ケヤキの梢を見上げながら

明後日のデルビー、マルディーニがトリブーナに!

一昨日の夜かな、ガゼッタにマルディーニの写真が載っていて、
なんだろなんだろと興味津々ながら、できないイタリア語を調べている時間もなく、誰か訳してくれてないかなと、うろうろしたんですが、(^^ゞ
昨日、nanaさんが記事を上げてくれました。

もう、パオロさんったら、素敵なインタビュー。
ひと言ひと言に、嬉しくなって元気が出てきて、
しょっちゅう眺めたいので、
nanaさんの訳、全文、以下に持ってこさせていただきました。

nanaさんのページには、皆さんからコメントも含め、この訳だけじゃなく読むべきコトが満載なので、nanaさんのページより先に、こちらのページをご覧になった方は、nanaさんの記事のほうをご覧になることをおすすめします。


以下、nanaさん訳


マルディーニ:「ミラン、信じよう」
「もし僕らがインテルを倒したら、スクデットを狙おう」
「チームメイトたちを応援するために、サン・シーロにいるよ」

元選手のような言葉は決して発しない。そして実際に、カンピオーネ、カピターノ、お手本であることをやめない。フォルテ・デ・マルミの風はパオロ・マルディーニの思考をそっと撫で、サン・シーロまで引きずっていく:土曜日には彼の引退後初のデルビーがある。パオロはそれを彼らと共に戦う。

—マルディーニ、カンピオナートの初日を追いましたか?
「テレビの前でファンとして楽しんだよ。マイアミですでにミランのアメリカツアーは見てたし、土曜の夜はシエナ戦を見た。それから日曜日は息子たちと一緒にSKYの番組『Diretta Gol』をずっと見てたよ」

—シエナ戦のミランは気に入りましたか?
「うん。もうベルルスコーニ杯でその成長が見て取れた。その選択が適切ではなかったツアーでハンディキャップを負った後、事態は良くなった。やる気が表に出て、初戦の勝利は決定的に重要だったね」

—チアゴ・シウバはあなたの後継者?
「彼はすごく気に入ってる:カンピオーネとしてのフィジカルとテクニックの特徴を持っている。一対一はとても強い。他のセンターバックとのコンビプレイを勉強しなくてはならないね。でもネスタとならすぐにできるだろうし、ファヴァッリとボネーラとの練習も彼に役立つよ」

—バレージ&マルディーニのようなネスタ&チアゴ・シウヴァ?
「僕とフランコはセンターバックとしてはあまり一緒にプレイしなかった。だけど僕らはすごく息が合っていた。僕らの間だけじゃなくて、サイドバックたちとも。僕らディフェンダーのグループ(タッソッティ、ビリー、フィリッポ・ガッリ)は今日では再現するのが非常に困難なオートマチズムを見いだしていた」

—土曜日の夜はデルビーをどこで見ますか?
「サン・シーロの観客席で。僕はもう半ば行く気になっていたんだけど、それからレオナルドが電話してきて誘ってくれたんだ。だからもうなんの迷いもない。僕はまぎれも無いティフォージだし、本当にミランを見るのがうれしい」

—そしてロナウジーニョを見る?
「うん。彼はフェノーメノだ。最初のパスだけを見るのではなく、2番目のパスも3番目のパスも見えている:シエナでの2度のパスのように、アクションの展開を予測することができる。動かないプレイでも違いを生み出すことは出来たかもしれない。しかし現代サッカーでは止まったプレイではもう不可能だ」

—デルビー前の2ポイントのアドバンテージは何か役に立ちますか?
「これは貴重だし、助けになるよ。僕らが残念なプレシーズンをおくった後、ミランが2ポイント引き離されたと仮定しよう。これは僕のチームメイトたちにプレッシャーになるだろ? そうじゃなくて、ミランは理想的な形でデルビーに準備することができる」

—あなたはインテル戦を56回プレイしました:デルビーにはどのように備えていましたか?
「相手の全てはわかっている。だから戦術的な観点からはとっさの判断力があるだけで、それ以上何もない。誰もが100%出し尽くし、メンタル的にうまくもっていくアプローチは簡単だ。鍵となるのは行き過ぎたプレッシャーを避けること。それにそういう意味では、結果と順位に強迫観念を抱かなくてもいいことは、まぎれもないミラン側のアドバンテージだ」

—カカとイブラヒモヴィッチがおらず、何かが変わります。
「インテルの方が大きい。彼らは最高に力がある選手たちを買ったけれど、いつも信頼してゆだねていた選手を失ったんだ。それにアドリアーノもクルスもいない。彼らはフィジカルと空中戦の強さによって、調子が悪い時期を脱して来ていた。でもエトーがいるね。彼は僕にとってここ数年、世界で最も力のあるセンターフォワードだ。ゴールを決めるし、前からのプレッシングもするからね(訳者注:マルはSportWeek紙上で、FWベスト3にマラドーナ、元祖ロナウド、エトーを選んでいる)」

—ミランも異なる道を学んでいる最中です。centravanti-faticatore(献身的センターフォワード)というアイデアはお好きですか?
「パトとロナウジーニョで十分できる。ボリエッロは有能だ:ボールをポストするし、フィジカルとテクニックがあるから、チームに息継ぎさせる」

—インテルとミランの弱点はなんでしょうか?
「インテルはモウリーニョから要求されたフレージングに慣れるのに苦労している。一方、ミランは昔から他のチームのフィジカルに苦しむ」

—デルビーでの勝利はミランのこれからを変えることができるでしょうか?
「もちろん。やる気を巻き起こすだろうし、それから5ポイントのアドバンテージは、インテルがあらかじめ持っていたテクニカルな差を埋めることができる。常に最強の者が勝つわけではない。例えばザッケローニ時代の僕らのスクデットを思い出す。デルビーは決定的なものになり得るね」

—あなたはまだ、ミランにとってチャンピオンズ・リーグ優勝は夢まぼろしだと確信していますか?
「そう。ヨーロッパには最高に強いチームがいる。カンピオナートでは違う:すばらしいスタートは物事を変えることができる」

—ユーベはインテルと等しい?
「彼らはプロジェクトにきちんと機能する選手たちを探して、最良の獲得活動をした。それにジエゴはクラスを持っていて、決定的な力がある」

—カンナヴァーロは代表出場記録を奪ったばかりです。
「そういう定めだったんだ。ファビオはそれに値する。彼は羨望に値するフィジカルコンディションを持ち、W杯を目指すのは正しい」

—『僕は出て行くべきだったんだろうか?』と考える日はありますか?
「いいや、決して:適切な時がやって来たんだ。たとえフィジカル的にとても調子が良くても」

—4人制ビーチサッカーをやりましたか?
「マイアミではアメリカ的スポーツに熱中してた:フットボール、ベースボール、バスケット、テニス」

—最近、ベルルスコーニやガッリアーニと連絡は?
「いいや、レオナルドと何人かのチームメイトと連絡をとった。それとネスタと会ったよ。彼はマイアミでのお隣さんだ」

—チェルシーにノーと言うのはどれくらい難しい事でしたか?
「あんまり。アンチェロッティの副官として、彼とチームとの間の仲介としてちょっとできるかもしれない。でも家族の引っ越しや、すぐに出発することを僕は考えなかった。でもカルロとチェルシーは応援するよ」

—バカンスは9月も続きますか?
「もし新しい任務に関して言えば、その答えはイエス:数ヶ月間は離れる必要がある。放棄しえないようなオファーは存在しないと思うし、ああいう一連のものは将来も届くと思う。そうしている間は、僕の事業を自分でフォローするよ」

—あなたの息子さんたちは引退をのみこみましたか?
「うん。理解したのはかなり偉いことだな。彼らは毎度僕に『続けられたのに』って言ってる。ビーチで会ったティフォージも繰り返してたね」

—セリエA初日の最も美しいイメージは何ですか?
「家族のイメージを選ぶ。日曜日の夜、自分の息子たちと一緒にテレビにどっぷり浸かり、考えた:『これがほんとにすばらしいサッカーだ』って」

—土曜日のサン・シーロでは何を期待しますか?
「そこに入って、チームメイトたち、マッサージ師たち、みんなに再会すれば興奮するだろうな」

—勝敗予想だけ欠けてますね…。
「ヘタなゴールは重要じゃない。でも勝つことはもちろん重要だ:もし僕らがインテルを倒したら、スクデットについて考えることができる」

(Gazzetta dello Sport 09/08/25 第2面)



はああ、いいなあやっぱ、マルの言葉。
なんか、急に、マルディーニがいないことを、再確認して、
マルのいないミランも応援できる!と、だいぶ立ち直っていた気持ちが、
すっごく寂しい気分にもなっちゃったけど、
でも、やっぱ、マルディーニの言葉には、「そうねっそうねっ」ってな気になって、
ますます今期のミランが楽しみになってきた。

とくにチアゴ・シウバとネスタのクダリとかも、ボネ、ファヴァにも言及して、
なんか、ミランのセンターバック、「層が厚いじゃないか」なんて、
変な安心感を覚えちゃったり、
あはは、「そう思いたい気持ち」のほうに解釈するわけですね、私の心が、勝手に、ふふふ。

あと、ロナウジーニョのところも、すごいですね。
フェノーメノだと褒めながら、
「動かないプレイ」を、「出来たかもしれない」が、「現代サッカーでは」「もう不可能だ」と言い切る。カピタノじゃなくなったマルディーニならではの痛快なコメントですね。

シエナ戦では、そのジーニョさん、だいぶ「現代サッカー」に対応してきたように見えました(笑)。ちょろっと見ただけですから、わかりませんけど、期待する気になってきた。

デルビーはフンテラールのデビュー戦にもなるんでしょうし、
トリブーナ見物も楽しみになったし、
もう、土曜日は、生観戦ですね! もうもう、この際、日曜日の予定なんて、
知りません!!!
  くくく~~、日曜日、つらそうだなあ。でもやっぱ、これは絶対、ライブで見ないと!


ま、そんなワケで、いっぱい、元気をもらって、勇気百倍な感じ!
マルとnanaさん、ありがとう!
by ririe_ex | 2009-08-27 07:10 | スポーツ観戦系 | Comments(0)
<< CL、ミランvsレアルは10月... 昨日のワルツ、身体が、全然ダメ... >>



すぐ忘れちゃうから、忘れたくないことを、書きとめておこうかと思って… (^^ゞ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
初めてブログにいらした方へ
♪ただの「ひとりごと集」ですが、ご意見、ご感想等、ぜひコメントを残していってくださいませ。(記事下のcommentという文字をクリックすると、記入欄が表示されます)。※ただし、記事に無関係のコメント等は、管理人の一存で削除させていただきます。ご容赦ください。


MilanoClick for ミラノ, イタリア Forecast


「東北関東大震災」支援クリック募金
ライフログ
ブログパーツ
Powered By イーココロ!
以前の記事
カテゴリ
タグ
検索
最新の記事
スーパーブルーブラッドムーン
at 2018-01-31 23:24
大雪の翌朝
at 2018-01-23 23:30
こっちに越して初めての大雪
at 2018-01-22 23:20
今年のとらや2018
at 2018-01-01 01:08
今年もメリークリスマス
at 2017-12-25 23:12
勝った!
at 2017-07-03 00:05
今年のとらや
at 2017-01-02 23:31
クリスマスケーキ2016
at 2016-12-25 23:45
トナカイの名前!
at 2016-12-24 23:28
ひび割れ壺の話
at 2016-12-22 18:45
最新のコメント
お気に入りブログ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧