ケヤキの梢を見上げながら

<   2011年 01月 ( 35 )   > この月の画像一覧

おめでとう! ザックジャパン! 観なくてよかった!^^

最近、私がライブ観戦しないほうが、勝つんです・・・。
観たかったアジアカップ決勝オーストラリア戦、
心を鬼にして゚。(*^▽^*)ゞ 寝ました!


起きて、まず、結果をチェック!

やた~~~~~!!!
勝ったぞ~~~~~!!!

と、ひとり叫び、仕事に出かけました!アハハ

帰ってきて、ようやく録画を観たよ!




素晴らしい!
よく守りました!!!
ケーヒル、キューエル、マッケイ、
オーストラリアはちゃんとおなじみの選手達が、けして調子が悪かったわけじゃないよね。
川島もさることながら、みんなよく守ってるよ!
やっぱ、ザッケローニさんは、「攻撃的」とはいえ、いい守りを知ってる監督なのかな。
ほんと、チームプレー、
ライブで観てたら大騒ぎだっただろうけど、録画で観るには、素晴らしく楽しいゲームでした!

c0145920_2503084.jpg


長友くん、再三、いいクロス、いいスルーパス!
遠藤、本田、岡崎、前田もかな。あと4点入ってもおかしくないアシストだったにゃ!
ふふふ、ほんとに、ミランに来てくれてもよかったな~~~!

ザックマジックも、お見事!
まさかあそこで出てきた李忠成があんなきれいなボレーを決めるなんてね。

勝利のその瞬間、みんなが代わる代わる、ザッケローニにハグハグしに行くのも、
なんか、嬉しかったよ!
c0145920_2505679.jpg



覚え書きに、スポーツナビの総括を!

前半総括:
ザッケローニ監督は、右足小指の骨折で離脱した香川の代役に藤本を抜てき。藤本を右、岡崎を左に配置してスタートした。両チームとも慎重な立ち上がりとなるが、オーストラリアは前線のケーヒルに当て、こぼれたボールをキューウェルらが拾うシンプルな攻撃からチャンスをつかみ、主導権を握る。日本はこの攻撃を未然に防ぐことができず、最後はオーストラリアのシュートミスなどに助けられた。一方、日本の攻撃はオーストラリアの固い守備に阻まれ、なかなかチャンスは作れず。終盤に盛り返したものの、ゴールを奪うまでには至らない。両チームとも決定打は出ず、スコアレスのまま折り返した。

後半総括:
オーストラリアは前半に引き続き、ケーヒルの高さを生かした形から日本ゴールを脅かす。これに対し、ザッケローニ監督が手を打つ。後半11分、藤本に代えて高さ対策として岩政を投入。さらに長友、岡崎、今野の配置を代え、攻守のバランスを保つ。この変更により日本は守備が安定し、攻撃にも好影響が出る。徐々にオーストラリア陣内に迫るようになると、21分には長友のクロスに岡崎がヘッドで際どいシュートを放つ。終盤はオーストラリアのパワープレーから押し込まれる場面もあったが、GK川島の好セーブで難を逃れる。互いに一歩も譲らない一戦は、90分を終えても決着はつかず、延長戦に突入した。

延長戦総括:
延長に入り、日本、オーストラリア共にFWを投入して勝負に出る。オーストラリアはこれまで同様、クロスボールに活路を見いだそうとする。だが、日本は守備陣が集中を切らさず、跳ね返し続ける。そして迎えた延長後半4分、日本に千載一遇のチャンスが訪れる。左サイドで仕掛けた長友がクロスを上げると、途中出場の李がダイレクトでボレーシュート! これがゴールネットを揺らし、日本が待望の先制点を挙げる。同点に追いつきたいオーストラリアは終盤パワープレーを仕掛けたが、日本は岩政、吉田を中心とした守備陣が体を張って防ぎ、シャットアウト。1-0で逃げ切り、日本は2大会ぶり史上最多4度目のアジア王者に輝いた。


c0145920_2512387.jpg

いや~、おめでとう!!!
これからも楽しみですね! ザックジャパン!
[PR]
by ririe_ex | 2011-01-31 02:52 | スポーツ観戦系 | Comments(2)

まあいいや!と口に出してみる!

今日は、9時頃まで仕事になりました

と、Uちゃんからメール。
昨日、

明日は踊ろう!
練習場でもダンパでも、どっちでもいいよ~

ってメールが来たので、
わ~い!って、今日は久しぶりにシューズと着替えも持って、
しかも、パーティでも練習場でもいいように、
二種類用意してきたのにな・・・

愚痴りたくなるけど、しょうがない!
ざわざわする気持ちを、鎮める!

・・・ま、いいや!

って、口に出してみる!

ま、いいや!

あんまり繰り返してると、ほんとにどうでもよくなりそう。
そんな自分も心配。

・・・そんな程度でどうでもよくなるなら、どうでもよくなってもいいことなのかもね。

ま、いいや!
[PR]
by ririe_ex | 2011-01-30 13:52 | 日記 | Comments(2)

変な雲~!

こんな雲に出会いました!

c0145920_054827.jpg


ちょうどこの雲の向こうにお日様がいるのかな。
ぶたの鼻みたいな穴から、光が差していた。
[PR]
by ririe_ex | 2011-01-28 23:59 | 身の回りの出来事 | Comments(0)

軸を意識してナチュラルターンとリバースターン

昨日、病み上がりのUちゃん、
「ちょっと動画研究だけしよう」って言うから、お店へ。

Uちゃんがお片付けしている時間にお店の看板のペンキ塗り^^なんていう
私がもっとも苦手とするお仕事も手伝いつつ、

最近の二人のバイブル、マッシモ組のスローを見ながら、
ナチュラルターンの研究。

火曜日のレッスンで、森安先生に教えていただいた「首を持つ」軸の感じ方を、
Uちゃんがririeの首を持つ形でやってみる。

なるほど、
いろいろな練習方法があって、
以前、Tにゃんさんには、男性の鎖骨に手を沿わせるパターンも教えていただいたし、
お互いに肩を持ってとか、女性が男性の右胸に手を置いてとか、
いろいろな感じ方があるけど、
首を持つパターンは、これまでになかった感覚がちょっとわかったみたいで、

これでナチュラルヒールターン、繰り返しやってみる。

私は、お尻がめくれない位置に付け根を入れる感覚を大事にして、
腕だけじゃなく、男性の軸ごと、上体を開くコトを意識しながら、
Uちゃんはとにかくまずまっすぐ右足に乗って、その足で押しながら次の左足の上で止まれるところに立つことに集中しながら。

U:もう次になにをするかわかってるから、ririちゃんが先に動く感があって、
 これを少し、待っててくれると、俺としてはやりやすい。
 あ、今だと待ちすぎて、行き場がない。
 こういう場合は、パーティじゃ無理だけど、ririちゃん相手なら、突っ込んで行けばいいのか?

Uちゃんも研究熱心。

R:そこが微妙!
 この微妙なところを、身体が覚えないとダメなんだと思う・・・。
U:うなずく、うなずく・・・。

だいぶ二人の軸を守ったまま、そこにいく感覚ができてきた気がする。
トウで押して進むことも、ちょっとできたかな。

ルンバのニューヨークの、「戻り」の速さの研究も。
どうしたら、この速さとキレが出せるのか。
一気に体重を真上に移動することなのかな。
ちょっと今度、森安先生に聞いてみちゃおう。^^

引っ張られた分だけ、同じテンションで反応する練習もちょっと。
だいぶ慣れてきたかな。


いいな、こういう練習。


一つずつ、ものにしていこうね!
とにかく私は、まっすぐボールの上に降りられる位置を、もう一度、練習しなおそう!
一人でもできる!


なんか、憑き物が落ちたような感じ。
焦らず、行けそうな気がする。
よし! やるぞ!
[PR]
by ririe_ex | 2011-01-27 05:21 | 踊り関連 | Comments(0)

バレリーナったー

超くだらないですけど^^
脳内なんたらのバレリーナ版ですね。


自分の本名でやってみると、
『6歳で有名バレエ団に入団し、フランスに留学し、ピルエットが得意になりました。得意な演目はシンデレラの継母です。』
ですって。

ririeだと
『6歳で有名バレエ団に入団し、中国に留学し、故郷でバレエの先生になりました。得意な演目は眠りの森の美女の赤ずきんです。』
ですって。


ヒマネタ~゚。(*^▽^*)ゞ
[PR]
by ririe_ex | 2011-01-27 04:42 | 身の回りの出来事 | Comments(0)

日韓戦、勝っててよかった!

昨夜、日韓戦、どこで寝ちゃったんだろう、
酔っぱらいすぎて^^ 気づいたら終わってましたが^^;;;

勝っててよかった!

ディフェンスの岩政くん、
マルディーニと同じ3番で、以前からちょっとチェックしてましたが、
踏ん張ってたみたいですね。よかった!


最近、私が、ライブで観ないほうが、ミランにしても、いい結果の様子!
29日、決勝も、観ないことにしますかね。o(- -;*)ゞ




[ スポーツナビ 2011年1月26日 2:08 ]

 サッカー日本代表は25日、カタールで行われているアジアカップの準決勝韓国戦に臨み、2-2からのPK戦を3-0で制し決勝進出を果たした。
 試合に先立ってスターティングメンバーが発表され、本田圭佑、香川真司らが名を連ねた。カタール戦を累積警告で欠場した内田篤人が先発に復帰。カタール戦で退場し、累積警告で出場停止の吉田麻也の代わりには岩政大樹が入った。

 日本は前半からサイドの攻防で優位に立ち、幾度となくチャンスを作る。17分には長友佑都からのクロスを岡崎慎司がヘッドで合わせるなど決定機を迎えた。
 しかし23分、今野泰幸がペナルティーエリア内で韓国のパク・チソンを倒し、PKを献上。これをキ・ソンヨンに決められ、先制を許す。
 失点後は韓国にペースを握られるが日本は守備陣が踏ん張り、追加点を与えない。すると36分、左サイドを抜け出した長友の折り返しを前田が押し込み同点に追いつく。
 その後も前田が決定機を迎えるが、勝ち越すまでには至らず。日本は前半を1-1で折り返した。

 後半は一進一退の攻防が続くが、徐々に韓国がペースを握る。日本は前半機能していたサイド攻撃を仕掛けられず劣勢に陥った。それでもなんとか韓国の猛攻に耐えた日本は、カウンターで対抗。岡崎がチャンスをつかむなど反撃するが、韓国の勢いは止まらない。たまらずアルベルト・ザッケローニ監督は細貝萌を投入し、守備の安定を図る。日本はなんとか延長戦に持ち込んだ。

 延長戦も耐える展開が続いた日本だが97分、岡崎がペナルティーエリア内で倒されPKを獲得。本田圭のシュートはGKに防がれたがこぼれ球に詰めていた細貝が押し込み、日本はついに逆転に成功する。
 その後、韓国はパワープレーに切り替え、前線にロングボールを放り込むが、日本の守備陣は粘り強く、これを封じ込める。このまま試合終了と思われたが120分、ゴール前の混戦から、韓国のファン・ジェウォンに決められ、日本は土壇場で追いつかれる。
 勝負の行方はPK戦にもつれ込んだが、ここで活躍したのがGK川島永嗣。相手のシュートを2本セーブし、日本に勝利を呼び込んだ。
 日本は2大会ぶりの決勝進出。オーストラリアとウズベキスタンの勝者と優勝を懸けて、29日に対戦する。

GK:1 川島永嗣
DF:3 岩政大樹、4 今野泰幸、5 長友佑都、6 内田篤人
MF:7 遠藤保仁、10 香川真司→13 細貝萌(後半42分)、17 長谷部誠(Cap)→15 本田拓也(延長後半12分)、18 本田圭佑
FW:9 岡崎慎司、11 前田遼一→2 伊野波雅彦(延長前半16分)

サブ:21 西川周作、23 権田修一、12 森脇良太、20 永田充、14 藤本淳吾、16 柏木陽介、19 李忠成
[PR]
by ririe_ex | 2011-01-26 07:27 | スポーツ観戦系 | Comments(0)

Uちゃんと踊りたくなったレッスン!

今日、森安先生のレッスン、
ポイントは、「首を持っていてください」かな^^
先生の首の付け根を両手で囲んで、そこに男性の軸を感じたまま、伸びる、動く練習。

「お尻がめくれるとまっすぐ押せなくなるみたいですね」

なるほど!
ラテンのやりすぎかな。

「まずはまっすぐ平行移動、そのあとにローテーション」

うん、先に行っちゃダメ。
男性を誘導するように、でも男性を待って。
それが難しいんだよね。


「二人で作るモノだから」
「どちらかがそこからいなくなっちゃうと上手く行かない」


つねに、レッスンの一つ一つが、Uちゃんを意識しているみたいな森安先生。
ありがとうございます。


Uちゃんの予定となかなか合わせられなくて、今年は試練の年になるかもしれない。
でも、Uちゃんと踊って行きたい。
Uちゃんと踊りながら生きていくっていうことを考えたとき、
久しぶりに、年単位で、目標を考えることができるようになった。

今は、とにかく、二人のダンスを探して、
一つずつ、出来るフィガーを増やして、
動画からコピーできないことは、先生に確認しながら、
二人の気持ちいいダンスを、もっともっと気持ちよく、心のままに踊れるようになりたい。


何年か経ったとき、二人ともが、二人で踊ってきてよかったと思えるように、
ひとつひとつ、積み重ねていきたい。


なかなか踊れなくて苦しいけど、まず今年1年は、踏ん張る!
来年に、次のステージが来るように、今年1年、内に向けて、物事を構築していく!


その間に身体も作ろう!
Uちゃんと踊れないときは泳ごう!
えへへ、前にも書いてるけど、まだ実行してない。
踊れないってわかったら、しゅん・・・って帰って来ちゃってた。

でも、やろう!
やらないと、次に進めない!
Uちゃんとの次のステージに、進めなくなる!
来年に向けて、今年1年、どんなに踊れなくても、Uちゃんと踊って行く!


ふふふ、こんな思いになったのは十数年ぶりだなあ。
次の舞台、次の舞台って追われて、
どこまで身体を保てれば、どれだけ、その舞台に貢献できるかとか
そういうスパンでしか考えられなくなってたけど、

Uちゃんは、すごい。
爪の垢を煎じて飲んで、少し、落ち着いて、踊って行こうと思うようになった。


がんばるもん!
[PR]
by ririe_ex | 2011-01-25 19:27 | 踊り関連 | Comments(0)

The Mamas And The Papas - California Dreamin'

nanaさんが「ジェペス&パパス」から「ママス&パパス」を連想しちゃったから、
久しぶりに聞いちゃった!゚。(*^▽^*)ゞ


メンバー:ジョン・フィリップス、ミシェル・フィリップス、デニー・ドハーティ、キャス・エリオット 


やっぱ、名曲だね!
踊るならチャチャかな・・・ (^-^*))。。。
[PR]
by ririe_ex | 2011-01-25 00:12 | 身の回りの出来事 | Comments(0)

ひえ~、日本刀を振り回す73歳! コワイ世の中だ~!

jijicomのニュース!


日本刀で切られ3人重軽傷=警察官、指切断-殺人未遂容疑で73歳男逮捕・警視庁


 24日午前3時ごろ、東京都足立区中川のアパート2階の一室で、男性(64)が隣に住む男に日本刀で両手や脇腹を切り付けられた。警視庁綾瀬署員が駆け付けると、男は日本刀を振り回して抵抗。男性警部補(52)が左手の親指を切断し、別の男性警部補(35)も右膝にかすり傷を負った。
 同署は男を殺人未遂と公務執行妨害容疑で現行犯逮捕。男性や指を切られた警部補は病院に搬送され、いずれも命に別条はないという。
 同署によると、逮捕されたのは、無職の小沢静雄容疑者(73)。日本刀(刃渡り約77センチ)を持って男性の部屋を訪れ、切り付けたという。
 男性の叫び声を聞いた住民が110番。警部補らは自室に戻っていた同容疑者を取り押さえようとした際、負傷した。(2011/01/24-11:56)


ひゃあ!!!
コワイ世の中ですねえ・・・
[PR]
by ririe_ex | 2011-01-24 23:12 | 時事ネタ系 | Comments(0)

訃報:細川俊之さん、急逝なさってたの、知らなかった・・・

15日のニュースですね。
15日、土曜日、何してたんだっけ・・・

自宅で転倒、「打ち所」が悪くて亡くなったんだって、
今、知りました。

だんだんと、自分がリアルタイムで知っている有名人の訃報が増えてきて
こうやって、歳を取っていくんだな~って思うけど、
こんな事故死もあるんですね。

ご冥福をお祈り申し上げます。



【スポーツ報知から】

 クールな二枚目として舞台、映画などで活躍した俳優の細川俊之さんが14日午前5時24分、急性硬膜下血腫のため、都内の病院で急逝した。享年70歳。12日に自宅で転倒し、頭部を打撲したのが致命傷となる事故死だった。1995年に糖尿病を患い、2009年には脳内出血を患ったことを告白するなど、晩年は病気と闘いながらも精力的に活動していた。通夜・葬儀等は行わない予定だ。

 ニヒルな演技と独特の深みのある声で、比類なき存在感を放っていた細川さんが、不慮の事故で人生を終えた。

 細川さんは今月12日午後2時頃、都内にある自宅マンションの居間で転倒、頭部を打撲した。そのまま都内の病院に入院したが、打ち所が悪く、救急車で搬送された際には意識不明の状態だったという。そして、14日朝。急性硬膜下血腫のため、帰らぬ人となった。

 1964年に俳優座養成所を卒業と同時に文学座に入団。舞台「かもめ」でデビューした。当初は舞台を中心に活躍し、女優・木の実ナナ(64)とのミュージカル「ショーガール」は、74年の初演から15年も続く代表作となった。二枚目としてだけではなく、78年のTBS系ドラマ「ムー一族」ではちんぴら役を演じ、子分役の故・たこ八郎さんと珍妙に掛け合うコミカルな演技も見せた。

 独特の深みのある声にはファンが多く、語りを担当したFM東京(現TOKYO FM)の「ワールド・オブ・エレガンス」は76年から93年まで続く長寿番組に。また、80年にはアニメ映画の「あしたのジョー」で、主人公・矢吹丈のライバル・力石徹の声を担当した。

 04年、大阪芸術大学の教授に就任。最近では日テレ系の深夜バラエティー「ブラックワイドショー」(02年)で「惑星放送大佐」として世の中の面白ニュースを紹介するなど、まじめな性格で、どんな仕事でも妥協を許さず、真剣に取り組んでいた。

 1995年に糖尿病を発症。当時、出演が決定していた映画「ゴジラVSデストロイア」を降板した。また、同年には脳内出血でも倒れ、40日の入院生活を送っていたことを一昨年、テレビ朝日系「徹子の部屋」で告白。復帰はしたものの、近年は病気と闘う日々だったといえる。

 昨年3月、自身も83年に出演したミュージカルを映画化した「NINE」のジャパン・プレミアに出席した際は、スーツを着こなし、ダンディーな姿を見せたが、足もとがややおぼつかず、不安を感じさせる場面が見られた。


 急死した細川さんの元妻で女優の小川眞由美(71)はこの日、本紙の取材で訃報を知り、「えっ」と驚いた後、しばらく絶句した。2人の間には音楽の世界に進んだ娘がいるが、細川さんとはもう長い間、連絡を取り合っていない状態だったという。

 「ご遺族の気持ちを考えると私はコメントする立場にない」としながらも、結婚のきっかけともなった文学座の代表的演目「シラノ・ド・ベルジュラック」でロクサアヌ(小川)、クリスチャン(細川)での共演(1967年)を回想。「舞台上での大恋愛を思い出します。その後はミュージカル、ナレーションでもご活躍されました。類いまれなあの甘い声を、もう聞くことができないと思うと、とても残念です」と答えた。
[PR]
by ririe_ex | 2011-01-24 22:50 | 時事ネタ系 | Comments(2)



すぐ忘れちゃうから、忘れたくないことを、書きとめておこうかと思って… (^^ゞ
初めてブログにいらした方へ
♪ただの「ひとりごと集」ですが、ご意見、ご感想等、ぜひコメントを残していってくださいませ。(記事下のcommentという文字をクリックすると、記入欄が表示されます)。※ただし、記事に無関係のコメント等は、管理人の一存で削除させていただきます。ご容赦ください。


MilanoClick for ミラノ, イタリア Forecast


「東北関東大震災」支援クリック募金
ライフログ
ブログパーツ
Powered By イーココロ!
以前の記事
カテゴリ
タグ
検索
最新の記事
最新のコメント
お気に入りブログ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧