したのち、とりあえず全体をほぐしてもらうことにして、
裏面(うつぶせで首から足裏まで)のマッサージを終えたところで、

「ririeさん(いや普通に名前ですけど、ここではこれで記しておきます)、なんか身体が大きくなりませんか?」って。

私「はああ? どういう意味ぃ?」(苦笑)
藤原先生「いや、体重はどうかわかりませんけど、太ったという印象じゃなく、体幹がしっかりしてるって言うか、筋肉の付き方が変わったって言うか。まあ、ご存じの通り、歯に衣着せない私のことですから、太ったっていうなら、ちょっとデブになりましたねえって言いますが、そうじゃなく、肩胛骨回りの筋肉も、スネの筋肉も大きくなった印象で…」


ということで、ここで初めて、
「実は社交ダンスを始めて、いろいろ身体の使い方が変わった気がしていることはたしかで、バレエから逃げたって言うかバレエ以外のものって思って始めた社交ダンスなのに、それがバレエに役立っているんだあ」
という話をしたところ、
「ふううんんん、もし、それが要因で、いま、ririeさんの身体がこんなふうに変わったなら、ほかにも社交ダンスを薦めてあげたい人が、ふと思い浮かぶだけでも、3人はいますねえ。今まで、太極拳は薦めたことはあったんですけどね、社交ダンスとは思わなかったけど、おもしろいなあ」
って。

んで、それからいろいろ話をして、私もホントにおもしろいと思ったけど、
社交ダンスと太極拳、それをバレエと比較して考えると、
社交ダンスと太極拳には共通項がある。


いや、私もソシアルをやってみるまではわからなかったけど、
体重移動の方法と、足首の使い方が、バレエとソシアルは、全然、違うんだ。


たとえば、前進するとき、ソシアルではかかとから進むというのがあるけど、
バレエでは、私の知る限り、あり得ない。
(ブーツとかを履いたりするキャラクターダンスでは部分的にあるけど)

同じように大きな違いで、片足から片足へ体重を乗せ換えるとき、
バレエでは、一気に移動することが多いと思うし、移動後は完全に片足に乗る。
移動の途中に両足の真ん中に立つというところを経て乗せ換える動きはあるけど、
その場合でも、最後に床を蹴って乗せ換えるのはつま先、足の裏なんだ。

でも、ソシアルは、先に出る足(リーディングフット)に体重を移しきるのではなく、
後から来る足(サポーティングフット)も引っ張りながら、最終形も中間よりややコチラっていうことも多いみたい。
しかもサポーティングフットは、最終的に、かかとで床を押してくる。
つまり足首を縮めて、フレックスまでは行かないけど、つま先は上げて、引っ張ってくる。
しかも、体重移動後の足の膝は、まず、伸びきってはいない。


考えるに、この動きが、弱かった私の足首回り、スネ回りの筋肉を鍛え始めているんじゃないかと思う。


んで、太極拳。
思い起こしてみると、上体の動きこそ違うけど、足首回りの動きで考えると、
同じような動きがいっぱいあるよね。
想像、できました?
うにゃ~って、ゆっくり片足に体重を乗せ換えていくときの、後から来る足。
たぶん、筋肉の使い方は似ていると思う。

(肩胛骨回りは、前にも書いたけど、とにかく、社交ダンスのおかげで、背中を上げて使えるようになってきているので、それだけで、鍛えられつつあるんだと思う)。


いやあ、やっぱり、人間の身体はすごい!
筋肉っておもしろい。


これまで、一応、それなりにかなりの頻度でバレエのレッスンをしてきて、
日々、筋肉を使ってきたから、
今、自分がどういうふうに筋肉を使ってるかがわかるんだよね。

そして、これまでいつも自分の筋肉にちゃんと向き合ってきたから、
今、この社交ダンスの経験が、また、バレエに活かせてるんだよね。


んんん、感慨深いなあ。
筋肉は語るなあ。
[PR]
by ririe_ex | 2008-09-24 01:55 | 踊り関連 | Comments(0)



すぐ忘れちゃうから、忘れたくないことを、書きとめておこうかと思って… (^^ゞ
初めてブログにいらした方へ
♪ただの「ひとりごと集」ですが、ご意見、ご感想等、ぜひコメントを残していってくださいませ。(記事下のcommentという文字をクリックすると、記入欄が表示されます)。※ただし、記事に無関係のコメント等は、管理人の一存で削除させていただきます。ご容赦ください。


MilanoClick for ミラノ, イタリア Forecast


「東北関東大震災」支援クリック募金
ライフログ
ブログパーツ
Powered By イーココロ!
以前の記事
カテゴリ
タグ
検索
最新の記事
最新のコメント
お気に入りブログ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧