ケヤキの梢を見上げながら

タグ:マルディーニ ( 51 ) タグの人気記事

パパ・マルディーニが亡くなった

パオロさんのパパ、チェーザレ・マルディーニ氏が、3日、亡くなったそうです。


2/5、パパの誕生日におめでとう!と
パオロさんのfacebookページに載っていた写真。

c0145920_0273872.jpg



Rest in peace・・・
[PR]
by ririe_EX | 2016-04-05 23:23 | スポーツ観戦系 | Comments(0)

マルディーニ、元気! グラスゴーでのフレンドリーマッチ

ダンスの練習に行く前に、
ちょっと動画をチェックしておこう!ってYouTubeに行ったら

こっちにひっかっかっちゃった!^^


Serata di gala a Glasgow venerdì 30 marzo. Milan Glorie contro le leggende dei Rangers Glasgow. Un charity match finito 1-0 per i padroni di casa. Stadio tutto esaurito con 50.000 spettatori!

3月30日、金曜日、グラスゴーで行われたOBフレンドリーマッチ。
あとで観ようと思ってそのままになってたのを思い出した!


パオロさんが変わってなくて嬉しいにゃ!
審判のおじさんが、にこにこしながら「オフサイドだよ~」って旗をあげてるのが
なんともほほえましい!


あ、
やば!
行かなくちゃ!!!
[PR]
by ririe_EX | 2012-04-11 18:26 | スポーツ観戦系 | Comments(0)

マルディーニだ~^^

ミランの公式に、なにやらマルディーニが!

c0145920_141133.jpg


MILAN – The Milan Foundation donated a minibus to the ‘Incontro e Presenza’ Association yesterday evening, before the final phase of the Technogym Beach Volley Challenge adidas Cup. The Volkswagen Caravelle will help the Milan-based organisation to provide its services for the prisoners in Milan. ‘Incontro e Presenza’ has developed several projects during the last few years, from clothes collection and supporting the concerned families to the socio-professional reintegration of convicts and ex-convicts from the prisons of San Vittore, Monza, Bollate and the Beccaria in Milan. The Milan Foundation was represented at the event by two extraordinary personalities: Paolo Maldini and Nelson Dida.

It’s the latest successful project carried out by the Milan Foundation, after the organisation's previous contributions to the causes of L’Aquila, the fight against ALS with Stefano Borgonovo and Haiti.

Among all the projects of ’Incontro e Presenza’, the Dignity Project has a special importance: easing the extreme poverty of convicts, ex-convicts and their relatives by distributing used clothes, hygiene articles and new underwear.

The companies which helped the project of the Milan Foundation and ‘Incontro e Presenza’ by participating in the Technogym Beach Volley Challenge adidas Cup are the following: Technogym, adidas Group, Caffè Barbera, Down Town Palestre, Fondiaria Sai, F.lli Della Fiore, Infront, Liotontrauma, Nivea For Men, One Shot Sport & Management, Palauno, Radio Italia, Resentin, Sisal, Studio Legale Morelli, Sun Devices System and The First Outsourcing.



時間ないから、あとで読もう!
と思ったら、nanaさんがちゃんと記事をアップしてくれてました。


私は、あとでゆっくり堪能します。゚。(*^▽^*)ゞ
[PR]
by ririe_ex | 2010-09-19 01:04 | スポーツ観戦系 | Comments(0)

あ、マルディーニ^^

ミランのページに行ったら、いきなりTOPページにマルディーニが^^
c0145920_14143739.jpg


なにやらイベントに参加した様子。

c0145920_1415661.jpg

c0145920_1417247.jpg

c0145920_14172738.jpg

c0145920_14175093.jpg

c0145920_14181345.jpg

c0145920_14183317.jpg

c0145920_14184981.jpg


ちょっとタイムリミット、
帰ってきたら、なんのイベントだったのか、調べてみます^^
[PR]
by ririe_ex | 2010-01-31 14:19 | スポーツ観戦系 | Comments(0)

まもなくサンプ戦、招集リストとマルディーニのナイキCM

あと1時間でサンプドリア戦。

カッサーノ、私は、結構、好きなので、
カッサーノvsミランの面々っていうのも密かに楽しみですが、
怪我が心配されたチアゴ・シウバもベンチ入りしていて、よかった。
でも、ここでファヴァさんが出てきたら、それもまた、私は嬉しい^^

called up :
ジーダ、ストラーリ、アントニーニ、ファヴァッリ、カラーゼ、ネスタ、チアゴ・シウバ、ザンブロッタ、アバーテ、アンブロジーニ、フラミニ、ピルロ、セードルフ、ボリエッロ、ディ・ジェンナーロ、パト、ロナウジーニョ、シゴーニ
unavailable:
ヤンクロフスキー、オッド、オニェウ、ガットゥーゾ
not called up:
アッビアーティ、ボネーラ
suspended:
インザーギ


オッドの怪我は、おもいのほか重傷だったようで、2か月の離脱という記事もあり、心配ですが、
1月にはベッカムも来るし、若いアバーテとアントニーニが頑張りそうですね。
オッド、早くよくなってください!

ボネーラが、unavailableからnot called upに昇格^^
少し、ディフェンスラインが安心になるかな。


ところで、少し前に、kiwamiさんのブログで、こんなCMを教えていただいて見に行ったんですが、
なんて言ってるのか、台詞がわからず、ちょっとまたあとでと思いつつ忘れていた^^ら、
nanaさんが訳してくださってました。




僕はセリエAにデビューした
ほんの少年だった時に。
900試合を終えてなお、
変わらぬハングリーさをまだ持っていた。
僕はその道程で3世代のストライカーたちを止めた。
彼らの足首ではなく、彼らのプライドをへこませて。
僕は多くのトロフィーを掲げた。
そしていつも対戦相手をまっすぐ見た。
僕は全キャリアを通して、おのれの全てをいつも与えていた。
チームのために、そしてサッカーのために。
僕がかつて交差した最も偉大な者?
「ゲームに戻れよ!」


そういうことだったのかあ(:;)
泣ける・・・。

さ、感傷にひたってないで、サンプ戦ですよ!^^
[PR]
by ririe_ex | 2009-12-06 01:07 | スポーツ観戦系 | Comments(0)

マルディーニとセルヒオ・ラモスの対談話

nanaさんちにすごい記事を発見したんだけど、
今日、もう、ねむねむで、ダメ~(><)

「マルカが独占的にミラノにて、元『ロッソネロ』とマドリディスタを引き合わせた」
という記事。あとでゆっくり見るので、リンク貼らせていただきます。
毎度のことながら、nanaさん頼みでごめんなさい。
いい記事です!
c0145920_13442396.jpg

c0145920_13445779.jpg


セルヒオ・ラモスとの対談の前編
そして、後編
そして、マルディーニが『MARCA LEYENDA』の表彰を受けたというお話。
レアル戦のとき、カカの泊まるホテルに受賞のために行ったという、あのときのお話らしい。


あとで、思うところ等々、追記します!
nanaさん、毎々、ありがとう!
[PR]
by ririe_ex | 2009-11-19 23:14 | スポーツ観戦系 | Comments(0)

マルディーニ特別番組、マルがまた恋しくなった・・・

24日、土曜日、21:00~22:55、BSジャパンでの放送で、
大杉漣さんがマルディーニ宅を訪問するなど「日本のTV初公開映像も満載!」とのことで、バレージやヴィエリ、ACミランの選手も出るというので、むっちゃ楽しみにしてました。

土曜日、放送の時間に帰れなかったので、帰宅するなり録画を見たんですが、
まあ酔っぱらってたけど、途中で寝ちゃいました。(^^ゞ

いや、こういう番組ができるっていうことだけでも、嬉しいですけどね、
ちょっと実際のマルディーニのインタビューのくだりが短すぎるよっつーか、
2時間番組のほとんどが、大杉さんの旅紀行みたいな感じで^^
予想とは違ってたかな。
実はもっとサッカー番組を期待してたので^^、ちょっと残念だったのね。
ま、しょうがない、そういう番組だったのでした。

どれくらいの時間、マルディーニのおうちにいたのかわかりませんが、
ノーカットでその時間全部をみたかった、あはは。
パオロさんが家の中を歩いてこの撮影してるお部屋まで行って、電気つけたりね、
あはは、そんなことに、にこにこ見ちゃいました。
c0145920_1275996.jpg

c0145920_1281759.jpg

c0145920_1282852.jpg


パオロさんのすぐ上のお姉さん、ドナテッラさんは、パオロさんにそっくりだね。
c0145920_1284721.jpg


セーさんのお店にはセーさんが待っててくれたり、
c0145920_129131.jpg


Sweet yearsはヴィエリが案内してくれたり、
c0145920_1295278.jpg


近所のお店に「偶然来ていた」とチェーザレパパまで登場。
c0145920_1293457.jpg


盛りだくさんな番組でありました。


一応、インタビューの内容を、ざっと記録!

O(大杉さんの質問):サッカーは自分がやりたいと思ったんですか?

P(パオロさんのお答え):そう、父から強制されたわけじゃない。
自分がすごく好きで、教会の横にある運動場で、いつもサッカーを遊びでやっていたんです。その時、父に「じゃあやってみるか?」って聞かれて、ミランのジュニアユースに入ったんです。でも、父の本音は部屋でサッカーをやっているといろんなものを壊すから勧めたんじゃないかな。

O:25年間、選手としてのモチベーションをどう維持したか?

P:皆、「25年間、同じチームで、よくモチベーションを保てるね」って聞きますけど、
僕にとっては別に不思議な事ではなかった。プレッシャーと楽しみは違うけど、辛い練習をする、辛い思いをするのが好きだったからでもあるんです。もう一歩上を目指すには努力をすることが必要。辞めようかなと思ったこともあったけど、頑張る気持ちが大切なんです。
だから、最後の10年間は自分との戦いだった。

O:たとえばなにかを楽しむっていうことは、楽しむだけじゃなくて、楽しむための努力、苦しみを含めての努力が必要だと思うんですけど、そういう理解でいいんでしょうか?

P:その通りだと思うよ。
例えば40歳になって18歳の選手と一緒に試合をするということは、自分との戦いだからね。

O:25年間、ACミラン一筋でやってきたっていうのはこだわりがあったんでしょうか?

P:父もミランでプレーしていたし、家族がミランとすごい繋がりがあるんだ。
10歳から31年間ずっとやってるし、僕が生まれ育った街のチームだし、ミラン以外の街のチームとの繋がりは考えられない。他のチームからのオファーの話はあったけど、納得できるものはなかった。それに、僕とミランとの関係が強いことを皆分かっていたからだと思います。

O:引退を決意した理由は?

P:41歳まで続けたけど肉体的に限界です。高いレベルでプレーできれば引退はしなかった。
引退を決意したのは身体の回復力なんです。
20代の頃は一日で身体が元に戻ったんですが、年齢と共に二日になり、今はそれ以上になったんです。サッカーを辞めた後の人生でも、子供達と楽しくサッカーを続けられる身体を残しておきたかった。

O:子供たちにサッカーを教えたいと聞いたんですが、ほんとですか?

P:コーチや監督はやりたくない。だけど、僕の子供達にはサッカーを教えたいな。

O:僕、子供になりたい!って言ってください(と通訳さんに)
P:苦笑

O:一ファンとしては、クリスチャンがACミランでプレーする、三代にわたってACミランでやってるところを見たいなと思ったりするんですが・・・。

P:チェーザレおじいちゃんも見たいと思うよ。息子達が選手になっても「背番号3番はいらない。他の選手の番号がいい」って言うかも知れないけど。



いやあ、しかし、最近はだいぶマルがいないゲームにも慣れたっていうか、
マルがいないミランを応援することに集中できるようになったっていうかね、
だいぶ「平気」になっていたんだけど、

なんか、久しぶりにあのローマ戦、ヴィオラ戦の映像とか、
マルとハグハグするアンチェやカカを見て、ちょっと感傷的になりました。
なんか、いろいろ思い出して、また寂しくなっちゃった。
はああ、やっぱ、「えーん、マルがいないよう」っていうような駄々駄々気分(^^ゞ
ちょっと古い録画も引っ張り出して見ちゃった^^

さ、また明日から、パオロさんのいないミランを応援しましょ!
間もなく、キエーボ戦。
スカパーの放送はないので、どうしよっかな、見たいけど。。。寝ようかな。。。
今日、勝てたら、ユーヴェの背中が見えてくるかな。。。
・・・寝よ! いい朝が迎えられますように!
[PR]
by ririe_ex | 2009-10-26 01:31 | スポーツ観戦系 | Comments(0)

レオナルドとマルディーニのインタ動画

olgaさんのページでご紹介があったので、
見に行ってきました。

こちら、レオとマルのインタビュー、uefa.com MAGAZINEの動画です。


英語の吹き替えが入ってるので、だいたいの内容はわかり、
インタ自体は、もういろいろ訳されているもののようですが、
現役時代のレオとマルの姿が見られて、ちょっと嬉しかったので、
ここにも貼っちゃいました。

パオロさんは今日も現れるかな・・・。
最近のゲームは、これも楽しみの一つですね^^

さ! 寝ますよ!
FORZA!
[PR]
by ririe_ex | 2009-09-28 01:40 | スポーツ観戦系 | Comments(0)

CL、ミランvsレアルは10月21日と11月3日

CL、グループリーグの組み合わせが決定。
なんじゃこりゃ、ってかんじの、すごいゲームが、早々から見られそう、

グループリーグから早速、
ミランvsレアル、バルサvsインテルですって!


以下、全グループ組み合わせ。
ミランはC組。


グループA
FCバイエルン・ミュンヘン (ドイツ)
ユベントス (イタリア)
FCジロンダン・ボルドー (フランス)
マッカビ・ハイファFC (イスラエル)

グループB
マンチェスター・ユナイテッドFC (イングランド)
PFC CSKAモスクワ (ロシア)
ベシクタシュJK (トルコ)
VfLボルフスブルク (ドイツ)

グループC
ACミラン (イタリア)
レアル・マドリーCF (スペイン)
オリンピック・マルセイユ(フランス)
FCチューリヒ (スイス)

グループD
チェルシーFC (イングランド)
FCポルト (ポルトガル)
クラブ・アトレティコ・マドリー(スペイン)
アポエルFC (キプロス)

グループE
リバプールFC (イングランド)
オリンピック・リヨン (フランス)
ACFフィオレンティーナ (イタリア)
デブレツェニVSC (ハンガリー)

グループF
FCバルセロナ (スペイン)
FCインテル・ミラノ (イタリア)
FCディナモ・キエフ (ウクライナ)
FCルビン・カザニ (ロシア)

グループG
セビージャFC (スペイン)
レンジャーズFC (スコットランド)
VfBシュツットガルト (ドイツ)
AFCウニレア・ウルジチェニ (ルーマニア)

グループH
アーセナルFC (イングランド)
AZアルクマール (オランダ)
オリンピアコスFC (ギリシャ)
Rスタンダール・リエージュ (ベルギー)


ふう、
プレシーズンでのレアル戦が消滅して、ほっとした感じだったのに、
こういう組み合わせになりましたかあ


ミランのゲームは、
9月15日、対マルセイユ atべロドローム, マルセイユ
9月30日、対チューリッヒ atスタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ, ミラノ
10月21日、対レアル・マドリー atサンチャゴ・ベルナベウ・スタジアム, マドリード
11月3日、対レアル・マドリー atスタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ, ミラノ
11月25日、対マルセイユ atスタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ, ミラノ
12月8日、対チューリッヒ atレツィグルント, チューリヒ


年間最優秀選手&年間最優秀FW、リオネル・メッシ、
年間最優秀MF、シャビ・エルナンデス、
年間最優秀GK、ファン・デル・サール
年間最優秀DF、ジョン・テリー、

そして、マルは特別賞をいただいた模様。
c0145920_23522931.jpg
なんかマルきちゃない・・・
[PR]
by ririe_ex | 2009-08-28 23:53 | スポーツ観戦系 | Comments(0)

明後日のデルビー、マルディーニがトリブーナに!

一昨日の夜かな、ガゼッタにマルディーニの写真が載っていて、
なんだろなんだろと興味津々ながら、できないイタリア語を調べている時間もなく、誰か訳してくれてないかなと、うろうろしたんですが、(^^ゞ
昨日、nanaさんが記事を上げてくれました。

もう、パオロさんったら、素敵なインタビュー。
ひと言ひと言に、嬉しくなって元気が出てきて、
しょっちゅう眺めたいので、
nanaさんの訳、全文、以下に持ってこさせていただきました。

nanaさんのページには、皆さんからコメントも含め、この訳だけじゃなく読むべきコトが満載なので、nanaさんのページより先に、こちらのページをご覧になった方は、nanaさんの記事のほうをご覧になることをおすすめします。


以下、nanaさん訳


マルディーニ:「ミラン、信じよう」
「もし僕らがインテルを倒したら、スクデットを狙おう」
「チームメイトたちを応援するために、サン・シーロにいるよ」

元選手のような言葉は決して発しない。そして実際に、カンピオーネ、カピターノ、お手本であることをやめない。フォルテ・デ・マルミの風はパオロ・マルディーニの思考をそっと撫で、サン・シーロまで引きずっていく:土曜日には彼の引退後初のデルビーがある。パオロはそれを彼らと共に戦う。

—マルディーニ、カンピオナートの初日を追いましたか?
「テレビの前でファンとして楽しんだよ。マイアミですでにミランのアメリカツアーは見てたし、土曜の夜はシエナ戦を見た。それから日曜日は息子たちと一緒にSKYの番組『Diretta Gol』をずっと見てたよ」

—シエナ戦のミランは気に入りましたか?
「うん。もうベルルスコーニ杯でその成長が見て取れた。その選択が適切ではなかったツアーでハンディキャップを負った後、事態は良くなった。やる気が表に出て、初戦の勝利は決定的に重要だったね」

—チアゴ・シウバはあなたの後継者?
「彼はすごく気に入ってる:カンピオーネとしてのフィジカルとテクニックの特徴を持っている。一対一はとても強い。他のセンターバックとのコンビプレイを勉強しなくてはならないね。でもネスタとならすぐにできるだろうし、ファヴァッリとボネーラとの練習も彼に役立つよ」

—バレージ&マルディーニのようなネスタ&チアゴ・シウヴァ?
「僕とフランコはセンターバックとしてはあまり一緒にプレイしなかった。だけど僕らはすごく息が合っていた。僕らの間だけじゃなくて、サイドバックたちとも。僕らディフェンダーのグループ(タッソッティ、ビリー、フィリッポ・ガッリ)は今日では再現するのが非常に困難なオートマチズムを見いだしていた」

—土曜日の夜はデルビーをどこで見ますか?
「サン・シーロの観客席で。僕はもう半ば行く気になっていたんだけど、それからレオナルドが電話してきて誘ってくれたんだ。だからもうなんの迷いもない。僕はまぎれも無いティフォージだし、本当にミランを見るのがうれしい」

—そしてロナウジーニョを見る?
「うん。彼はフェノーメノだ。最初のパスだけを見るのではなく、2番目のパスも3番目のパスも見えている:シエナでの2度のパスのように、アクションの展開を予測することができる。動かないプレイでも違いを生み出すことは出来たかもしれない。しかし現代サッカーでは止まったプレイではもう不可能だ」

—デルビー前の2ポイントのアドバンテージは何か役に立ちますか?
「これは貴重だし、助けになるよ。僕らが残念なプレシーズンをおくった後、ミランが2ポイント引き離されたと仮定しよう。これは僕のチームメイトたちにプレッシャーになるだろ? そうじゃなくて、ミランは理想的な形でデルビーに準備することができる」

—あなたはインテル戦を56回プレイしました:デルビーにはどのように備えていましたか?
「相手の全てはわかっている。だから戦術的な観点からはとっさの判断力があるだけで、それ以上何もない。誰もが100%出し尽くし、メンタル的にうまくもっていくアプローチは簡単だ。鍵となるのは行き過ぎたプレッシャーを避けること。それにそういう意味では、結果と順位に強迫観念を抱かなくてもいいことは、まぎれもないミラン側のアドバンテージだ」

—カカとイブラヒモヴィッチがおらず、何かが変わります。
「インテルの方が大きい。彼らは最高に力がある選手たちを買ったけれど、いつも信頼してゆだねていた選手を失ったんだ。それにアドリアーノもクルスもいない。彼らはフィジカルと空中戦の強さによって、調子が悪い時期を脱して来ていた。でもエトーがいるね。彼は僕にとってここ数年、世界で最も力のあるセンターフォワードだ。ゴールを決めるし、前からのプレッシングもするからね(訳者注:マルはSportWeek紙上で、FWベスト3にマラドーナ、元祖ロナウド、エトーを選んでいる)」

—ミランも異なる道を学んでいる最中です。centravanti-faticatore(献身的センターフォワード)というアイデアはお好きですか?
「パトとロナウジーニョで十分できる。ボリエッロは有能だ:ボールをポストするし、フィジカルとテクニックがあるから、チームに息継ぎさせる」

—インテルとミランの弱点はなんでしょうか?
「インテルはモウリーニョから要求されたフレージングに慣れるのに苦労している。一方、ミランは昔から他のチームのフィジカルに苦しむ」

—デルビーでの勝利はミランのこれからを変えることができるでしょうか?
「もちろん。やる気を巻き起こすだろうし、それから5ポイントのアドバンテージは、インテルがあらかじめ持っていたテクニカルな差を埋めることができる。常に最強の者が勝つわけではない。例えばザッケローニ時代の僕らのスクデットを思い出す。デルビーは決定的なものになり得るね」

—あなたはまだ、ミランにとってチャンピオンズ・リーグ優勝は夢まぼろしだと確信していますか?
「そう。ヨーロッパには最高に強いチームがいる。カンピオナートでは違う:すばらしいスタートは物事を変えることができる」

—ユーベはインテルと等しい?
「彼らはプロジェクトにきちんと機能する選手たちを探して、最良の獲得活動をした。それにジエゴはクラスを持っていて、決定的な力がある」

—カンナヴァーロは代表出場記録を奪ったばかりです。
「そういう定めだったんだ。ファビオはそれに値する。彼は羨望に値するフィジカルコンディションを持ち、W杯を目指すのは正しい」

—『僕は出て行くべきだったんだろうか?』と考える日はありますか?
「いいや、決して:適切な時がやって来たんだ。たとえフィジカル的にとても調子が良くても」

—4人制ビーチサッカーをやりましたか?
「マイアミではアメリカ的スポーツに熱中してた:フットボール、ベースボール、バスケット、テニス」

—最近、ベルルスコーニやガッリアーニと連絡は?
「いいや、レオナルドと何人かのチームメイトと連絡をとった。それとネスタと会ったよ。彼はマイアミでのお隣さんだ」

—チェルシーにノーと言うのはどれくらい難しい事でしたか?
「あんまり。アンチェロッティの副官として、彼とチームとの間の仲介としてちょっとできるかもしれない。でも家族の引っ越しや、すぐに出発することを僕は考えなかった。でもカルロとチェルシーは応援するよ」

—バカンスは9月も続きますか?
「もし新しい任務に関して言えば、その答えはイエス:数ヶ月間は離れる必要がある。放棄しえないようなオファーは存在しないと思うし、ああいう一連のものは将来も届くと思う。そうしている間は、僕の事業を自分でフォローするよ」

—あなたの息子さんたちは引退をのみこみましたか?
「うん。理解したのはかなり偉いことだな。彼らは毎度僕に『続けられたのに』って言ってる。ビーチで会ったティフォージも繰り返してたね」

—セリエA初日の最も美しいイメージは何ですか?
「家族のイメージを選ぶ。日曜日の夜、自分の息子たちと一緒にテレビにどっぷり浸かり、考えた:『これがほんとにすばらしいサッカーだ』って」

—土曜日のサン・シーロでは何を期待しますか?
「そこに入って、チームメイトたち、マッサージ師たち、みんなに再会すれば興奮するだろうな」

—勝敗予想だけ欠けてますね…。
「ヘタなゴールは重要じゃない。でも勝つことはもちろん重要だ:もし僕らがインテルを倒したら、スクデットについて考えることができる」

(Gazzetta dello Sport 09/08/25 第2面)



はああ、いいなあやっぱ、マルの言葉。
なんか、急に、マルディーニがいないことを、再確認して、
マルのいないミランも応援できる!と、だいぶ立ち直っていた気持ちが、
すっごく寂しい気分にもなっちゃったけど、
でも、やっぱ、マルディーニの言葉には、「そうねっそうねっ」ってな気になって、
ますます今期のミランが楽しみになってきた。

とくにチアゴ・シウバとネスタのクダリとかも、ボネ、ファヴァにも言及して、
なんか、ミランのセンターバック、「層が厚いじゃないか」なんて、
変な安心感を覚えちゃったり、
あはは、「そう思いたい気持ち」のほうに解釈するわけですね、私の心が、勝手に、ふふふ。

あと、ロナウジーニョのところも、すごいですね。
フェノーメノだと褒めながら、
「動かないプレイ」を、「出来たかもしれない」が、「現代サッカーでは」「もう不可能だ」と言い切る。カピタノじゃなくなったマルディーニならではの痛快なコメントですね。

シエナ戦では、そのジーニョさん、だいぶ「現代サッカー」に対応してきたように見えました(笑)。ちょろっと見ただけですから、わかりませんけど、期待する気になってきた。

デルビーはフンテラールのデビュー戦にもなるんでしょうし、
トリブーナ見物も楽しみになったし、
もう、土曜日は、生観戦ですね! もうもう、この際、日曜日の予定なんて、
知りません!!!
  くくく~~、日曜日、つらそうだなあ。でもやっぱ、これは絶対、ライブで見ないと!


ま、そんなワケで、いっぱい、元気をもらって、勇気百倍な感じ!
マルとnanaさん、ありがとう!
[PR]
by ririe_ex | 2009-08-27 07:10 | スポーツ観戦系 | Comments(0)



すぐ忘れちゃうから、忘れたくないことを、書きとめておこうかと思って… (^^ゞ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
初めてブログにいらした方へ
♪ただの「ひとりごと集」ですが、ご意見、ご感想等、ぜひコメントを残していってくださいませ。(記事下のcommentという文字をクリックすると、記入欄が表示されます)。※ただし、記事に無関係のコメント等は、管理人の一存で削除させていただきます。ご容赦ください。


MilanoClick for ミラノ, イタリア Forecast


「東北関東大震災」支援クリック募金
ライフログ
ブログパーツ
Powered By イーココロ!
以前の記事
カテゴリ
タグ
検索
最新の記事
勝った!
at 2017-07-03 00:05
今年のとらや
at 2017-01-02 23:31
クリスマスケーキ2016
at 2016-12-25 23:45
トナカイの名前!
at 2016-12-24 23:28
ひび割れ壺の話
at 2016-12-22 18:45
サッカーチームを乗せた飛行機墜落
at 2016-11-29 22:20
54年ぶりですってね 11月..
at 2016-11-24 07:50
RIO五輪 体操GARA な..
at 2016-08-18 21:43
初めての 「ひとり」 ブルー..
at 2016-07-15 23:51
参議院選挙!
at 2016-07-10 10:52
最新のコメント
お気に入りブログ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧