ケヤキの梢を見上げながら

<   2008年 11月 ( 37 )   > この月の画像一覧

ヒマラヤツリー、点灯!

今年も庭のヒマラヤ杉に電飾を付けてもらって、ヒマラヤツリーになりました。

c0145920_21303521.jpg


なんか、去年より、ちょっと寂しいかなあ。
ヒマラヤ杉の手入れをしないで、多少、ふさふさの回りに付けてもらったらよかったのかな。
c0145920_21314246.jpg

c0145920_21315796.jpg


ま、でも、十分、楽しいです。
植木屋・永井さん、今年もありがとうございました。

忙しい日が続くけど、帰ってくる楽しみができた!
[PR]
by ririe_ex | 2008-11-30 21:35 | 身の回りの出来事 | Comments(0)

紅葉-高橋是清翁記念公園編

前を通りかかったら、奥のほうの梢に燃えるような赤い色。
ふらふらと中に入ってみました。
c0145920_11584779.jpg


見上げればこんなに素敵。
実物はもっともっときれい。
c0145920_11593877.jpg
c0145920_11595736.jpg



高橋是清って、2・26事件で暗殺された、時の大蔵大臣…ですよね。

その昔の仕事で、いろんな政府観光局に写真を借りに行ったりしたこともあり、
お隣のカナダ大使館には何回か来ていて、この公園があることは知っていたんですが、
中に入ったのは初めて。
奥のほうには是清像が鎮座ましましていました。
c0145920_1244847.jpg


是清邸跡地だそうですが、入ってみると広くて、きれいな公園でした。
ははは、仕事の合間に観光してしまった。
こういう余裕を、大事にしていきたいな。
[PR]
by ririe_ex | 2008-11-30 12:05 | 身の回りの出来事 | Comments(2)

ミラン、ポーツマス戦、2-2の引き分けで、グループ突破!

結局、起きなかったし、まだハイライトしか見てませんが、
ロナウジーニョのゴールは素晴らしかったですね。

2-0とされて、カカ、シェヴァが、ロナウジーニョ、パトに交代して、
ロナウジーニョが入って、流れが変わったという感想を書いているブログも結構あって、
やっぱ、いい感じになってきたんですかね。

シェヴァもいいシュートもあったらしいけど、惜しくもワクをはずれたらしく、
もう一歩かな。
c0145920_2331356.jpg
でも、イギリスの地で、こんなふうにファンにも囲まれたみたいだし、
うん、待ってるよ、シェヴァ、頑張れ!
c0145920_2335452.jpg



同点ゴールはインザーギ。
後半ロスタイムで、追いついたとのこと。
これでUEFAカップ、グループEの突破を決めたわけだし、相手はポーツマス、
アウェイ戦だし、寒そうだし、よかったですね。

インザーギのゴールシーンで、ピッポ、カピタノマークを付けてたので、
えええっっって、驚きましたが、
このゲーム、カピタノ・リーノ(ガットゥーゾ)→カピタノ・リッキー(カカ)→カピタノ・ピッポ(インザーギ)と、カピタノマークがわたっていったようで、おもしろいから記録!
c0145920_235418.jpg
c0145920_2355189.jpg
c0145920_2363423.jpg



それにしても寒そうです。
前日練習のパト。あはは、冬に遊んでるこどもみたいだ!
c0145920_238426.jpg

[PR]
by ririe_ex | 2008-11-28 23:08 | スポーツ観戦系 | Comments(2)

疲れた…

なんか、日々、忙しく生きてきているのは、これまでもずっとそうなんだけど、
今日は、なんか、すっごく疲れた…。

「なんのために」いそがしく過ごしているのか、
そこが揺らぐと、やっぱ、ダメなんだね。

はああああ、あと数時間でUEFAカップ、ポーツマス-ミラン戦。
起きられるかなあ。
ま、とにかく、寝よう! うん、こんな時は寝てしまおう!
[PR]
by ririe_ex | 2008-11-28 00:43 | 日記 | Comments(0)

ミラン、UEFAカップ、ポーツマス戦の招集選手

ミランは明日夜のポーツマス戦のために、イギリスに飛び立ったようですが、

招集選手は、
アッビアーティ、ジーダ、カラッチ、
アントニーニ、ボネーラ、ダルミアン、ファヴァッリ、カラーゼ、センデロス
ザンブロッタ、アンブロジーニ、エメルソン、フラミニ、
ガットゥーゾ、ピルロ、セードルフ、
インザーギ、カカ、パト、シェフチェンコ、ロナウジーニョ

ほお、
カラッチ、アンブロさん、アントニーニ、センデロス、ザンブロさん、みんな復活のようですね。
よかったです。

ボリエッロはまだみたいですけど、ネスタはどうしてるかなあ。

ヤンクロさんとマルディーニが呼ばれてないけど、お休みっていうことだよね。
だったらいいけど。
どこか傷めたりしていませんように!
[PR]
by ririe_ex | 2008-11-27 00:12 | スポーツ観戦系 | Comments(0)

スローのスウィングがちょっとだけわかったぞ!

スローフォックストロットは、初級のクラスで8回くらいレッスンに出て、
今、中級のクラスで、今日が3回目。

“一周”と呼ばれる一連の踊りでは、これで3周。

プライベートでも何回か教えていただいたんだけど、
とくにリバースウェイブが、どうにもこうにもうまくいかなくて、
初級の2週目にも出てきたんだけど、今やってる中級の1週目でも、
ここにくると先生が、“おおおおお、怖い、怖い、怖い”と、ぎゃああとか、わざと叫ぶ。

“怖い”っていうのは、私が次にどこに足を出しそうかが、先生に伝わらなくなるから、
蹴られそう、踏まれそう、わわわ、どこに来るかなあと“怖く”なるのだそうで、

その原因は、これまでにも、
○腰が離れると(ちゃんとしたホールドじゃなくなると)わからなくなるとか、
○膝が伸び切っちゃって、とっとっとっと、って前に進んで行っちゃうのだとか、
○体重を乗せ換えるのが早すぎるとか、
いろいろいろいろ指摘していただいて、やろうとしてるんだけどうまくいかなくて。

んで、昨日のプライベートレッスンでは、先生は“超マニアックなレッスン”と評して、
「大丈夫ですかあ、こういうので。これを始めちゃうと、自分がどこまでもマニアックにやってっちゃって、なんか、スパルタレッスンになってませんか」なんて気にしておられましたが、
私には“望むところ”というか、なんか、こういうのやりたかった。

すっごく、地味な、一歩一歩を確認しながら、上体を伸ばしていくという練習で、
「先生はそういうの、これまでどうやって練習してきたんですかあ」って伺ったら、
ボーリングするみたいに、“ぐうぉーん”って、軸をそこに置いたまま上体を広げていく方法も教えていただいたんだけど、

「やっぱり、スローを踊るのは、練習方法として、いいと思いますよ」と、
「そういう身体の使い方がたくさん出てくるから、そのなかでコツを掴めば、ほかの種目にも役に立つと思うし、上達したいということであれば、近道かもしれないですよ」って。

んで、ものすごーく、音楽をゆっくりにして、その間、えんえん中間バランスを保ったり、
ヒールターン一つにしても、
「先に身体をもっと使って」、「そのままそこにいて」って、
「まだ伸びられる」、「もっと力を抜いて伸びて」、「もっと肩胛骨を広げて」って、

ありゃ、結局、やっぱ、バレエのポールドブラの使い方につながってるね。


んで、その身体の伸び方をステップとつなげていくと、
お、知らず知らずのうちに、スウィングになってる。
ちゃんとスウェイもかかる。


「Dance Wing」という雑誌に、
マーカス&カレン・ヒルトン組が教える「リバースウェイブ攻略法」
というのが載っていて、初級のスローをやってる頃に読んで、よくわからなかったのが、
今、読み返してみると、ちょっとわかる!

今日、中級スローのグループレッスンでも、ちょっとうまくいったんだ。
先生にもぎゃああって叫ばれなかった。(笑)


うんうん、やっぱ、マニアックレッスン、よかった。
今後もマニアックレッスン、してもらおう!(^^ゞ
[PR]
by ririe_ex | 2008-11-26 23:52 | 踊り関連 | Comments(0)

NEIGE、発表会を観てきました

毎々、ほんとに、お客さんを楽しませる舞台で、楽しかったです。


踊ってる人たちは拙いところもいっぱいあるんだけど、
ちりばめられた、ほんわかした演出で、
先生のお人柄ですね。

男性ゲスト5人、みなさん、舞台を盛り上げてくださいましたが、
なかでも、佐々木大さんと長瀬伸也さんは、やはり素晴らしかった。

しかも、おそらく先生のおはからいで、
それぞれが踊られた古典の作品でも、元の振付を少し変えて、
お二人の素晴らしいところを堪能できるように構成されたのだと思いますが、
そういうお心遣いが、観るものを楽しませてくれます。

どこまで古典の振りに忠実であるか、
そこはいろいろ先生によってお考えもあると思います。

個人的には、あまりにも生徒のレベルにあわせて、簡単に変えてしまうのも好きじゃないし、
逆に、これは無理でしょ!っていう振りをそのまま、初心者に踊らせてしまうのも、
観ているほうが辛くなってしまったりして、それもどうかと思うので、
まあ、そのさじ加減が難しいところなのだと思いますが。

今日は、とにかく、いい塩梅でした。
先生が大切にしていらっしゃるものが、透けて見えてきたような、
あたたかい楽しい舞台でした!


そうそう、「赤頭巾ちゃんとおおかみさん」という演目がありました。
「おおかみ“さん”なんだ」って、最初はただ単に“さん”を付けただけかと思いましたが、

じつはここに出てくる“おおかみさん“は、
その姿が怖いためにいつもひとりぼっちの寂しいおおかみさんで、
「狼は怖いから気をつけてね!」と赤頭巾ちゃんに話していたお母さんが
そのおおかみさんの寂しさを知って、
「みんなで踊りましょ」と、結局、おおかみさんと仲良くなるお話だったのでした。

まだよちよち歩きのようなお子ちゃまも一緒に踊る演目で、
いいですね、こういう優しい物語をこどもに踊らせるのは…。
これまた、先生の心が透けて見えるようでした。
素敵です。


先生、そして皆様、お疲れさまでした。
楽しかったです!
[PR]
by ririe_ex | 2008-11-25 00:28 | 踊り関連 | Comments(0)

ミラン、第13節 トリノ戦、引き分けかあ

c0145920_1342512.jpg昨夜、インテル-ユーヴェ戦、インテルが1-0で勝ったゲームを見て、
久々に呼ばれたアドリアーノを始め、みんなむちゃくちゃ嬉しそうで、
とりわけ、モウリーニョさんの、すっごく嬉しそうな、はちきれそうな笑顔に、

これは、ミラン、絶対にトリノに勝って、ここで勝ち点1差を死守しないと、この後が厳しそうだぞ、と、
インテルは勢いづきそうな予感がするぞ、と思ったのですが、


はああ、ミランって、どうして、こうなんでしょうねえ。


先発は、
アッビアーティ、
ボネーラ、マルディーニ、カラーゼ、ヤンクロフスキー、
ガットゥーゾ、ピルロ、セードルフ、
カカ、ロナウジーニョ、
パト

ベンチに、
ジーダ、アントニーニ、フラミニ、ファヴァッリ、エメルソン、シェフチェンコ、インザーギ

なにはともあれ、ピルロ~、おかえりなさあい!
c0145920_13513043.jpg

いやあ、ほんとに、長かったねえ。
やっぱ、そこにピルロがいるのが、いい!

ロナウジーニョがいなかったら、去年と同じ布陣だね。あはは。
c0145920_13514598.jpg


んで、ゲーム。
前半、トリノ、ジャマイリのいいシュートとかもあって、いいパスもつながってたし、
なんだか、攻め込まれ続けで危ないなあというなか、
25分、トリノのステローネにさらっとゴールを決められて、

でも29分、ガットゥーゾのパスから、見事なパトのゴーーール!
c0145920_1352680.jpg

ガッちゃんのパスは、結構、強くて早くて、
それをワントラップで、ゴールに向いて、シュート。
パト、上手かった!
こういうところがやっぱり、すごいやね。
c0145920_13524924.jpg

続いて34分、カカがもらったフリーキックを、ロナウジーニョが決めて、逆転。
c0145920_1353093.jpg
ここは、カメラもずっとピルロを追ってたし、ピルロンが蹴るんだと思っちゃったよね。
きっとトリノの選手たちもピルロだと思っただろうね。
また、ピルロも役者で、蹴るぞ蹴るぞっていう顔してたしね。

ともあれ、ロナウジーニョのシュートも、見事でした。
c0145920_13534659.jpg

ベンチに走っていって抱き合ってた相手は、シェヴァかなあ。
だったらいいなと思ったけど、ピッポもベンチにいたんだった。
いやいや、ほかの誰かかもしれないけど。ちょっと、シェヴァだったらいいなと。
(^^ゞ


ま、そんなこんなで、いい感じで前半を終わったのに、
後半、“もっとよく”、なかなか、ならなかったですね。

同点にされたPKは、カラーゼのハンドの判定。
c0145920_1340733.jpg

カラーゼは、スカイのインタビューで、「腿に当たってから手に当たったんだ」と、「審判は近くで見ていたはずだ」と残念がってますけど。んんん、どうだろう。はっきりハンドっぽい気もするけど。ただ、ああいうときのカラーゼの哀しそうな顔は、ホントに気の毒な気がする顔するよねえ。
一応、その主審はファリーナさん。
c0145920_13393413.jpg


ほんとに残念なゴール、残念な引き分けだったけど、
ま、とにかくそうなってしまったものはしょうがない。

79分になって、ガットゥーゾからシェフチェンコに交代。
(その前にピルロがエメルソンに交代)

シェヴァには、もう少し、時間をあげてほしいけど。
ま、とりあえず、出してくれただけでも、一歩前進かな。惜しいシーンもあったしね。

週中のUEFAカップに期待しましょう。

カンピオナートは次節、現在11位のパレルモ戦。
イギリスに行って、南のパレルモへ。行ったり来たり、大変だけど、
怪我のないように、両方とも、勝ちましょうね!
[PR]
by ririe_ex | 2008-11-24 12:36 | スポーツ観戦系 | Comments(0)

本日の紅葉ロード

まだ微妙ですね。
c0145920_20145156.jpg


日の当たっているところのほうが早く紅くなるのかな。
c0145920_19465418.jpg


またそのうち!
[PR]
by ririe_ex | 2008-11-23 19:47 | 身の回りの出来事 | Comments(0)

裁判員制度、宿泊を必要とするケースが多そうという話

来年5月から施行される裁判員制度、この28日から、候補者への通知が始まる。

裁判員になることは、一応“義務”だから、
辞退もできるけれど、遠隔地に住んでいるというだけでは、辞退事由にならない。
んで、宿泊が必要と認められれば、宿泊費も支払われるんだけど、
毎日新聞の地裁に対するアンケートで、宿泊が必要なケースが多そうだったんだそうだ。

“管内”の幅があまりにも広いんだね。
ちょっと、興味深かったので、以下、毎日新聞のニュースの全文。


<裁判員制度>地裁の8割、宿泊想定…到達時間、20倍の差

 来年5月施行の裁判員制度を実施する全国60地裁・支部のうち約8割の49カ所で、宿泊が必要な裁判員が生まれる可能性の高いことが、毎日新聞のアンケートで分かった。管内の裁判員候補者が裁判所に到着するのに最も長くかかる時間(推定)について、宿泊の必要性が低い「3時間未満」と答えたのは11カ所だった。最高裁は裁判員裁判の7割が3日以内で終わるとしているが、多くの地域で想定以上に拘束される裁判員が出そうだ。

 裁判員制度施行半年前の準備状況を聞くため、10月下旬、郵送でアンケート。今月中旬までに60地裁・支部から文書回答を得たうえで、追加取材した。

 「最長到達時間」への回答で、最長は小笠原諸島の住民を想定した東京地裁の「1日半程度」。最短はさいたま地裁の「1時間50分程度」で、その差は約20倍に達した。長野地裁と同地裁松本支部、宮崎地裁の3カ所は未試算だが、いずれも「宿泊が必要な可能性がある」とした。

 裁判員の選任手続きは通常午前9時~9時半ごろ始まるとみられ、間に合わなかったり、裁判終了後に当日中の帰宅が困難な時は宿泊が認められる。宿泊料は実費でなく、地域によって7800円か8700円が支払われる。裁判所への移動は公共交通機関の利用が原則で、鉄道、船、飛行機は利用分の運賃、バスやタクシーの場合は1キロ当たり37円が支給される。

 最長到達時間が3時間以上の地域は交通アクセスが不便なケースが多く、宿泊になる可能性が高い。「3時間程度」とした高松地裁は、船便のダイヤの関係で始発便に乗っても開始時刻に間に合わない離島が出ると予想。「3~4時間程度」の佐賀地裁も「離島については、ほとんどの場合、宿泊が認められる」と推測する。離島以外でも「3時間程度」とした富山地裁は「駅までの距離や鉄道ダイヤの関係で、宿泊の必要性がある人が出そうだ」と話している。

 前日から泊まる必要があると、裁判が3日で終わっても、拘束は事実上4日間になる。最高裁は「辞退を認めるかは各裁判所の判断。ただ、管内に居住する場合、法令は遠隔地というだけでは辞退理由として認めていない」としている。【玉木達也、川辺康広】

◇地裁別最長到達推定時間◇

※カッコは支部名
札幌   約3時間45分
函館   約7時間
旭川   10時間程度
釧路   約6時間
青森   4時間~4時間半程度
盛岡   3~4時間程度
仙台   4時間以上
秋田   3時間程度
山形   約5時間
福島   約3時間
(郡山) 約5時間
水戸   4時間前後
宇都宮  2時間~2時間半程度
前橋   約2時間半
さいたま 1時間50分程度
千葉   約2時間10分
東京   1日半程度
(八王子)3時間程度
横浜   2時間半程度
(小田原)2時間程度
新潟   3時間35分
富山   3時間程度
金沢   3時間程度
福井   3時間半程度
甲府   4時間程度
長野   調査を検討中
(松本) 調査を検討中
岐阜   4時間以上
静岡   4時間前後
(沼津) 4時間前後
(浜松) 4時間前後
名古屋  2時間半程度
(岡崎) 約3時間
津    3時間以上
大津   2時間程度
京都   4~5時間程度
大阪   2時間程度
(堺)  2時間以内
神戸   3時間以上
(姫路) 約3時間
奈良   4時間半~5時間
和歌山  5時間程度
鳥取   約4時間
松江   約4時間40分
岡山   2~3時間程度
広島   4時間程度
山口   5時間程度
徳島   3時間半程度
高松   3時間程度
松山   3時間以上
高知   約5時間40分
福岡   3時間程度
(小倉) 2時間半程度
佐賀   3~4時間程度
長崎   7時間程度
熊本   4時間以上
大分   4時間以上
宮崎   調査中
鹿児島  約13時間半
那覇   6時間程度
[PR]
by ririe_ex | 2008-11-23 12:03 | 時事ネタ系 | Comments(0)



すぐ忘れちゃうから、忘れたくないことを、書きとめておこうかと思って… (^^ゞ
初めてブログにいらした方へ
♪ただの「ひとりごと集」ですが、ご意見、ご感想等、ぜひコメントを残していってくださいませ。(記事下のcommentという文字をクリックすると、記入欄が表示されます)。※ただし、記事に無関係のコメント等は、管理人の一存で削除させていただきます。ご容赦ください。


MilanoClick for ミラノ, イタリア Forecast


「東北関東大震災」支援クリック募金
ライフログ
ブログパーツ
Powered By イーココロ!
以前の記事
カテゴリ
タグ
検索
最新の記事
勝った!
at 2017-07-03 00:05
今年のとらや
at 2017-01-02 23:31
クリスマスケーキ2016
at 2016-12-25 23:45
トナカイの名前!
at 2016-12-24 23:28
ひび割れ壺の話
at 2016-12-22 18:45
サッカーチームを乗せた飛行機墜落
at 2016-11-29 22:20
54年ぶりですってね 11月..
at 2016-11-24 07:50
RIO五輪 体操GARA な..
at 2016-08-18 21:43
初めての 「ひとり」 ブルー..
at 2016-07-15 23:51
参議院選挙!
at 2016-07-10 10:52
最新のコメント
お気に入りブログ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧