ケヤキの梢を見上げながら

タグ:レッスン ( 132 ) タグの人気記事

ダンス雑感  手の届かない夢だろうと、向かって行く!v

最近、レッスンは月に2回程度を目標にしてるけど、
この間は4週間も開いてしまった!


以前だったら、
レッスンの間があいたら、「身体が前回のよかったことを思い出す」までにレッスンのかなりの時間を費やしてしまい、な~んか消化不良になり、
もう三日と開けずにレッスンしたいくらいだったけど、

今は、最初にスローかワルツを踊った時点で、
「すっきりと」踊る分には、「バランス」や「身体の保ち方」として、「とくに問題はない」と評価していただき、すぐに、もっとマニアックなレッスンに入れるようになったので、
まあ経済的にも、月2回が妥当かなと、今は思ってます。


そんなふうに思えるようになったのも、
レッスン以外に週3~4回、練習ができているからだなと、
Uちゃんに「あなた様のおかげです」と話したら、

>んなワケないでしょ
>先生が甘くしてくれてるだけだよ
>ワンランク上に持って行かれたらぼろぼろになるよ!

と辛辣なお返事。


でも、
おっしゃるとおり、
最初のひと踊りで「問題ない」と先生に思わせることができると
必ず、次のひと踊りは、先生が、少しランクを上げてきます。
予備歩から、踏み込み方が違う。^^

そうすると、もうひ~は~です。

でもね、そこで先生に、
0.1くらいかもしれないけど、
以前の復習に戻らず、ランクを上げてもらえることが、嬉しいです。

2年くらい前に、先生の100%について行けるくらい踊れるようになりたい
みたいなコト書いてるんですけど。、
ふふふ、大変な目標です。



さらに、
この間のレッスンでは、いろいろな「インパクト」の付け方の練習になったんだけど、

いろいろな音の取り方、どこに強い動きを持ってくるか、
先生の言う「すっきりと」にあたるのは、きっと流れるように音を取る「コンスタント」で
頭を強拍にするのが「インパクト」、後ろに強拍を持ってくるのが「インパレス」っていうのを
ラテンのレクチャー動画で見たことがある。

ラテンでもモダンでも、トップクラスの人たちを見ていると、
こういう音の取り方、いろいろあって、なるほどそれぞれの人たちの、
これが表現なんだなって思う。


もちろん、どれも、「コンスタント」に音を取って踊ることができてからの話ではありますが、
最終的な目標としては、音楽のままに、
ためたり、早く動いたり、音の最初に強い動きを持ってきたり、
・・・したい。゚。(*^^*)ゞ


そこで先生に、
「こういうのって、男性がその場で決めて、女性にリードを与えてるんですか?」
と聞いてみた。

先生、
「一般的には、どう踊るか、あらかじめ決めているでしょうね
「その練習をいくつも積み重ねて、
「リードを与える側もそれを受け取る側も、それだけの技術を持って、
「お互いに、すぐに反応できるような・・・、
「その域までいけば、その場で伝えて踊ることもできるようになるかもしれませんね~
と。


あはは、
「その域」が、最終的な目標なんだけどな、私。
ほんとにどうやら、大変な目標のようですね~♪


やればやるほど、そのムズカシサがわかってきます。
やればやるほど、夢は手の届かないところにあるような気もする。
私もUちゃんも、いつまで同じ環境で踊れるのか、それを考えると焦りもする。


でも、あきらめないよ!


そこに向かって、今はとにかく練習あるのみ!かな。
3ミリ後退する日があっても、4ミリ前進する日もある!


実際、「最終的」な域にはほど遠いけど、
ほんのベーシックのひとつの動きだけだけど、
>ん、今はこっちでしょ? ん、やっぱ? あたり~!゚。(*^▽^*)ゞ って
Uちゃんのやろうとすることに、バッチシ!合うこともあって
やっぱりこれは、地道な練習の成果だと思う。


ふふふ、

私は、自分の成長を、1ミリも見逃さない、
少しでも、「いいよね、いいよね」って認めながら進まないと満足できない。

比してUちゃんは、1センチ成長しても、「そんなの成長のうちじゃない」と言うんだけど、
でも、「確実に上達してるんだから」と焦りもしない。

この性格の違いが、吉と出るか、それとも蛇でも飛び出してくるか^^
まあ、わかんないけど、
まだまだ、がんばるよん!v(*^^*)


「もうこんなもんでいいや」って思っちゃうと、私は、そこで止まっちゃうから
そう思ったまま、それを続けることができない人だから
だからバレエもやめちゃったわけだから・・・


うん!
手の届かない夢だろうと、向かって行くんだもん!v
[PR]
by ririe_ex | 2011-10-11 00:25 | 踊り関連 | Comments(0)

自分がちゃんと踊れば相手も楽しいのね!

金曜日、森安先生に、初めてラテンのレッスン、ちょろっと、していただきました。


前回、先生が鏡の前でラテンの練習をしているのを目撃^^したら
超、カッコよくて、

考えてみれば、先生、ラテンだって、B級だったわけで、
まあ、かっこよくて、あたりまえっちゃあ、あたりまえなんだけど;

でも、以前に、ラテンも教えてほしいとお話ししたときは
「ラテンは無理です」とか言ってらしたし、先生のラテンは想像できなかったりもして^^、
それ以来、あきらめてたんですけどね、

目撃後、あらためて、ラテンも教えてほしいとお願いしたら、
今回は、「私でよろしければ」な~んて、OKしてくださって、
今回、初めて、先生に、ラテンのレッスンもしていただいたのです。


ラテンのレッスンも、すごくよかった。
目からウロコがぼろぼろぼろぼろ、いっぱいでしたけど、
結局は、スタンダードでの意識と同じ意識でのレッスンとなりました。


昨日は、徹底的に、サイドリードとCBMの意識で、
一歩一歩、

たとえばスローの一般的な出だし、
予備歩はCBM、
フェザーステップは、サイドリード、サイドリード、CBMと
ほんとに、一歩一歩を確認しながらのレッスンで、

サイドリードの場合には、左足と左肩、右足と右肩が同じ位置に、
CBMなら左足と右肩、右足と左肩が同じ位置に押せるようにするっていうことは、理論的にはわかっていても、
一歩一歩やってみると、足と肩がずれてしまっていることが多い。


とくに、
後退なら、フェザーフィニッシュ~3ステップ
 (CBM 右のサイドリード 左のサイドリード CBM)
前進なら、リバースウェイブで男性のアウトサイドからインサイドに入っていくとき
 (左のサイドリード 右のサイドリード)

サイドリードの左右が変わるときに、上体が遅れることが多いことが
はっきり意識できました。

その意識は、普通のリバースターンやウィーブにも、
ファーラウェイリバースやダブルリバース、スローアウェイオーバースウェイに入っていくときなんかにも、
そう! どの場面にも、イきてくる。

上体が遅れると、そのとき、男性にとっては、
押さなくちゃいけなくなったり、引っ張らなくちゃいけなくなったり、
タイミングが合わない感じになったりするわけですね。


そして、ラテンでも一緒でした。


たとえばナチュラルトップからクローズドヒップツイスト、
クローズドヒップツイストの一歩目の後退は、右のサイドリード、
次の前進は右のサイドリード、
このサイドリードからサイドリードも右肩が遅れる。
そうすると男性には、重くなる。


昨日はレッスンのあと、Uちゃんと二人で練習にも行ったんだけど、
この「サイドリードからサイドリード」の意識を、
ずっと、自分の重点ポイントにして、やってみた。


ririe「どうかな~、今日? ちょっと踊りやすかったりしない~?」
U「うん、いいよ、すごく素直に、ついてきてくれる感じ」


ほおおおお!!!


私としては、ついていくというより、自分を意識して、自分で踊っていた感じだったんだけど、それが「勝手に動いてる」のとは違って、「ついてきてくれる」と感じてもらうことができたのね。

うん・・・、ほんとにびみょ~・・・、
自分で動くんだけど、勝手に動くんじゃなく、
リードを聞いて自分で踊る!

ムズカシイけど、これは、楽しいぞ! (^-^*))。。。
きっと、これが、フォローっていうヤツなのかもしれない!
きゃあ~、ちょっとそういうことができるようになってきたのかな。

うん!
もっともっと、その意識が、身体に染みこむまで、イメトレしよう!
もっともっと、頑張るにゃん! ♪o(^o^o)(o^o^)o♪


あ~、楽し~よ~~!
この感覚を忘れないうちに、もっと身体に染みこませたいよ~!
ふふふ、もう、今、踊ってみたいよ~~~!゚。(*^▽^*)ゞ
[PR]
by ririe_ex | 2011-07-24 03:14 | 踊り関連 | Comments(0)

ダンスが積み重なってきた

金曜日、森安先生のレッスン、
最近、レッスンの覚え書きが、書けないレッスンで^^;
でも、すっごくいいんです、レッスンが。

始めた頃は、習ったフィガーを、右左右、1と2・3・・・って、足型の覚え書きが必要で、
その後、いろいろな注意事項を、右足を着くときにこう・・・とか、
身体の伸ばし方とか、いろいろ、書いておきたいことがあったんだけど、

今、どう、書いておくか、あまりにびみょ~で、文章にできない。


最近のポイントは、もうずっと、「箒」。
そしてちゃんと身体の下を通して足を送ること。
足と身体が一緒に出ること。

そうだ、ウィーブで、クローズになる瞬間が、思っていたよりあとだったな。
右足に押すときにクローズドになろうとし過ぎていたかも。
そのあと、左足に移動していくその中間でクローズドになる。
「平べったい感じ」と先生のイメージ。

ふふふ、こうやって書いても、なんか、ほんとに感覚の覚え書き。
うんうん、でも、それも、今、書いておいたら、あとから読んで、ためになるのかもしれないけど。

でも、その感覚が、ひとつひとつ、積み重なってきている気がします。

先生:戻ってくるのが早くなりましたね~♪

うれし~!
そうそう、始めた頃は、せっかく「いい感じ」のレッスンをしても
次のレッスンでそれを思い出すまですごく時間がかかって、
そこからなかなか進めなかった。
そう、感覚が身体にしみこんできたのかもしれない。


やっぱ積み重ねだな~。


Uちゃんとのダンスも、だんだん積み重なってきた。
できるようになってきたこと、まだまだなかなかできないこと、いろいろあるけど、
ここのところ急に、積み重ねてきたことが、降り積もってきた感じがする。

今日はルンバでも、Uちゃんが、
>ここはためて、ここはすごく早くっていう、緩急がないと・・・
って、めずらしくちゃんと、ラテンの練習をしてくれた。
ラテンはまだまだ「これでいいのかな~」って不安だけど、
この間の録画を見て、まあ、以前よりは少しサマになってきたかなって思ったら、
ちょっと自分から踊ってみることができた。

で、
U:うんうん、いい感じ!
って言ってもらった。


よし! あさってもその延長で踊れるように、イメージしながら寝ましょ!
夢でも練習できるかな^^


・・・ミランのゲームは観ないで!寝ます!
FORZA!
[PR]
by ririe_ex | 2011-04-11 01:29 | 踊り関連 | Comments(0)

いいレッスン~いい練習! 幸せだな! (^-^*))。。。

昨日、森安先生のレッスンを受けて、ようやくいろいろなことがつながってわかってきたかな。

以前、男性の股の間に足を入れて、その足と引っ張り合うように上体を伸ばすっていう練習もしたけど、
あの感じを、昨日は、

ライトランジの最後に伸びるじゃないですか、
あの方向、男性から見て「奥のほう」に伸び続けていてほしいんですよ

っていうひと言で、なるほど、あれとつながった。

男性と組むときの5ポイント、
一:男性の左手に女性の右手を置く
二:ボディコンタクト
三:男性の右手が脇に入る
四:女性の左手が男性の右腕にセットされる
五:男性の右手のひらが女性の背中に沿う
って習ったけど、
この二のテンションを保ちながら、五にもいつも同じテンションがかかっているようにする。

あ、二が抜けた、
五~~~、もっと奥でいいですよ。
あ、そうそう、いいですね~、
あ、二がゆるんできましたよ!!!

先生が求める位置は、かなり「奥」!
これはやっぱ、相手が先生だから、この位置なんですよね。

そうね、
ただ、女性が男性に合わせるのと同じように、男性も女性に合わせる部分もあるから、
Uさんと、この最初のコンタクトで、その位置を探してみるといいですね。
お互いがそれを保とうとしていくようにね。


Uちゃんの名前が出たところで、
この間、二人で悩んだ、ファーラウェイリバースの4歩目について質問。

M:ああ、ここは男性はこうですね!
R:男性、後退じゃないんだ!
M:後退にしちゃうと女性を振り回しちゃうかな。女性は、ここで内側の軸になるから、
 頭を回して、男性の回転を促すようにしないとね。
 ああ、そうです! 今のだと、無理がなくて引き込まれる感じになる!

男女を代わって、体験させていただく!
なるほど! いいぞ、わかったぞ! 早くUちゃんと踊りたい!!!

と思った帰り道、今晩は7時にO塚でいいですか?
とUちゃんからメール。
もう、心に花火が上がったよ! わ~い!って飛んで行きました!

まずは、この4歩目を確認!
何度もやってみて、「わかった!」とUちゃん。
ふふふ、まだまだ、まだまだだけどね、だいぶ、スムースになりました!

最後、ルンバとチャチャの曲で、どちらもスロー。
これもかなりいい練習になったな。
ゆっくりのタイミングでスローを踊るのは、すっごいスパルタレッスン。

U:そ~お?

って、涼しい顔、してたけど、
それは、しっかり足を使っていないか、
または、すっごくちゃんと使っていて、その程度じゃ疲れないか、
ふふふ、どちらなんでしょうね。

でも、そうやって、どんな曲でも、押して歩いてみるだけでもいいって、
おとといアカデミーで言ったことを、実践しようとしてくれてるのかなって、思った。
いつでも、Uちゃんっていう人は、迎合してくる感じがまったくないから、なんか機嫌を損ねたかなってこっちが気にしちゃうときもあるけど、
ちゃんと聞いていてくれて、ちゃんと覚えていてくれて、ちゃんとやろうとしてくれてるんだよね。
うん、ほんとに、信じるに足る人だね・・・。


チャチャで、ルンバで、一瞬のUちゃんのタイミングを、待ち損ねたことが何回かあったな。
やっぱラテンは、Uちゃんと踊る度にMちゃんと比べられている気がして
まだ緊張する。

でも、ちょっと心境の変化が出てきたかな。
だったら、まず、それは全部、吸収しようって思った。
Mちゃんとやってることなのかな?って思うと、以前はやだったけど、
だったらそれを知りたい!って思った。
私もできるようになる!

うん、スタンダートと同じように、ラテンも、もっと自分自身ができるようになればいいんだよね。
どこかで、ラテンはラテンで習おうと思いながら、なかなか一歩が踏み出せないけど、
会社のそばでラテンを習うという、もう数ヶ月前に考えたことを、
Uちゃんと会えない日に、本気で実現させようかなって思う。

森安先生はラテンだってB級なんだから、もちろん森安先生に習ったっていいんだけどね。
以前は、せっかく森安先生のレッスンを受けるのにラテンを習うのはもたいないような気もしたりしてたんだけど、
今は、そうは思わないんだけど・・・、でもなんか、森安先生にラテンを習うのは照れくさいような気がするんだよね。あはは。

そうだな~、でも、やっぱ、森安先生に習ってみてから決めようかな。
どうせ同じレッスン代を使うなら、森安先生に払うほうがいいような気もするし・・・。

うん、とりあえず、これは、近々検討しましょ!!!


とにもかくにも、いいレッスン、いい練習!
そんな環境がある私は幸せ者だね!
うん! 頑張るぞ! FORZA! わたし! (^-^*))。。。
[PR]
by ririe_ex | 2011-02-05 11:33 | 踊り関連 | Comments(0)

Uちゃんと踊りたくなったレッスン!

今日、森安先生のレッスン、
ポイントは、「首を持っていてください」かな^^
先生の首の付け根を両手で囲んで、そこに男性の軸を感じたまま、伸びる、動く練習。

「お尻がめくれるとまっすぐ押せなくなるみたいですね」

なるほど!
ラテンのやりすぎかな。

「まずはまっすぐ平行移動、そのあとにローテーション」

うん、先に行っちゃダメ。
男性を誘導するように、でも男性を待って。
それが難しいんだよね。


「二人で作るモノだから」
「どちらかがそこからいなくなっちゃうと上手く行かない」


つねに、レッスンの一つ一つが、Uちゃんを意識しているみたいな森安先生。
ありがとうございます。


Uちゃんの予定となかなか合わせられなくて、今年は試練の年になるかもしれない。
でも、Uちゃんと踊って行きたい。
Uちゃんと踊りながら生きていくっていうことを考えたとき、
久しぶりに、年単位で、目標を考えることができるようになった。

今は、とにかく、二人のダンスを探して、
一つずつ、出来るフィガーを増やして、
動画からコピーできないことは、先生に確認しながら、
二人の気持ちいいダンスを、もっともっと気持ちよく、心のままに踊れるようになりたい。


何年か経ったとき、二人ともが、二人で踊ってきてよかったと思えるように、
ひとつひとつ、積み重ねていきたい。


なかなか踊れなくて苦しいけど、まず今年1年は、踏ん張る!
来年に、次のステージが来るように、今年1年、内に向けて、物事を構築していく!


その間に身体も作ろう!
Uちゃんと踊れないときは泳ごう!
えへへ、前にも書いてるけど、まだ実行してない。
踊れないってわかったら、しゅん・・・って帰って来ちゃってた。

でも、やろう!
やらないと、次に進めない!
Uちゃんとの次のステージに、進めなくなる!
来年に向けて、今年1年、どんなに踊れなくても、Uちゃんと踊って行く!


ふふふ、こんな思いになったのは十数年ぶりだなあ。
次の舞台、次の舞台って追われて、
どこまで身体を保てれば、どれだけ、その舞台に貢献できるかとか
そういうスパンでしか考えられなくなってたけど、

Uちゃんは、すごい。
爪の垢を煎じて飲んで、少し、落ち着いて、踊って行こうと思うようになった。


がんばるもん!
[PR]
by ririe_ex | 2011-01-25 19:27 | 踊り関連 | Comments(0)

充実のレッスン!

今日は横浜オトモンでレッスンでした。

最近のパターンは、
私のプライベートレッスン30分、Uちゃんとのペアレッスン30分。
今日もそれでした。

Uちゃんの活動スペースから横浜はかなり遠いんだけど、
週に一度だけの休みを使ってつきあってくれることにはホントに感謝してます。


プライベートレッスンはスローとワルツ。

まずブルースから・・・と始めて、途中から、スローになっていく。
これ、私の好きなパターン。
行けるな!と、先生が思ってくれたときからスローになるんだけど、
私とUちゃんは、よくこのパターンを使っていて、すごくタメになる。

私がレッスンを受けているときは凝視しているUちゃん。
なにか感じてくれたかな。 (^-^*))。。。

レッスンのポイントは・・・
そうだな~、最近、少し、私も成長したのか、概ねOKで、ここは!っていうレッスンなので、なかなか書きにくいんだけど、

ファーラウェイポジションで歩くときの、
男性の右手に負担をかけるぎりぎり手前の感じで歩く感覚と、

ヒールターンとか、ターン系のもので、左に残した頭の重さを利用する感覚、

リバースターン、またはスローアウェイオーバースウェイとかレフトホイスクとか
リバースターンと同じ感覚で入るときの、左足の上に乗りきって、
そこに置いたまま、右の上半身が伸びていく感覚、

すべて感覚だな~。

最後のリバースターン系のときについては、
サイドリードがちょっとわかった。
前進のイメージじゃなく、左から進んで、股関節を引かずに乗り切る。
ここが、今、難しい。

以前のイメージより、一歩先を求めてくださってるかな。
もっと! もう一歩! っていう、そこが難しいな。


ペアレッスンは、
ここのところ、Uちゃんが「?」っていうことを中心に教えていただいてきたんだけど、
今日は、ちょっと踊って、先生に、ポイントを決めてもらうことにした。

ミルコ&アレッシアの、ベーシックワルツ。
中間を過ぎたあたりまで、よく練習しているアマルガメーション。

途中のムズカシイところで先生、
「あれ、ミルコのヤツじゃないですか?」って。
あはは、やっぱり、すぐわかるんだね。

で、そこのポイントを見てもらった。

大ポイントは、ランニングスピンターン!
あ~、以前に先生が作ったアマルガメーション、ワルツの3周目くらいに入ってた!
って、私、初めて気づいた。

ただのスピンターンから入ろうとしているから、タイミングがずれてたんだ。
123とじゃなく、1と23とで入ると、結構、上手くイケル。

「あと、そこはトウですね」とか、
「こっちに引っ張ってから行くと女性を巻き込めます」とか、

ふふふ、先生もUちゃんも、人見知りタイプなので、
これまで、二人とも、私に対して話をするような感じがあったんだけど、
二人とも、慣れてきたかな。
今日は、直接、結構、いい感じで、やりとりができていて、いいレッスンでした。


Uちゃんが、「とにかくきれいに踊りたいんです」って毎回言うので、
今日は先生もその気になってくださったみたいで、
うん、よかったです。


明日、明後日、踊れないけど、
Uちゃん! そして私も! 今日の感覚を再現できるといいね!


いいレッスンでした!
嬉しかった!v(*^^*)
[PR]
by ririe_ex | 2010-12-22 00:56 | 踊り関連 | Comments(2)

初めての「練習場でのレッスン」、大満足!

横浜のオトモンで、プライベートレッスンを受けて来ました。
練習場でのレッスンって初めてだったけど、気に入りました。゜。(*^▽^*)ゞ


オトモンは、
アカデミーの柱をなくしたくらいの広さ
って、先生はおっしゃってましたけど、もう少し広いかな。

それにビルの9階で、明るい雰囲気で気持ちいい。
平日の昼間だったからかもしれないですけど、空いていて、広々と踊れて、
いや、でもカップル、数組はいたんだけど、
踊りやすかったです。


レッスンは、
アバラをしまいながら伸びながら男性と背骨を引っ張り合いながら肩を緩めながら男性の掌にテンションを掛けつづける
ことの繰り返しで、すごくよかったです。

しかも最後のほうでクイックがかかったら、
いきなり先生、クイック、踊ってくれた!

あは〜
いいな、練習場でのレッスン。
気に入りました!v(*^-^*)ゞ^;*・'゜


Uちゃんもバイクで行けるって言ってたので、そのうち…

と話したら、

あ〜、二人でくれば、ずっと練習していられますもんね

と。
うん、ホントに、Uちゃんの時間が取れたらやってみたいな。

富士よりアカデミーより、気に入りました!
v(*^-^*)ゞ^;*・'


さて、
本日、これからもうひとつ、ダンスオフ会に参加してきます。


あ〜、早く、今のレッスンの身体を、Uちゃんと試したい!(^-^*))。。。

行ってきま〜す!(*゜ー゜)v
[PR]
by ririe_ex | 2010-10-08 17:24 | 踊り関連 | Comments(3)

「オトモン」=横浜のダンス練習場

横浜にこんな練習場があるんですね。



いつもプライベートレッスンを受けている森安先生が、次回、「ここで」とおっしゃって、
初めて行ってみます。

行ったときに詳しく伺うつもりなんだけど、
先生、どうも、だいぶ遠いところのスタジオに所属することになったのかな。
以前は「小田原のほう」なんていう話も聞いたことがありました。

練習場でレッスンを受けるって、初体験。

それにしても、横浜になっちゃったら、Uちゃんと行くのは無理かな~
って思ったら、今日、

>国道1号線じゃん、バイクでも行けるよ!

って力強いお言葉!
(:;)ありがと!



あ、そうそう、ここ、
スタンダードは、

ワルツ・タンゴ・スロー・クイックが3曲ずつにヴィニーズが1曲

なんだそうです。
今まで行ったことのある練習場は、どこも、2曲ずつだったから、ほお~って思ったけど、
なにより、ラテン!

チャチャ・サンバ・ルンバにパソが3曲ずつ+ジャイブ1曲なんだって!
パソ3曲かかっちゃうんだ!って、ちょっとびっくり。


さて、どんな練習場なのかな。
楽しみです!
[PR]
by ririe_ex | 2010-10-07 01:21 | 踊り関連 | Comments(2)

Uさんと、初めてのペアレッスン♪

ペアレッスンっていうほどのものでもないけど、
Uさんと一緒に、私の先生のプライベートレッスンを受けてみた。

撮ってきた録画を、今、ずっと見てたら、こんな時間になっちゃった。


いいレッスンでした。


先生は、「ririeさんはこうなりやすいから!」と私の注意をしてくれつつ
「ここは女性の左足の方向を変えるつもりで!」とか、
「女性の足がそろったのを感じてから」とか、
「女性が回って、男性が回って、そして女性が回る感じ」とか、

Uさんには、「目からウロコ」がいっぱいあったみたいで、よかったです。


以前、Uさんが、二人の練習を撮った録画を見て、
「ririeちゃんは膝を傷めそうな足づかいをする」って言ってたことがあったんだけど、

今日、先生が、
「もっと下から動かないと!」
「ririeさんは、どうしてもツンツンしちゃうところがあるから!」
と私に注意しているのを聞いて、

>そういうことなんだよ!
>上からついて膝を曲げるから膝に負担がかかるんだよ。
>下からつかえば、同じように膝を曲げていてもそんなに負担にならないんだよ!

って。
あはは、一緒にレッスンを受けると、Uさんにもいろいろわかってもらえるね。


これから、ずっと、私の先生のレッスンを受けるわけじゃあないだろうけど、
やっぱり、一緒にレッスンを受ける機会を、なんらか、これからも持ちたいなと
あらためて思いました。


さ!
来週はなんとしても、自分のレッスンをしてもらおう!
やっぱ、先生、サイコー。゚。(*^▽^*)ゞ
[PR]
by ririe_ex | 2010-07-14 02:38 | 踊り関連 | Comments(2)

【レッスン覚え書き2010-0413】チェイス~の動き、習った^^

この日は、いつもどおりブルースから、スロー、ワルツ、タンゴと、ひと踊りしてみて、

いつもはそのあと、スローかワルツに戻って、ほとんどの時間を、そっちに使うところ、

タンゴで、急に先生が、
「少しはベーシックなこともやっとかないとね~」と、
よく踊ってくださるEさんがよく使う、チェイス~セイムフットランジの流れに入って、
そこ、初めてちゃんと習いました!v(*^-^*)ゞ^;*・'゚


チェイスの後、後退前進後退前進って歩くのかと思ってたけど、正しくは違った!
シャッセのあと、後退~そろえる~ボールターン、前進~そろえる~ボールターン、
ちゃんと足をそろえて回っているんでした。
あはは、知らなかった。

そこから、Eさんがよく使う流れは、
プロムナードリンク~アウトサイドスイブル~コントラチェック
だけど、

レッスンでは、
セイムフットランジ~キック~セイムフット~ターニング5ステップ
でした。


★チェイス~セイムフットランジの間、どんどん女性が進んで行く感じ。

男性の腕のほうに、ずっと引っ張って、女性が進んで行かないとポジションが狂っちゃう。

★セイムフットポジション

初知り(^^ゞ
女性の左腰が男性の右足の内側に沿ってる感じの位置。
「ちょっとまだ遠慮があるんだと思うんだけど、そこにしっかりはまってほしい」と。
なるほど、たしかにちょっと遠慮しちゃう場所だけど、やってみる。
そこに入らないと、男性のタイミングが聞けないみたいだ。

★男性のスウェイチェンジのタイミングの聞き方。

セイムフットランジのときは、女性の右足に乗せるようにしている。
そこからキックの前は、女性の左足に乗せようとする。
それを感じてスウェイチェンジ~キック。
で、また女性の右足に乗せようとするから、セイムフットに戻る。

ふふふ、先生はたしかに、あきらかにそうしてるけど、
これはなかなか、ほかの男性から感じるのは難しそうだ。


とね、思ったんだけど、このあと、結構、上手な方に踊っていただく機会があって、
なるほど~って、ちょっとわかったんだ。

去年の秋ごろは、まだ、上手な女性を見ると、
初めて踊る男性と、なんであんなにいろんなことができるんだろうって不思議だったけど、
こうやって、やっぱ、男性の信号が、いろいろあるんだよね~。

ほんとに先生は、いつもそういうことを教えてくれているんだなあって、実感。


うん。
頑張ろう!
[PR]
by ririe_ex | 2010-05-21 03:23 | 踊り関連 | Comments(2)



すぐ忘れちゃうから、忘れたくないことを、書きとめておこうかと思って… (^^ゞ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
初めてブログにいらした方へ
♪ただの「ひとりごと集」ですが、ご意見、ご感想等、ぜひコメントを残していってくださいませ。(記事下のcommentという文字をクリックすると、記入欄が表示されます)。※ただし、記事に無関係のコメント等は、管理人の一存で削除させていただきます。ご容赦ください。


MilanoClick for ミラノ, イタリア Forecast


「東北関東大震災」支援クリック募金
ライフログ
ブログパーツ
Powered By イーココロ!
以前の記事
カテゴリ
タグ
検索
最新の記事
勝った!
at 2017-07-03 00:05
今年のとらや
at 2017-01-02 23:31
クリスマスケーキ2016
at 2016-12-25 23:45
トナカイの名前!
at 2016-12-24 23:28
ひび割れ壺の話
at 2016-12-22 18:45
サッカーチームを乗せた飛行機墜落
at 2016-11-29 22:20
54年ぶりですってね 11月..
at 2016-11-24 07:50
RIO五輪 体操GARA な..
at 2016-08-18 21:43
初めての 「ひとり」 ブルー..
at 2016-07-15 23:51
参議院選挙!
at 2016-07-10 10:52
最新のコメント
お気に入りブログ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧