ケヤキの梢を見上げながら

タグ:思い出 ( 114 ) タグの人気記事

ご近所の桜アルバム2016

去年の11月にここに引っ越してから今まで気づかなかったんだけど、

◇通勤途上の小学校

c0145920_1195812.jpg


桜だったんだ、ココの木。


桜の季節は、やっぱり、見上げちゃいます。
よく見ると、かなりの大木です。

c0145920_122640.jpg


c0145920_1232771.jpg



花が咲かない間は、この木の下を、上も見ずに、黙々と、駅に向かって歩いちゃってたのですねえ。まあ、もったいない。♪上を向~いて 歩かなくちゃねえ。




ってなわけで、
今年も、新たなご近所の桜を、探してみました♪



◇徒歩1分の中学校

c0145920_1591387.jpg




◇チャリで通りかかった公園

c0145920_1262686.jpg




◇チャリ数分の城北中央公園

c0145920_143485.jpg


c0145920_1363517.jpg


c0145920_138149.jpg


c0145920_1394141.jpg




◇チャリで通りかかった(たぶん)校庭 <桜の下でサッカーってのがなんかよかった>

c0145920_1405139.jpg




◇そして今年も圧巻の石神井川沿い(氷川台あたり)

c0145920_1493838.jpg


c0145920_1511411.jpg


c0145920_1522648.jpg


c0145920_1525413.jpg


c0145920_1534911.jpg




あ~、今年も癒やされた!
まさに 「春ごとの花に心をなぐさめて・・・」 (b~y西行法師) だねえ。



あれ? この下の句はなんだっけ?と調べてみたら

「六十(むそぢ)あまりの年を経にける」 だった。



あら、まあ!



私、女子大生の頃、「西行法師の花言葉」なんていう卒論を書いて、
「よくまとまったエッセイですね」なんていう、苦笑の評価を得た関係で(笑)
桜を見ると、風の「桜の道」とともに西行さんのうたが思い浮かんだりするんだけど、



そっかあ。
その「むそじ」に自分も近づいているんだと思うと感慨深いなあ・・・



ほんまに「年を経にける」やねえ ( なんで関西ちっく?(・∀・) )
[PR]
by ririe_EX | 2016-04-02 23:16 | 身の回りの出来事 | Comments(0)

銀婚式だす

気づけば25年経ってました。


c0145920_21121058.jpg

[PR]
by ririe_EX | 2016-02-02 21:10 | 思い出遺し系 | Comments(0)

忘れてたよ、PABLO CRUISE、なつかし~!

もう終わっちゃったけど、
ブルーノートから来ていたメールで PABLO CRUISE っていう名前を見て、


なんだっけ、なんだっけ、この名前知ってるって(苦笑)





なつかし~!!!
大好きだったのに、すっかり忘れてた!
当時、レコードも持ってたはずだったのになあ、いつの間になくなったんだろ。
いろいろそういうのあるんだよねえ。
なんで忘れちゃうのかねえ。

ツタヤでCD借りてこようっと!
[PR]
by ririe_EX | 2015-08-05 10:13 | 思い出遺し系 | Comments(0)

あら、私の寿命もあと9年かあ!(笑)

そう、
今日はマルディーニのお誕生日!

c0145920_23275037.jpg


イコール、母が亡くなった日だね。


会社で、日付の入った自分のネームスタンプを押して気づいたんだ。
ああ、6月26日だ!って。(苦笑)


まずは、パオロさん、お誕生日、おめでとう!
早く、ミランに、戻ってきてください!


んでもって、
母が亡くなって8年も経ったんだなあ、って、ちょっと感慨深い。


母がいなくて「寂しい」というような感情は、どんどん薄れるけど、
いろいろ、「ごめんね」っていう思いは、年々、深まる気がする。


そう言えばあの頃、「26」について書いたなあって、
あの記事を読み返して見たら、

「2026年、そこが私の寿命だったりするかなあ」

なんて、書いてる。


あら大変、もう、あと9年じゃない!(笑)


ますます、日々をめいっぱい、幸せに生きなくちゃなあって、思いましたとさ。
[PR]
by ririe_EX | 2015-06-26 23:34 | 思い出遺し系 | Comments(0)

訃報 土井たか子さん 「細川護煕さん」が思い出される

社民党元党首で女性初の衆院議長を務めた土井たか子(どい・たかこ、本名多賀子=たかこ)氏が20日、肺炎のため兵庫県内の病院で死去した。85歳。神戸市出身。自宅は非公表。葬儀・告別式は近親者で済ませ...


「おたかさん」が亡くなられた。


以下、上記リンクのニュース全文

//////////

 社民党元党首で女性初の衆院議長を務めた土井たか子(どい・たかこ、本名多賀子=たかこ)氏が20日、肺炎のため兵庫県内の病院で死去した。85歳。神戸市出身。自宅は非公表。葬儀・告別式は近親者で済ませた。社民党が28日、発表した。党は後日、お別れの会かしのぶ会を開く予定。
 同志社大大学院修了で衆院連続12回当選。旧社会党が衆院選で惨敗した1986年に石橋政嗣氏の後を継ぎ、主要政党初の女性トップとなる第10代委員長に就任し、89年参院選で「マドンナ旋風」を巻き起こして勝利した。自民党中心の与党を参院過半数割れに追い込み、「山が動いた」の名文句を残した。

/////////


「山が動いた」というのはたしかに名文句なんだろうけど、
私は、衆院議長に就任されたときの、「細川護煕さん」っていう、「さん付け」の指名が忘れられないな。


調べたら1993年のことでした。


あの頃、「新党さきがけ」ができて、
武村正義さんが「ムーミンパパ」とか言われて、
非自民・非共産っていう、なんでもかんでもごちゃまぜな感じの「細川内閣」ができて、
そうそう、枝野さんも新党さきがけだったよねえ。


初めての女性衆院議長を務められたおたかさんの、
「細川護煕さん」っていうよびかけは、忘れられないなあ。


Rest in peace・・・
ご冥福をお祈り申し上げます。
[PR]
by ririe_EX | 2014-09-28 23:08 | 時事ネタ系 | Comments(0)

「まず、総理から前線へ」 いままたこれが新しい!

久しぶりに目にして、
いままたこれが、まさに的を射ていて、ちょっと感動しました。


c0145920_01956.jpg

「天野祐吉のあんころじい」より


これ、「広告批評」の1982年6月号ですよ。


日本の代表的な広告制作者の人たちに、「反戦広告をつくってみてください」とお願いしてできあがったなかの1点。
コピーは糸井重里さん、デザインは浅葉克己さん。


いままた、これが、新しい!
同じことの繰り返しなんだねえ。
[PR]
by ririe_EX | 2014-07-05 00:06 | 時事ネタ系 | Comments(0)

白酒って、こういうものだったか!(笑)

無性に飲んでみたくなって「白酒」を買って帰宅。


この瓶って、見覚えのある感じ。
昔からこの瓶だった? ちょっとちがったかな?


ま、とにかく、
とくとくっ・・・とツいでみる。

c0145920_375324.jpg



飲んでみる。
・・・・・こんなもんだったっけ・・・・・あはは
どろっとしたにごり酒みたいかな。



あ!
私がにごり酒を好きなルーツはここにあったか!!!


ふふふ、
子どもの頃から、私、きっと、のんべだったんだけどさ、
おひな様を飾ると、そこに一緒に飾られた白酒が飲みたくて、
母に、「ごはんを食べたらね!」と言われて
白酒のために一生懸命ごはんを食べたりしたんだ。


たしか、母は、白酒をお水で薄めて、「はい」って、くれたんだったと思う。


一応、お水で薄めてみた。
あはは、お水で薄めた白酒なんて、おいしくもなんともないね~(笑)
[PR]
by ririe_EX | 2014-03-03 22:06 | 身の回りの出来事 | Comments(0)

すすきがゴールデンに煌めいてる!

自宅最寄駅のホーム脇、いま、広々と空き地なんだけど

c0145920_1185962.jpg

そこのすすきが、
風に煽られ、お日さまに照らされて、
キラキラ、煌めいてる!.。.:*☆

c0145920_10504988.jpg



ミトンの毛みたいだ!

ミトンって、前にうちにいたゴールデンレトリーバーなんだけど
ほんとに、ゴールデンとはよく言ったものだなあって、
お日さまのしたでキラキラ輝くミトンの毛を見て、
思ったものだった!



昨日は、10月だっていうのに、
台風のあとのフェーン現象だそうで、真夏日になったところもあったとか。
今日も30度近くまで上がるらしいけど
やっぱり、空気が違うよね。
秋の空気。
煌めくすすき!
気持ちいい!


さ!
気持ち良く、お仕事、行ってきま〜す!(^O^☆♪
[PR]
by ririe_EX | 2013-10-10 11:06 | 身の回りの出来事 | Comments(0)

あれやこれやで 『想像ラジオ』 がわかってきた

少し前に、『想像ラジオ』を読んだ。

c0145920_2204567.jpg



いとうせいこうさん、好きだし、
その16年ぶりの小説だと言うし、
芥川賞候補作だったと言うし、
あの大震災の津波の話で、「誰かが書かなくちゃいけなかった」本だって言うし、


だから、
とにかに読みたいと思って、久しぶりにハードカバーの新品本を買ったのだ。


結果、
読後すぐの感想文としては、


・・・じつは、よくわからなかった。


あの津波で亡くなった人が「想像」DJとなって「想像」ラジオを流しているんだけど、
それを聞ける人は、すでに亡くなっている人か、
または、一部、生きている人にも聞けている人がいる・・・みたいな・・・

文中の描写には、そんなふうに、あの津波で亡くなった人たちがいるっていう
・・・なんとも、痛ましく、「哀悼の意を表す」とか「ご冥福をお祈りする」とか
結局、そんなことしか言えないよ・・・って思いながら、
読み終わって、わかったようなわからないような、もやもやとした気持ちだったんだ。



そんななか、中学高校時代の先生の告別式に参列した。


母校に隣接する教会で、
私もここで結婚式を挙げたので、いろいろ懐かしくもあったけど
先生の死に顔には、やっぱり泣けた。

c0145920_223364.jpg


先生とは、一昨年の秋、何十年ぶりかに同窓会でお目にかかって、
あのときすでに闘病の話をしていらした。
亡くなる前日まで新しい治療に意欲を持っていらしたそうで、

中学高校時代、「現代国語」より「古典」のほうがおもしろく
先生の「現国」の授業にはあまり身が入らなかったけど(センセイ、ゴメンナサイ^^;)
最近読んだ本とか、先生ならどんな感想をお持ちなのか、
お話してみたかったな~なんて、今さらながらに思ったりした。


で、そのときの司祭のお話のなかに

先生は亡くなってしまってもうお目にかかれないけれど、
でも、だから、いま、
「誰もが、時間の制約なく、亡くなった先生に会えてお話ができる」
っていうような言葉があって、


「あ!」って、
『想像ラジオ』につながった。


本のなかに、

「死者の声を聞くって言うことは、死者は霊界にいて、そこにいる霊魂と話すっていうことなの?」っていうような問いがあって
その回答者は、「霊界の存在を否定するわけじゃないけど」と前置きしつつ
「僕の思う死者の世界」は、「生者がいなければ成立しない」と答える。

「生きている人類が全員いなくなれば、死者もいない」
「生き残った人の思い出もまた、死者がいなければ成立しない」
「つまり生者と死者は持ちつ持たれつ」
「生きている僕は亡くなった君のことをしじゅう思いながら人生を送っていくし」
「亡くなっている君は生きている僕からの呼びかけをもとに存在して、僕を通して考える」
「そして一緒に未来を作る」

っていうクダリがあった。
なるほど、哲学的だけど、でも、司祭の言葉とココがつながって
ちょっとわかってきたような気がした。



で、さらに、
NHKの大河ドラマ、「八重の桜」で


新島襄が八重を、八重の弟の三郎が亡くなった古戦場に連れて行って、
「向き合ったほうがいい、つらくても!」
と、語る。

c0145920_2271267.jpg


「あなたが亡くなった人たちに語りかければきっとなにか答えてくれると思うんです」
「その声に耳を傾けてみてください」
「亡くなった人たちはもうどこへも行きません」
「あなたのそばにいてあなたを助けてくれます」
「あなたが幸せであるように、強くなるように」


これって、想像ラジオだよね~。



・・・今、あらためて、母に語りかけてみる。
あんなこと、こんなこと・・・、
自分の気持ち、どうしようと悩むこと・・・


あはは、ダメだ!
母は、生きているときから、私が望まない答えばかり返す人だった。
だから、母にはなにも話したくないと思ったんだ。
悩んでいても、母にだけは知られたくないとさえ、思ったんだった。

・・・でも、それが母の声なんだね。
その、「私が望まない答え」を、聞くべきなのかも知れないね。
それを聞いて、自分でまた考え、反論して、なにかを決めるべきなのかもね。


想像ラジオをしながら、生きていく。
大切な人を亡くした人には、当たり前のことなのかも知れない。


あらためて、悲惨な震災を思い起こします。
Rest in peace・・・です・・・!
[PR]
by ririe_ex | 2013-09-12 02:28 | Books | Comments(2)

あづい! 亜熱帯みたいだ!

あづい、あづい、暑すぎる〜!

c0145920_1234568.jpg


本日の東京、気温、35度だそうだ!
木影に入っても熱気がまとわりつく感じがする!


その昔、オーストラリアのロックハンプトンで
こんな感じを味わった覚えがある。
亜熱帯って、こういうことなのか、と思った!
カンガルーが木のしたでお腹出してバテてた(あとで写真、探す)

日本も亜熱帯になっちゃったんじゃないの?
ってか、気候帯が、地球全体で、ズレちゃったのかな。

あづい!
今晩が思いやられる!
エアコン、早く、来い!!!
[PR]
by ririe_EX | 2013-08-07 12:13 | 身の回りの出来事 | Comments(0)



すぐ忘れちゃうから、忘れたくないことを、書きとめておこうかと思って… (^^ゞ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
初めてブログにいらした方へ
♪ただの「ひとりごと集」ですが、ご意見、ご感想等、ぜひコメントを残していってくださいませ。(記事下のcommentという文字をクリックすると、記入欄が表示されます)。※ただし、記事に無関係のコメント等は、管理人の一存で削除させていただきます。ご容赦ください。


MilanoClick for ミラノ, イタリア Forecast


「東北関東大震災」支援クリック募金
ライフログ
ブログパーツ
Powered By イーココロ!
以前の記事
カテゴリ
タグ
検索
最新の記事
勝った!
at 2017-07-03 00:05
今年のとらや
at 2017-01-02 23:31
クリスマスケーキ2016
at 2016-12-25 23:45
トナカイの名前!
at 2016-12-24 23:28
ひび割れ壺の話
at 2016-12-22 18:45
サッカーチームを乗せた飛行機墜落
at 2016-11-29 22:20
54年ぶりですってね 11月..
at 2016-11-24 07:50
RIO五輪 体操GARA な..
at 2016-08-18 21:43
初めての 「ひとり」 ブルー..
at 2016-07-15 23:51
参議院選挙!
at 2016-07-10 10:52
最新のコメント
お気に入りブログ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧